2007年12月

2007年12月31日

それでは皆さん、良いお年を

先日何ヶ月かぶりに車を運転しました。
いやぁ怖かった(笑)。
最初は多少緊張していた程度で、走り出したらそこそこリラックス
しながら運転できたんですが、前の車が路駐する為に止まろうと
した時はもうパニック。交通量が結構多くて、隣の車線に移れない。
その上久しぶりの運転だから、そういう時にどの方向を目視確認
すればいいのか反応出来ずに視線が泳いでしまった。何とか事なきを
えましたが、その後冷静になってから「さっきの危なかったよなぁ」
と思い身震いしてました。

やっぱりペーパードライバーはいけませんな。
と言っても、今のところ車を買う予定は全くありませんが。


*****************************


「せっかくHDDVDプレーヤーを買ったんだから、年内にもう一本
くらいソフトを買おう」
と思い立ち、ショップを徘徊してまいり
ました。そこで気付いたんですが、ブルーレイで販売されていない
HDDVD専用の映画ソフトがどこにも売っていない
という事実。
ただでさえブルーレイに押されているHDDVD。扱うショップも
少ない上に、先行きも不安だらけだから売り切れても再入荷
しない。このままだと予約をするかネット通販するくらいしか手に
入れる方法はなくなりそうだなぁ。

『リベリオン』欲しかったのに。


*************************


今年ももうお終いです。今年の締めくくりとして、年間の観賞本数を
発表したいと思います。

今年劇場で観賞した本数は・・・・238本!!

阿呆です。自分でもやっちゃったと思います。映画を集中的に観る
ようになってから、毎年のように記録を更新してきましたがここまで
来てしまうとは予想していませんでした。200本の大台は達成
できたので、来年以降はさすがに本数を減らしていきたいと考えて
います。どうなるかわかりませんが。

 

それでは最後に年末のご挨拶を。

当ブログをごひいきにして下さっている皆さん、
一年間どうもありがとうございました。
来年もますます精進して行きたいと思いますので
応援のほどよろしくお願いします。

それでは皆様、良いお年を。



e5125aspaceodyssey at 10:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)雑記 

2007年12月30日

2007年12月のまとめ

2007年12月の観賞本数は15本。今年のワースト記録です。
目標だった年間200本を達成してしまったので最後は
尻すぼみになってしまったのかなぁ。

今月のMVPは『サーフズ・アップ』!!
CGアニメをドキュメンタリータッチで描く斬新な手法に
メロメロになってしまいました。キャラクター、ストーリー共に
ステレオタイプではあるけれど、どれも僕好みだったのが
良かったですね。

ワースト作品は『AVP2 エイリアンズVSプレデター』。
今年最後に観た作品がワーストとはなんとも後味が悪い。
明日一日あるから、観てない映画でも観に行くか。
観てないのは・・・・『恋空』か。

・・・・・やめとこう。もっと酷い事になりそうだ。



e5125aspaceodyssey at 22:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2007年12月29日

AVP2 エイリアンズVSプレデター2

3b99f371.bmp

南極で起きたエイリアンとプレデター
の闘い。プレデターの活躍によって
エイリアンの地球拡散は免れたが、
プレデターの体内には新種のエイリアン
「プレデリアン」が宿っていた。覚醒した
プレデリアンは宇宙船内のエイリアンを
皆殺しにし、宇宙船はコロラド州へと
落下。異変を察知したプレデターの
本星は新たな刺客を送り込む。


2大クリーチャー夢の対決第2段。今回は新たな新種のプレデリアン
と、エイリアンハンター「ザ・クリーナー」との決闘がメインになって
います。

まず驚いたのが映画自体がかなりチープである事。エイリアンは
タイトルに恥じる事無く大量に出てきますが、CGはほとんど
使用せず、人形や着ぐるみが用いられています。着ぐるみ好きと
しては嬉しい配慮ですが、おかげで前作のようなアグレッシブな
動きが減っています。
対するプレデターは元々着ぐるみな訳ですが、今回は1体しか
出てこない。強力なプレデターである事はわかるんですが、さすがに
多勢に無勢、序盤から苦戦しまくりであまり格好良くない。
こっちもお金を賭けて物量作戦を展開して欲しかったですね。
さらに無名キャスト揃い、やけに暗い映像、前作のような壮大な
セットがない等、とにかく全体的に安っぽい印象でした。

それと気になったのが設定やストーリーのいい加減さ。エイリアン
の抹殺に失敗したら人類の文明ごと根絶やしにしてしまうと前作で
言っていたのに、宇宙船が墜落しても得意の自爆すらせずに救援
だけ求めるプレデター。そもそも宇宙船にはあんなに屈強そうな
プレデターが揃っていたのに簡単に全滅してしまうのがおかしい。
ザ・クリーナーも、エイリアンハンターなんだから敵の異常な
繁殖力は知っているはず。にもかかわらず一人でやって来たり、
ご丁寧に襲った人間の皮を剥いだりしている。そのくせ証拠隠滅
だけはしっかりやるんだから、細かいのかいい加減なのか
わからない。
結末も(ネタバレ反転)[街を一つ消滅]しておいて「助かった!」
みたいな強引なハッピーエンドにして欲しくなかった。

2大クリーチャーの対決を再び観る事が出来たり、両シリーズの
オマージュが豊富だったりといった点は評価しますが、他の部分は
大した事なし。やっぱり新人監督にこの題材は難しかったのかな?
それとも、脚本が酷くて、新人監督くらいしか引き受けてくれなかった
のか?



2007年12月28日

僕が生まれた頃の富野

今週のお買い物。

ガンダム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『機動戦士ガンダム劇場版』メモリアルボックス
ブルーレイ『インデペンデンス・デイ』&『デイ・アフター・
トゥモロー』セット

ガンダムは専用ボックス&デジパックパッケージに加え、公開当時
のパンフレットの縮小版が3冊、インタビュー等を収録した
新規ブックレット、各種ポスターイラストを収めたイラストブックが
付いた豪華仕様。
ファンなら絶対手に入れておきたい一品です。
しかし一番驚いたのがコレ

トミノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督・富野喜幸

いやあぁぁぁぁぁ!!!
誰これ!?こんなの富野じゃない!!

パンフレットに載っていた30年前のトミノ。当時は髪の毛が
あったんだ。凄ぇ違和感。


ブルーレイのセットの方は散々探し回っても見つからず、結局
ネット通販で買ってしまった。さすがは世界興行収入14位と
41位のコンビ。
ブルーレイの入門編としてこれほどベターな
ものはない。凄いぞローランド・エメリッヒ!
まぁ決してベストではないけど。


****************************


今週の観賞予定。

『AVP2 エイリアンズVSプレデター』

のみ。

こいつを今年の締めくくりとします。最後の週末に1本というのも
寂しい限りですが、年末は立て込んでるし、去年みたいな無茶は
さすがにもうしたくないので。



e5125aspaceodyssey at 19:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0)雑記 

2007年12月27日

機動戦士ガンダム掘,瓩阿蠅△け宙編4

b3bcb36e.jpg

ジオン公国との最終決戦に向けて、
再び宇宙へと上がったホワイトベース。
ニュータイプとして覚醒しつつある
アムロとガンダムの前にはもはや
敵はいなかった。中立コロニー・
サイド6に入港したアムロはそこで
不思議な少女・ララァとの運命的な
出会いを果たす。そして遂に、
アムロは宿敵シャアと邂逅する。


劇場版機動戦士ガンダム最終章。地球連邦とジオン公国との戦い
に終止符が打たれ、アムロとシャアの対決も一応の決着が
つきます。

三部作の中では今回が一番上手くまとまっている印象がありますね。
前2作は戦闘シーンが多すぎる気がしましたが、今回は戦闘回数が
抑えられた代わりに大規模戦闘が増えています。ソロモンと
ア・バオア・クーの戦いは大興奮しながら見ていましたよ。

さらに今回は心理描写というか、人物の精神面の演出が
際立っているのも特徴。ビグザムを駆るドズルから黒い影が
現れたり、ララァと戦闘中に戯れていたりと、かなり自由な演出が
施されています。
昔から思っていたことですが、この辺りはちょっとやり過ぎじゃ
ないでしょうか?リアル路線から逸脱しすぎた感がありますね。

見所はやっぱり終盤のア・バオア・クー。特にホワイトベースが沈む
シーンは何度観ても悲しい。今までずっとその活躍を見てきて、
キャラクター達にとっては家も同然であった船が炎に包まれる様は
子供の頃から目に焼きついています。


黒澤作品が今の映画作品の根底に位置しているように、ガンダムも
現代ロボットアニメの基盤となっている。今回劇場版三部作を
あらためて観賞してその事を実感しました。



2007年12月26日

機動戦士ガンダム供^ァ戦士編4

7728c36c.jpg

地球に降下し、赤い彗星のシャアと
ザビ家の末子・ガルマを退けた
ホワイトベース。しかしガルマの
敵討ちのために、歴戦の勇士ランバ・
ラルが新型モビルスーツで追撃を
かける。一方、度重なる戦闘で
精神的に疲弊したアムロは、
ガンダムを持ってホワイトベースを
脱走する。


哀 震える哀 それは別れ唄 拾う骨も燃えつきて 
濡れる肌も土に還る
荒野を走る死神の列 黒く歪んで 真赤に燃える
哀 生命(いのち)の哀 血の色は大地に捨てて
新たな時を開くか 生き残る 哀戦士たち
荒野を走る死神の列 黒く歪んで 真赤に燃える
死にゆく男たちは 守るべき女たちに 死にゆく女たちは 
愛する男たちへ 何を賭けるのか 何を残すのか 
I pray, pray to bring near by the New Day

やっぱりこの『機動戦士ガンダム供^ァ戦士編』を語るには
この歌が不可欠ですね!この歌を聴くと、ガンダムのゲームを
引っ張り出して、水中用モビルスーツでジャブローに殴り込み
たくなりますよ(笑)。

三部作の中編となる本作は、主に登場人物たちの成長が描かれて
います。前回では卓越した戦闘センスを発揮しつつも、精神的には
まだまだ未熟だったアムロ。しかし今回新たな強敵との戦いや
仲間の死を経て、一人前の戦士へと成長していきます。アムロ
だけでなく、カイやセイラなどのサブキャラもしっかり描かれて
いましたね。

やっぱりお気に入りは熱い漢(おとこ)ランバ・ラル。彼の異名
『青い巨星』を知らずとも、「ザクとは違うのだよ、ザクとは」
という名台詞は誰もが知っているはず(前作での台詞だけど)。
好敵手であると同時にアムロの戦士としての目覚めに大きく
影響するので、前半は彼の独壇場。死に様も実に格好良いです。
最近のガンダムにはこういう熱いオヤジが足りないんだよ!



2007年12月25日

機動戦士ガンダム4

eace9426.jpg

人類が増えすぎた人口を宇宙に移民
させるようになって半世紀。宇宙世紀
0079、地球から最も遠い宇宙都市
サイド3はジオン公国を名乗り、地球
連邦政府に対して独立戦争を挑んで
きた。戦争が膠着状態になって8ヶ月。
サイド7の少年アムロは、戦火の中で
地球連邦のモビルスーツ・ガンダムと
運命の出会いを果たす。


もはや伝説と言っても過言ではないアニメーション『機動戦士
ガンダム』
。その劇場版3部作がDVDBOXで発売されました。
しかもこれまでのバージョンは音声が再収録された5.1chのみ
でしたが、今回初めてオリジナルの音声が収録されています。

改めてこの物語を観ると、ガンダムという作品の底の深さを痛感
しますね。製作されてもうすぐ30年が経過するというのに、今でも
新鮮な気持ちで観る事が出来ます。SF世界でこれほどリアルな
戦争描写に成功しているのにとにかく感心。世界的に見ても、
宇宙での戦争をここまで繊細に描ききった映像作品は
ガンダムが初めてなのではないでしょうか。

とはいえ、そんな事はガンダムファンにとっては至極当たり前の事。
これまで幾度と無くゲームなどで物語を追体験してきたので、
ストーリーよりも個々の演出なんかに目が行ってしまいます。それ
以上に、名シーン、名台詞が出てきただけで興奮してしまって
まともに映画を観られない(笑)。
「連邦のモビルスーツは化け物か!?」
「オヤジにもぶたれた事ないのに!」
「シャア!謀ったなシャア!!」

などと、名台詞を一緒に叫んでましたよ。

個人的には小難しい事を一切排除して超娯楽エンターテイメントに
仕上げた『機動武闘伝Gガンダム』や、牧歌的な雰囲気の中に
リアルな戦争描写を盛り込んだ『∀ガンダム』の方が好きなんです
が、元祖ガンダムもやっぱり良いですね。最近のガンダムしか
知らなくて、美少年キャラクターばかり見ている若い女の子達に
言ってやりたいです。
「キャラクターや絵の綺麗さの違いが、面白さの決定的差でない
事を、教えてやる」
(違)



2007年12月24日

ナショナルトレジャー リンカーン暗殺者の日記3

55166cb4.bmp

トレジャーハンター、ベン・ゲイツ。
彼の祖先はリンカーン暗殺者の財宝
入手を阻止した英雄とされていた。
しかし、新たに発見された暗殺者の
日記から、彼が事件の首謀者だった
という疑惑が浮かび上がる。祖先の
名誉を取り戻すため、ベンは日記の
暗号に記された黄金都市の探索を
開始する。


ニコラス・ケイジ主演のアドベンチャーシリーズ第2段。続編嫌いの
ニコラス初のシリーズ物という事で話題を呼んでいますが、今まで
続編が作れる映画が無かっただけなんじゃないの?
たぶん
『ゴーストライダー2』は喜んでやると思うぞ。

ニコラス・ケイジをはじめ、多くのスタッフが前作に引き続き参加して
います。製作のジェリー・ブラッカイマー、監督のジョン・
タートルトーブはもちろん、共演のダイアン・クルーガー、
ジャスティン・バーサ、ハーヴェイ・カイテル、ジョン・ボイド等も復帰
しています。でもちょっと待て。どうしてショーン・ビーンが
いないんだ!?
ショーン・ビーンを出せよ!前作で
捕まってても関係ねぇ!死んでなければいくらでも出しようは
あるだろう!(無理)

本シリーズの見所といえば、宝を探しながらアメリカの観光名所を
回るところ。そういえば昔、とんねるずの番組で同じような企画が
あったなぁ。今回はまず海外へ飛び出しパリの自由の女神、その後
ロンドンのバッキンガム宮殿へ向かった後、アメリカへ戻って
ホワイトハウス、議会図書館、サシュモア山の大彫刻という具合で
飛び回る。この映画のツアーを企画したら結構儲かるんじゃないか?
だけどいろんな所を飛び回るせいで、一箇所あたりの時間がちょっと
短い。そして見せ場となるはずの謎解きがアッサリ終わってしまう。
ここはちょっと問題ですね。本当に、宝探しというよりも観光に
見えてしまいますよ。

話もツッコミ所が一杯。ウィルキンソンはどうしてあんな回りくどい
方法でベンを誘い出したのか?日記に書かれた先祖の名前は結局
なんだったのか?47ページには何が書いてあったのか?
そしてエリア51の正体は!?これが一番気になってたりして(笑)。



2007年12月23日

ルイスと未来泥棒2

790a8c85.bmp

孤児院に捨てられていた少年ルイスは、
発明好きの性格のせいで一向に養子に
もらえずに悩んでいた。ある日、
ルイスは発明フェアの開場で不思議な
少年ウィルバーと出会う。「山高帽の
男に気をつけろ」というウィルバーに
構わず発明を披露するルイスだったが
発明品は失敗。落ち込むルイスを観た
ウィルバーはとんでもない行動に出る。


ディズニーが送るフルCGアニメーション映画。ちなみに製作は
ピクサーではないので過度の期待は禁物。
この映画、『ベオウルフ 呪われし勇者』と同じく全国のワーナー
マイカルで3D版を上映していますが、さすがに今回は岐阜までは
行きませんでした。ピクサー作品だったら喜んで行ったでしょうけど。

現代から未来へ飛んだルイスの冒険を描いた本作。未来世界は
これでもかと言うくらい明るく描写された理想世界。シャボン玉の
移動装置や草むらのトランポリンなど、子供が喜びそうなギミックが
一杯。ただ理想的過ぎて実に薄っぺらく感じるのも事実で、
大人には少し退屈ですね。

それと致命的なのがオチが速攻で読めてしまう事。結末について
意地悪く考えれば、だれもが想像のつきそうな展開が待っています。
僕の場合はそんな事考えないで観てたんですが、とあるシーンで
敵である未来泥棒の正体が解かってしまい、そこから芋ズル式に
未来泥棒の目的もウィルバーの正体も未来世界の事も何もかも
解かってしまいました。あとはもうその事を確認するだけ。黒幕に
ついても何のヒネリもなかったですしね。

アクションシーンについては概ね満足でした。少ないながらも迫力が
ありましたからね。特に終盤の戦いは3Dで観てみたかったですね。
もって3D映画が普及して、近所でも見られるようになったら
いいんですが。



2007年12月22日

スマイル 聖夜の奇跡4

0e834d5d.bmp

タップダンサーの夢を諦め、意中の
女性と結婚するために東京から北海道
にやって来た修平。しかし彼女の父親
の出した結婚の条件は、弱小アイス
ホッケーチーム・スマイラーズの監督に
就任し、スマイラーズを勝たせるという
事だった。スケートも滑れない修平は
気合と根性でなんとかチームを勝利に
導こうと奮闘する。


陣内孝則が監督を務めた青春ムービー。登場するホッケーチーム
の少年達は全員現役ジュニアホッケーチームの選手
なんだとか。
確かに試合のシーンは見応えあったけど、演技力もそう悪くない
ですね。ちょっとビックリしました。

この映画、最初の内は不安ばかり出てきたんですよね。話は
スポーツ、青春、難病等の在り来たりな要素を詰め込んだステレオ
タイプ。ステレオタイプの作品は嫌いじゃない(むしろ好き)なん
ですが、演出がいちいち大袈裟で鼻に付く。脚本の段階で結構
笑える内容になっているのに、過度な演出のせいで逆に笑えなく
なってしまっています(ちなみに脚本も陣内孝則)。

でも、話が進むに連れて過度な演出がだんだん抑えられ、実に
バランスが良くなって来ます。後半からは面白さが格段に上がり
ますね。終盤でまた演出過度なシーンが出てきますが、
クライマックスなんだからあれくらいやってくれた方が盛り上がり
ますよ。

映画の結末は(ネタバレ反転)[奇跡は一つだけ]という考えさせ
られるもの。これもまたいい具合にツボでした。あんまり期待して
なかったけど意外に楽しめる作品でしたね。



2007年12月21日

売り切れ

今週のお買い物

『機動戦士ガンダム劇場版』メモリアルボックス
ブルーレイ『インデペンデンス・デイ』
『デイ・アフター・
トゥモロー』
セット

と書こうとしたんですが、どっちも近所の家電屋で売り切れてて
買えなかった(泣)。
仕方が無いから明日名古屋駅で買います。

ガンダム、売り切れてないといいなぁ。


**************************


今週の観賞予定。

『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』
『ルイスと未来泥棒』

先週観損ねた

『スマイル 聖夜の奇跡』

今年の年末は本当に寂しいなぁ。去年なんか年間200本達成の
ために12月だけで29本観たというのに。今月は現時点でまだ
10本。今月20本は難しいだろうなぁ。



e5125aspaceodyssey at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月20日

椿三十郎4

2da8dd71.jpg

とある藩で、9人の若侍たちが上級
役者の汚職を暴くために行動を
起こすが、逆に罠にはまり窮地に
陥る。偶然その場に居合わせた浪人
椿三十郎の機転によって窮地を
免れた若侍たち。暴走気味の彼らを
見かねた三十郎は、彼らと協力して
悪人の不正を暴くために立ち上がる
ことを決意する。


映画を何本も観るようになってもうすぐ10年。いろんな映画を
観てきましたが、実はほとんど手を付けていない映画カテゴリーが
存在します。
いわゆる「古典」と言われる代物です。
例えば50年前の映画を観たい場合、ビデオをレンタルするしかない
訳ですが、「映画は映画館で観るもの」というこだわりを持つ僕は
あまりレンタルを利用しない。さらにDVDの普及でレンタル店の
ビデオ在庫が極端に減少してしまった。そのせいで古典を観る
機会がますます減ってしまったんですよね。

そんな訳で、僕は黒澤作品って実は『七人の侍』しか観たことが
ないんですよ。
オリジナルの『椿三十郎』も知らない。だから
オリジナルの脚本をそのまま使用したという本作も、他の方の感想
みたいに比較する事は出来ませんが、その分違和感無く
観ることが出来ました。

『七人の侍』を観た時も思ったんですが、50年前のものなのに
脚本に古臭さを感じない。
さすが黒澤明というべきか。というか、
現代映画の多くが黒澤作品をベースにしているんだから当然か。
おかげで50年前の脚本を使ったなんて、言われないと気が
付かなかったでしょうね。
映画自体も軽快で面白い。チャンバラ時代劇かと思ってたんですが、
あくまで娯楽に徹した作品でしたね。チャンバラシーンは最低限しか
用意されていませんが、その分は展開の面白さでカバーして
いました。

これはもう本当に、近いうちに黒澤作品をしっかり観ないとなぁ。
とりあえず、樋口真嗣版『隠し砦の三悪人』までには代表作を
チェックするぞ!



2007年12月19日

XBOX・電話サポートの無知

先日購入したHDDVD版『トランスフォーマー』と、XBOX360
用HDDVDプレーヤー。実は観る前にちょっとしたトラブルが
ありました。

XBOX360は、システム向上のためにインターネットで定期的に
アップデートを行っています。そしてHDDVDプレーヤーも
過去に何度かアップデートを行っていて、製品箱にも「アップデート
して使用して下さい」と書いてあります。アップデートはインター
ネットに接続するだけで自動で行われます。
プレーヤーの説明
にもそう書いてありました。
なのでプレーヤーと本体を繋げて早速アップデートを実施。
で、いざ再生してみたら、何故か所々で字幕が消える。さらに
早送りや巻き戻しを行うとそのまま止まってしまって一切動作
しなくなる。
という事態に遭遇したんですよ!

疑問に思ってサポートセンターに電話したんですが、向こうも原因が
解からない様子。向こうが混乱してこっちを待たせている間、独自に
ネットでいろいろ調べていたら、アップデートのバージョンを
確認する方法を発見(決してサポートの人が教えてくれた訳では
ない)。確認してみたら、何故かアップデートがされていない事が
発覚しました。どうやらさっきは本体のアップデートのみを行った
ようです。
その事をサポートの人に話し、アップデートの方法を確認してみたら、
ネットに接続するだけでいいと言う。再更新の方法を聞くと、
それは出来ませんと言う。どうすりゃいいんだ?と聞くとまた
待たされる。で、10分待っても返事が返ってこないので、また独自に
調べていたら、驚愕の事実が発覚しました。
プレーヤーのアップデートはネットに接続した上でHDDVDを
再生しないと行われない!
なんだそりゃあ!?そんな事説明書に書いてなかったし、サポートの
人も一言も言わなかったぞ!そんな事一切知らなかったから、
最初のアップデートが終わった時点でネットの接続を切ってたよ!
つまり、XBOX360用HDDVDプレーヤーを購入した人は
以下の手順を踏まなければいけません。

1.XBOX360本体とHDDVDプレーヤーを繋げる。
2.電源を入れた後、インターネットに接続する。
3.HDDVDを再生する。
4.出てくるメッセージに従ってアップデートを行う。

解かってしまえばそんなに手間ではありませんが、付属の説明書に
「ネットに繋げば勝手に更新」なんて嘘を書くなよ!
サポートの人もなんでアップデートの仕方を知らないんだよ!?
だいたいこの方法はXBOXの公式HPに書いてあったんだぞ!

マイクロソフトは今すぐサポート要員を再教育しろ!!



e5125aspaceodyssey at 22:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2007年12月18日

次世代へトランスフォーム

今日は有給を取りました。

まずは朝から部屋を簡単に片付け(年内に本格的に片付けないと
なぁ)、9時前に家を出て近所のコメダ珈琲へ。もはや休日の日課と
なってしまったモーニングに舌鼓。普段の休日ならこのまま
映画館へ向かうんですが、今日はそこから開店直後のビック
カメラへ突入。お目当ては・・・・

トランスフォーマー

 

 

 

 

 

 

 

 


HDDVDの『トランスフォーマー』!!

さらにプレーヤーを持っていなかったので、XBOX360用
HDDVDプレーヤーも合わせて購入しました!!!
出費は合計で25000円!HDDVDプレーヤー、結局値下げ
しなかったよ(泣)。
ちなみにチミっこいのは初回特典のオプティマス・プライム
ミニフィギュア。

というわけでさっそくプレーヤーをXBOX360と合体!!

合体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーむ、実に収まりが悪い(笑)。そもそもトレイが2つもあるって
凄い違和感だぞ。さらに僕のXBOXは初回生産分なのでHDMI
端子(現状最も綺麗な映像が楽しめるケーブル端子)が装備されて
いない。映像端子をプレーヤー側につけることは出来なかったの
かなぁ?

とはいえ、HDMIの次に綺麗なコンポーネント端子は付いてるし、
プロジェクターはデジタル出力のDLP。次世代ディスクを楽しむのに
支障はありません。『トランスフォーマー』も綺麗綺麗。劇場では
解かり辛かったロボットアクションも、高画質のおかげで多少なり
観やすくなってますね。
HDDVDを再生できる環境のある人は
是非HDDVDで楽しみましょう(極少数の方達でしょうけど)。

オマケ。
初回特典のミニフィギュアもしっかり変形します。

AVT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世紀の対決!『エイリアンVSトランスフォーマー』!!
トランスフォーマーがこのブログのマスコットの座を奪う日も
そう遠くない!?

 

あ、それと僕と同じようにXBOX用HDDVDプレーヤーを
買った方、プレーヤーのアップデートを行わないとまともに
観られませんよ。

その辺りの話はまた後日。



e5125aspaceodyssey at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月17日

ダーウィン・アワード3

8666aebd.jpg

サンフランシスコ市警のプロファイラー
マイケルの欠点は血液恐怖症。その
せいで犯人を取り逃がした事から市警を
クビになったマイケルは、自らの趣味
であるダーウィン賞を利用して保険会社の
損失を防ごうと売り込みをかける。
そして彼はダーウィン賞にまつわる
案件を調査する旅に出る。


ダーウィン賞:最も馬鹿な死に方をした人に「馬鹿な遺伝子を
絶やしてくれた事」
への賞賛を込めて送られる実在の賞。

この賞にとり付かれたプロファイラーが巻き起こす喜劇を描いた
作品です。

馬鹿な死に方をした人達を調査し、その人に保険金を払う責任が
あるのかを調査するというのがこの映画の主なストーリー。
出てくる案件はどれも面白く、ジョセフ・ファインズ演じる主人公
マイケルの突飛な推理もなかなか笑えます(「ちょっと強引だろう」
という推理も中にはありますが)。謎に満ちた事件現場の裏に、
あんな真実が隠されていたなんて!などと、感心してしまいます。
ジョセフ・ファインズの好演も見逃せない。のですが、バスルームの
シーンはちょっとショック。『恋に落ちたシェイクスピア』
大好きになったジョセフがあんな姿になるなんて(苦笑)。

しかしこの映画、コメディとしては中途半端な印象を受けたのも
事実。
まず、PG−12が示す通り残酷描写が案外多い。人の死を
題材にしている、主人公は血液恐怖症という設定からも、血が
出るのは仕方が無いんですが、ちょっとばかり飛び散り過ぎでは
ないでしょうか?
それと、クライマックスが猟奇殺人事件というのも気に入らない。
作品の質からもそんな物騒な話にはせずに、終始ラブコメディの
路線で行ってくれた方が安心して観られたと思うんですが。



2007年12月16日

アイ・アム・レジェンド3

e1cf85eb.jpg

2009年。新型ウィルスの拡散に
よって人類は死滅した。たった一人
生き残った「地球最後の男」、
ロバート・ネビル。彼は共に生き
残った愛犬サムと共に、生存者を
待ちつつ3年の時を過ごしていた。
夜になると現れる闇に潜む者達に
怯えながら、人類救済を成し遂げよう
とする彼に希望はあるのか。


過去に2度映画化された古典SF小説『地球最後の男』の三度目の
映画化。主演のウィル・スミスが一人で頑張っています。

この映画、前半はかなり面白いんですよ。無人と化し、野生動物が
道路を闊歩し、植物がビルの壁を覆っているニューヨークの街並み
はインパクト抜群。そんな異質な世界の中で生きる主人公ネビルの
孤独も実によく描けていました。
恐怖描写もしっかりしていましたね。ビルの暗闇に足を踏み入れる
場面は、得体の知れない恐怖と緊張感がみなぎっていました。

だけど、後半に入ってからはその面白さも失速。というより話が
進むに連れてスケールがダウンしていく
感じです。ネビルの行動
半径がどんどん狭くなっていって、最終的な物語の舞台は(ネタバレ
注意)
[ネビルの家の中]。そこで繰り広げられる最後の戦いも
実に地味です。オチも気に入らなかったですね。特に[地球最後の男
が嘘っぱちだったのが気に入らない
]。

余談ですが、ネビルが『シュレック』の台詞を暗記していたシーン。
隣のお客さんが呆れて笑ってましたが、僕も同じ事出来たぞ。
今は無理だけど、中学校時代はビデオが擦り切れるまで観た
『ゴジラVSビオランテ』の台詞をほとんど暗記してたもんだ。



2007年12月15日

サーフズ・アップ5

f99f3341.jpg

南極で暮らすコディの夢は、伝説の
サーファー・ビッグZのようになる事。
ある時、サーファースカウトの一団が
南極を訪れ、コディはなんとかその
一団に滑り込む。そしてたどり着いた
サーファーの聖地で、コディは
チャンピオン・タンクと対戦するが、
経験した事のないビッグウェーブに
飲まれ敗北を喫してしまう。


ペンギンたちがサーフィンする姿を軽快に描いたフルCGアニメ。
同じペンギンアニメで今年公開された『ハッピー・フィート』
意外にもダークな話でちょっと苦手でしたが、こっちは最高に楽しめ
ました。

本作の特徴は全編をドキュメンタリータッチで演出しているという
事。主人公コディのドキュメントを撮るという形で撮影班が同行し、
彼らが撮った映像がそのままスクリーンで流れているという感じ。
ドキュメンタリータッチで描かれた劇映画は結構見かけますが、
それをフルCGでやるとは意外です。演出的にもかなり新鮮でしたね。
サーフィンのシーンではボードに仕込まれた小型カメラの映像に
切り替わるんですが、衝撃によるノイズやレンズに付いた水しぶき
まで再現しているこだわり様。
さらにドキュメンタリーを強調するためにあえて画質を粗くして
います。
ただ、何箇所かそういう設定ではありえないアングルの画が出て
くるんですよね。迫力重視のシーンではそういう視点も必要
でしょうが、ここまでやったんだからもう少しこだわって欲しかった
ですね。

話の方は夢を追いかける青年と夢に打ちのめされた男との友情を
描いています。僕、こういう話に弱いんですよね。所々でグッと
来ちゃいました。
それと登場キャラクターがどれも個性的で素敵。悪役のタンクでさえ
お茶目な一面があって愛着が湧きます。一番のお気に入りは鳥の
マイキー
ですね。あんな可愛い鳥が欲しい!

安心して楽しめる作品。ドキュメンタリー調の作風にしながらも
アニメ的な楽しさもタップリ詰め込まれている良作です。



2007年12月14日

パッケージが眩しいぜ

今週のお買い物。
 
マイコ

 

 

 

 

 

 

 

 

『舞妓Haaaan!!!』

まばゆいバッケージに派手なデジパックケースと、実にこの映画
らしいDVDになっています。そしてなぜか初回特典として
筆入れ(?)が付いてきました。
さらに再生すると、おみくじができる特製メニューが出てきます。
ちなみに僕は大凶でした(泣)。


************************


今週の鑑賞予定。

『アイ・アム・レジェンド』
『サーフズ・アップ』
『スマイル聖夜の奇跡』
『椿三十朗』
『ダーウィン・アワード』

 
今週は土曜に半日仕事で、そのあと忘年会。
はたして何本観られるか。



e5125aspaceodyssey at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月13日

フォックス 2009年の新作

最近忙しくてなかなか映画を観に行けず、ネタがなくて困ってます。
今日もネタを探してネットの海を漂流していたんですが、その中で
20世紀フォックスの再来年のラインアップに関する情報を発見
しました。

ベン・スティラー主演で大ヒットした『ナイト・ミュージアム』
続編は5月公開の模様。結構楽しみ。
ジェームス・キャメロン久々の新作『Avatar』は年末に延期した
そうです。さすがは世界で一番売れた映画を作った男。ワガママ
言いたい放題なんでしょうね。
気になるのはやはり『X−MEN』のスピンオフ『ウルヴァリン』。
『マグニートー』も早く観たいなぁ。

そして今回一番驚いたのが、フォックスアニメーションの看板タイトル
『アイス・エイジ』の最新作が発表された事!しかも流行りの
3D上映になるらしいじゃありませんか!!
素晴しい!スクラットの雄姿を三度拝めるとは!しかも今度は
飛び出すスクラット!!これは今から公開が楽しみです!!!


あれ?そういえば『ミクロの決死圏』のリメイクはどうなったんだ?



e5125aspaceodyssey at 22:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2007年12月12日

エイリアンVSプレデター3

1d71f938.jpg

南極で発生した謎の熱源。その正体は
氷の下に埋もれた謎の遺跡だった。
調査にやって来たチームは、遺跡が
古代文明のものであると突き止める
が、その遺跡は宇宙生物エイリアンを
繁殖させるための施設だった。
次々とエイリアンの餌食になる人間達。
そんな中、エイリアンを狩る為に、
宇宙ハンター・プレデターが姿を現す。


SF映画史上最凶の生命体・エイリアンと、SF映画史上最強の
ハンター・プレデターとの夢の対決。
『プレデター2』のお遊びで、宇宙船内にエイリアンの頭蓋骨が
あったのがきっかけで始まったこの企画。『ゴジラファイナル
ウォーズ』
で、カメ怪獣の玩具が暖炉に投げ込まれるシーンが
ありましたが、同じようにそこから派生して『ゴジラVSガメラ』
実現してもおかしくない!(無理無理!)

 夢の対決ではありますが、映画の出来自体は微妙。人類文明の
基礎をプレデターが築いたという設定は苦しいものがあるし、
登場人物も魅力不足。ラストのオチも見え見えです。
でも観客が観たいのは二大クリーチャーの世紀の対決なんだから
そんなのは二の次。

エイリアンとプレデターの対決は中盤以降から開始されます。
まず驚かされるのが、プレデターがいきなり劣勢に追い込まれる事。
この戦いはプレデターが仕組んだものなのに、最初の戦闘で3人
いるプレデターの内2人が戦死。しかも相手のエイリアンはたった
1匹。数で攻めるエイリアンVS少数精鋭のプレデターという構図
なのに、この展開は意外でした。バトル自体も迫力があって
面白かったですが、本格的な戦闘が少ないのが不満。人間の
介入が多過ぎるのが難点でしたね。

最新CGで暴れ回るエイリアンと、恰好良さが滲み出るプレデター。
さっきも書きましたが、二大クリーチャーの世紀の対決が観られた
だけでファンは満足でしょう。僕も十分楽しみました。でもこの題材
ならもっと上を目指せたとも思うんですよね。



2007年12月11日

次世代ディスクの明日はどっちだ?

待てども待てども、一向に値下げの情報が入ってこないXBOX360
HDDVDプレーヤー。『トランスフォーマー』発売まで1週間だと
いうのに、マイクロソフトは何をやっているんだ!?このままじゃあ
19800円払わなきゃいけないじゃないか!!

そんな中、ワーナーエンターテイメントが次世代ディスクをブルーレイ
に絞るという噂が流れています。
これが本当なら大手映画会社で
HDDVDを支持するのはユニバーサルとパラマウントだけになって
しまう。今HDDVDを買うのはかなりリスクが高い。だからこそ
なるべく安い値段で欲しいんだけどな。


今後発売される次世代ディスク作品で、欲しいものをピックアップ
してみました。
まず今月末に発売になるブルーレイの『インデペンデンス・デイ』&
『デイ・アフター・トゥモロー』
セット。大好きなエメリッヒ監督の
作品をハイビジョンで観られるだけで買う価値は十分あります。
HDDVDではもちろん『トランスフォーマー』が欲しい。というか
こいつのためにプレーヤーを買う。プレーヤーを買ったら是非
欲しいのがピージャク版の『キングコング』。発売日未定だけど
HDDVDの『マトリックス3部作』も欲しい。でも冒頭のニュースが
本当ならこのソフトはお蔵入りかな?

調べてみて驚いたのが、現状これくらいしか欲しいのもがないという
事。
そして、劣勢であるはずのHDDVDの方が今後のラインナップが
充実している事。
やっぱり世間ではプレイステーション3という
プレーヤーが普及しているだけで、次世代ディスクへの関心は
まだまだということなのかな?



e5125aspaceodyssey at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月10日

ベオウルフ 呪われし勇者4

3ff169af.jpg

西暦507年のデンマーク。
フローズガール王が治める王国に、
醜き巨人グレンデルが現れる。噂を
聞きつけ、遠方の国からやって来た
戦士・ベオウルフ。彼は見事グレンデル
を退治するが、グレンデルの母親が
復讐の刃を向ける。ベオウルフは
母親も打ち倒すべく住処へと向かうが、
そこで彼を待っていたものは・・・


行ってきましたよ!わざわざ3D版を観るためにお隣りの県・岐阜
まで!
電車で片道770円、映画自体も特別興行で2000円。
映画一本観るために3540円もはたいて来ました。いつもの倍
だな(苦笑)。

全編フルCGの本作。登場人物の造型が実にリアルで驚かされます。
初めて予告を観た時は実写かと思いましたよ。しかし、「CGが
あれば役者はいらない」と言われた10年前と違い、今は「これ
CGでやる必要があるの?」と言われる時代。3Dでやるからこその
CGであり、観られる人は多少手間でも3Dで観るべきだと思います。

話そのものはそこそこでしょう。ストーリー展開も意外性がある
とは言えず、オーソドックスな英雄譚に多少色を付けた程度にも
思えます。それと至る所でビジュアル重視という感じがしました。
序盤の裸の戦いは画的には面白かったですが、冷静に観なくても
実に滑稽でした。

さて、最大の見所である3D映像。前回観た3D映画が『超立体映画
ゾンビ3D』
だっただけに、その完成度の高さに驚かされます。
『ゾンビ3D』のような書割り感が多少あったものの、画面を飛び出す
迫力映像は実に見応えがある。
なにより赤青じゃなくしっかり色が
ついていたのが嬉しいですね(笑)。

だけど不満も少し。3Dのビジュアルは確かに迫力がありましたが、
「演出のための3D」というより「3Dのための演出」というのを
強く感じたんですよね。3D映画という前提が先にあって、それに
合わせて画を作った感じ。
だから無駄に立体的だと感じる場面が
多々ありました。
しかし最後のドラゴンとの戦いだけは別格。ここは本当に3Dの
使い方が見事で、久しぶりに映画を観ながら身体が動く感覚を味わい
ましたよ。迫力、効果共に満点。素晴しかった!
ああ、この技術を使って怪獣映画作ってくれないかなぁ。



2007年12月09日

プレデター4

31183ad6.jpg

ジャングルの奥地で政府要人が
行方不明となった。救出のため
米軍の精鋭部隊がジャングルに
潜入するが、別働隊が何者かの
手によって惨殺されていた。部隊は
ジャングルに潜んでいたゲリラを
一掃する事に成功するが、別働隊を
襲った謎の影が彼らにも迫っていた。


今月末公開になる話題作『エイリアンズVSプレデター』。おさらい
として前作『エイリアンVSプレデター』を観ておこうと
レンタル屋に行ったんですが、ふと『プレデター』って子供の頃に
TVで観たきりで、全然覚えてないなぁ」
と思い、一緒に借りて
きました。

『プレデター』って20年も前の作品だったんだなぁ。主演のシュワ
ちゃんも当時はまだムキムキだったし監督のジョン・マクティアナン
『ダイ・ハード』を撮る前。この映画『ダイ・ハード』より
古かったんだ。ちょっとビックリ。

古いとはいえ、エンターテイメントとしては全然古さを感じませんね。
爆発に次ぐ爆発、物量に物を言わせた銃撃戦、凄惨な残酷描写、
緊迫感を煽る演出など見所満載です。物語の性質上、プレデターの
登場が中盤以降になるんですが、それまでの繋ぎとしてゲリラとの
戦いをしっかり描いてくれるので飽きる事がありません。

プレデターのデザインも斬新ですね。原始的で屈強な体つきに、
近代的なデザインと異質なデザインが混じり合ったような
超兵器の数々、格好良いマスクの下に隠されたグロテスクな素顔
など面白いアイデアが一杯詰まってます。宇宙からはるばる
「狩り」にやってきたという設定も面白いです。
こうした設定のおかげで、エイリアンと対等に張り合えるキャラクター
として現代も生き続けているんでしょうね。



2007年12月08日

スリザー2

8cca3f79.jpg

アメリカの田舎道に隕石が落下した。
一人の男性がそれを偶然発見するが、
彼は隕石から現れた謎の生命体に
寄生されてしまう。生命体は男を操り
繁殖活動を開始する。それは多数が
一つの意志を持ち、他の生命体に
口から侵入し、脳を乗っ取って
勢力を拡大する恐るべき生命体
だった。


『ドーン・オブ・ザ・デッド』の脚本家の初監督作という微妙な
宣伝文句のSFホラー。『ドーン・オブ・ザ・デッド』は大好きだけど、
日本ではそんなにウケなかったような気もするんですけど。

焦げ茶色のナメクジみたいな物体が、のた打ち回りながら人間の
口を犯す。
予告を観た時は「何だこのフェ○チオエイリアンは(笑)」
なんて思ったものですが、まさかそこにストーカー属性が加わる
なんて思ってもみませんでしたよ(笑)。
異性人が地球人と恋に
落ちるというのはありがちですが、まさかナメクジ型侵略エイリアンで
それをやるとは。結構斬新な映画なのかもしれない。

とはいえ、誉められる点は極めて少ないですね。一番気に入らない
のはクリーチャーのデザイン。最初の人型クリーチャーは気力悪い
だけで目新しさはないし、中盤に登場する卵(?)は趣味が悪すぎる。
最後に登場する奴はサイズがデカくて迫力あるけど、デザインの
悪さは相変わらず。昔のバイト先の店長が「エイリアンはあの
ヌメヌメ感が良いんだよ!」と力説してましたが、そういうのが好きな
人には受け入れられるかも。少なくとも僕の趣味じゃなかったなぁ。

救いと言えば、ストーカー属性も含めて笑える要素が結構あった事。
特にクライマックスは場内が笑いに包まれてました。



2007年12月07日

岐阜へ

今週のお買い物。

レミー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レミーのおいしいレストラン』ブルーレイ

レミーの特典ブルーレイで初めてのアニメ購入。実写と違って画質の
粗が全くないので本当に美しい。特典も半分くらい観たんですが、
ブルーレイって特典も美しいんですね(当たり前か)。
しかしアニメの製作現場とフランス料理店の厨房が交互に出てくる
メイキングってはじめて見たよ(笑)。


****************************


今週の鑑賞予定。

『ダーウィン・アワード』
『スリザー』
『お茶の間トランスフォーメーション』

先週観損ねた

『ベオウルフ 呪われし勇者』
『椿三十郎』

ベオウルフは話題の3D版を観るため、はるばるお隣りの岐阜県に
行ってきます。せっかくなのでちょっとした岐阜旅行もするつもり。



e5125aspaceodyssey at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月06日

マリア3

b6058540.jpg

貧しい家庭に生まれ育った平凡な
女性・マリア。彼女は親によって
勝手に結婚相手を決められ深く
落ち込んでしまう。その時、天からの
使いが現れ、自分に救世主となる者が
身ごもる事を告げられる。しかし、
男を知らぬまま身篭ったマリアは
激しく動揺する。


キリストの母、マリアを描いた作品。キリスト教に疎い僕はこの
映画を観る気はなかったんですが(ちょっと前の勧誘もしつこ
かったし)、マリアを演じるのが『クジラの島の少女』ことケイシャ・
キャッスル=ヒューズ
だと知って俄然興味が沸き、結局観に行って
しまいました。

キリスト誕生の時代を描いた作品ですが、キリスト最後の時を
描いたメル・ギブソン監督作『パッション』みたいに全編ユダヤ語
なんて気合いの入った事はしてません。そこまでやる必要もない
とは思いますが、前例を知っているとやっぱり英語では違和感が
ありますね。

それとエンターテイメントとしては物足りない印象を受けました。
大きな山場もなく全体的に地味な感じ。まぁ波瀾万丈の人生を
歩むのはマリアではなく、生まれてくるキリストの方なんだから
仕方ないかもしれませんが。
キリストの歴史に疎い僕にはこの話がどこまで史実に忠実なのか
は分かりませんが、もっと大胆にアレンジした方が面白くなったと
思います。まぁそんな事したらどんなバッシングを受けるか
分かりませんけどね。題材が題材なだけに。

さて、お目当てのケイシャ・キャッスル=ヒューズ。史上最年少で
アカデミー賞にノミネートされ、何気に『スターウォーズ』にも出演
している彼女ですが、今回はあまり魅力を感じられず。題材が
馴染めなかったからなのか、天才子役から普通の女優になって
しまった
からなのかは分かりませんが、以前ほどの衝撃は
ありませんでしたね。
彼女が目当てで観に行ったのに残念。



2007年12月05日

頼みますよ、ゲイツさん!

2007年も残りわずか。今年の年末は出費が多くて結構ピンチ
なんですよ。中でも曲者なのが『劇場版機動戦士ガンダム
DVDBOX』
とHVDVDの『トランスフォーマー』。

劇場版ガンダムは今まで手をつけませんでしたが、今回ようやく
オリジナル音声でのリリース(これまでは再収録の音声だった)
という事で、二万円するけどこれを機に是非入手したい。

トランスフォーマーは、ソフトより前にHDDVDプレーヤーを
買わなくちゃいけない。
XBOX360対応のプレーヤーが年末商戦
に向けて値下がりすると踏んでたんですが、一向にアナウンスが
ないですねぇ。こっちも現行では二万円するので、値下げするなら
早くして!!


こんな感じで年末は立て込んでるので、楽しみにしていた
XBOX360のゲームソフト『ロスト・オデッセイ』はひとまず
保留する事にしました。『エースコンバット6』まだ終わってないし。



e5125aspaceodyssey at 21:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)雑記 

2007年12月04日

2007年11月のまとめ

11月のまとめをすっかり忘れていた(笑)。今月は稀に見る激戦
だったのに。

11月の観賞本数は18本。その中で満点を獲得したのは、
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『ボーン・アルティメイタム』
『ディスタービア』
の3本。どれも甲乙つけがたいけど、今月の
MVPは『ボーン・アルティメイタム』に決定!
他の2作に比べて欠点らしい欠点が見当たらなかったのが勝因
ですね。

ワーストも凄い事になってます(笑)。11月は最低点も3本あって
『仮面ライダー THE NEXT』『ウィッカーマン』
『ミッドナイト・イーグル』
が星一つ評価。その中でも一番
酷かったのが『仮面ライダー THE NEXT』!
今年のワースト1の大本命!今年のワーストは『ダフト・パンク・
エレクトロマ』
で決まりだと思ってたのになぁ。

逆にベストは『スパイダーマン3』『レミーのおいしいレストラン』
『トランスフォーマー』
が逃げ切りの体勢。最後にもう一作くらい
ベスト3を揺るがす作品が出てきて欲しいものです。



e5125aspaceodyssey at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2007年12月03日

ディセンバー・ボーイズ3

e4a51456.jpg

孤児院で暮らす、12月生まれの
4人の少年達ディセンバー・ボーイズ。
誕生日祝いとして、彼らはクリスマスに
海辺の家でホームステイする事になった。
新鮮な環境を謳歌する4人の前に、
バイクスタントの名人が現れる。彼が
養子を欲しがっている事を知った4人は
自分を養子に貰ってもらおうと必死に
アピールするが・・・。

ハリーポッターでお馴染みのダニエル・ラドクリフ主演作。
とはいえ、彼が演じているのはあくまで4人の主人公の中の一人。
ハリーポッター以外での単独主演はまだ先になりそうですね。

4人の孤児達の夏の思い出を描いた本作。最年少のミスティーと
最年長のマップス(彼がラドクリフ)は、心の移り変わりが繊細に
描かれてますが、残る二人、スパークとスピットは少々描写不足に
感じました。特にスパークは巨大魚ヘンリーを絡めて話を広げ
られると思うんですがね。
全体を通して描かれるのは4人の絆の強さです。誰が養子になる
のかという問題から彼らに亀裂が生じ、離れ離れになっていきます
が最後には絆を取り戻します。ただ、絆を取り戻すエピソードが少し
弱く感じました
ね。ここでもスパークとスピットの見せ場がないので
彼らにもっと前に出て欲しかったです。

さて、何だかんだで注目してしまうダニエル・ラドクリフ。本作では
煙草を吸う、酒を飲む、女の子とベッドイン、すね毛を一切処理
していない
等、ハリーポッターから意図的に遠ざかっている印象を
受けました。まぁ彼としてもハリーばかり演じたくはないでしょうし。
存在感はしっかり出していたので、今後の活躍も期待出来ますね。



2007年12月02日

ロボ☆ロック3

a883b688.jpg

依頼があればどんな仕事もこなす
便利屋マサル。今の仕事が自分に
向いていると思いながらも、どこか
煮え切らない気持ちを抱えていた。
そんな時、ニラサワと名乗る怪しい
公務員が彼に仕事を依頼する。その
内容は、どこかに眠っている巨大ロボ
ランドツェッペリンを起動して欲しいと
言うとんでもないものだった。


土星からやって来た侵略軍の脅威から地球の平和を守るため
立ち上がった我らのヒーロー「ランドツェッペリン」!!

ランドツェッペリンは50年前に開発された地球防衛用機動兵器。
身長25M、体重420t。武装は主兵装である三連装キャノンに
豪腕を打ち出すロケットパンチ。さらに飛行形態に変形する事で
飛行および大気圏突破も可能なスーパーロボットである!!

このランドツェッペリンのCGを製作したのが、『ブレイブストーリー』
で御馴染みのGONZO。今回、実写映画初参加という事(あれ?
『ガメラ3』にも名前があった気が?)ですが、これがなかなかの
出来。GONZOは日本のILMの座を狙ってるんだろうか?今回の
映像を見る限りでは結構期待できそうだな。

ランドツェッペリンの話ばかりしてもしょうがない。だって
ランドツェッペリンはこの映画の見せ場ではあるけど決して本題
ではない
ですからね。出番も15分くらいですし。
この映画で描かれるのは、夢を突っ走る事の大切さと空しさ、そして
その先に待っているものです。それにSF風味を加えている訳ですが、
これ同じ須賀大観監督の作品『ブリスター!』と全く一緒なんです
よね。僕はこの『ブリスター!』に思い入れがあって、DVDも持って
いるんですが、『ロボ☆ロック』はとにかくこの『ブリスター!』と
カブって見えた。テーマから演出、世界観まで実によく似ています。
だからなのか、ランドツェッペリン以外はこれといって新鮮味が
なかったですね。

しかしランドツェッペリンは良いなぁ(結局そこか)。デザインも
良いけど、とにかく名前が良い!僕もランドツェッペリンを
動かしてみたいなぁ。
「ウチの会社のムカツく上司を踏み潰せ!ツェッペリン!!」