2008年05月

2008年05月31日

シューテム・アップ3

563401fd.jpg

謎の男スミスは、ギャングに追われる
妊婦を助ける。しかし彼女は出産
直後に赤ん坊を残して命を落として
しまう。赤ん坊と共にギャングから
逃げたスミスは娼婦ドンナの元に逃げる
が、そこにも赤ん坊を狙うギャングの
魔の手が伸びていた。スミスは赤ん坊と
ドンナを連れてさらに逃避行を続ける。



クライヴ・オーウェン、ポール・ジアマッティ、モニカ・ベルッチ共演の
底抜けお馬鹿アクション。これだけの面子をそろえて、よくこんな
IQの低い映画を作ったもんです(誉め言葉)。
ストーリーに関しては一切言及しません。そんな事は無意味です。
この映画は馬鹿なアクションを観せる事に全精力を注いでいます。

まずアクションシーンの量が凄いですね。冒頭2分で最初の
アクションが始まり、その後も次々と奇抜なアクションが展開します。
それぞれのアクションの間が10分以上開く事がないんじゃないで
しょうか。
アクションのバリエーションも豊富。廃工場での戦いからスカイ
ダイビングしながらの銃撃戦、果てはヤリながら殺りまくるという
とんでもないシーンまであります(笑)。笑えるアクションばかり
だけど、結構本格的に魅せてくれるものもあって侮れません。

そして主人公のトレードマークとして登場するニンジン。これがかなり
面白い。ギャグのための小道具としても活きているし、なにより
ニンジンで二人も殺す(笑)。凄いぞクライヴ・オーウェン!でも
シートベルトはしようね(あのシーンは大爆笑)。

この映画、109シネマズで観たんですが、109シネマズではこの
映画の公開記念で『ブラックペッパー味ポップコーン』なるものが
販売されています。試しに買って食べてみたんですが・・・辛い!
味付けの分量間違えてるんじゃないかというくらい辛い。一口食べた
だけでコショウの辛味が鼻に来てむせてしまいました。味は良かった
んだけどなぁ。



2008年05月30日

山のあなた 徳市の恋3

c09e4906.jpg

毎年新緑の季節になると宿場町に訪れる
目の不自由な按摩・徳市。町でも評判の
按摩である徳市はある日、東京から
やって来た美人のお客・三沢に心を
奪われる。同じ馬車で東京からやって
来た男・大村とその甥の研一も、三沢
に興味を引かれていた。そんな時、
宿泊客を狙った泥棒が現れ、徳市は
三沢が犯人ではないかと疑う。


名匠・清水宏監督の作品『按摩と女』を、草なぎ剛主演でリメイク。
"心の入浴料"ということで、全国一律1000円で観賞できます。

一応時代劇ですが、どの時代の物語であるかははぐらかされていて、
劇中でも公式HPでも明確に言及されていません。印象としては
昭和初期といった感じでしょうか。
それと「按摩」ってマッサージ師という意味と盲目の人という意味の
両方があるんですね。ちょっと紛らわしかったです。

物語は淡々と進みます。話の主軸にあるのは、題名通り徳市の恋
なんですが、そこに大村と甥の研一が乱入し、東京のお客・三沢を
巡る四角関係の様相となります。とはいえやはり話自体は淡白で、
ドロドロの愛憎劇にはならないし、三人が三沢を奪い合うという展開
にもなりません。
アクセントとなるエピソードとして、宿泊客を狙った盗難騒ぎがあるん
ですが、こちらはどうにも消化不良。結構引っ張るのに犯人が
あまりに味気無い。てっきり加瀬亮演じる按摩の福市が犯人だと
思ったんですが。あいつ後半落ち着きが無かったし。

演出面でも変なところがありました。盲目であるはずの徳市の
主観映像が出てくる
んですよ。目が見えないのにいかにも見えている
ような演出だったので違和感を覚えました。ちゃんと見えない視点での
主観映像もあったのになぁ。

全体的に締まりがないという印象でしたが、1000円で観られた事を
考えるとそこそこ満足。他の映画も1000円で観られるようにして
欲しいなぁ。



2008年05月29日

スネーク最後の戦い

気が付けば、『メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・
パトリオット』
が2週間後に発売になるんですね。随分待たされた
気がするけど、こうして発売が迫ってくると「あれ、もう出るの?」
なんて思ってしまうから不思議。先日、最新のトレーラーが店頭で
流れていましたが、何で英語音声なんだ!?大塚明夫さんの声じゃ
なきゃ盛り上がらないんだけど。
あ、そういえばPS3のゲーム買うのこれが初めてだ(本体を
買ったのは去年の11月)。

そんな訳で、勘を取り戻すために『メタルギアソリッド3 
サブシスタンス』
をプレイ。いやぁ、やっぱり完成度高いな、この
ゲーム。システム、ストーリー、グラフィック、キャラクター。
どれも完璧です。『4』はこの傑作を超える事が出来るのか。


***************************


今週の観賞予定。

『ラスベガスをぶっつぶせ』
『シューテム・アップ』
『幻影師アイゼンハイム』

『ナルニア国物語』もようやく観られそうです。『僕の彼女は
サイボーグ』
はどうしようかな。なーんか嫌な予感がするんだよな。



e5125aspaceodyssey at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年05月28日

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! ファイナル・カット版4

2d04d8ee.jpg

時の列車デンライナーが、盗賊・牙王
に乗っ取られた。神の路線に入り、
全ての時間を支配しようとする牙王を
止めるために、良太郎とモモタロス達
は過去へ飛ぶ。

2007年に公開された劇場版に
削除されたシーンや新規CG等を
盛り込んだ完全版。


「降臨!満を持して!」
という訳で(どういう訳だ?)劇場版電王のディレクターズカット版の
登場です。劇場版仮面ライダーは毎年ディレクターズカット版が
出ていますが、それを観るのは今回が初めて。やっぱり電王には
特別な思い入れがありますからね。

ディレクターズカット版というと、無駄なシーンが追加されて尺が
長くなり、総じて評価が落ちるイメージがありますが、この映画の
場合は元々が69分の映画であり、追加シーンが入っても81分しか
ないので違和感は全然ありませんでした。むしろ「どのシーンが追加
されたの?」なんて思うくらいです。

改めて見返してみると、この前公開した番外編『クライマックス刑事』
とはかなり印象が異なるのが解かります。番外編は本当にお祭り
騒ぎの大乱闘で楽しさが溢れていましたが、こっちは正統派の
劇場版で映画ならではの見所が満載。もちろんそういう作品も
大歓迎ですが、電王という作品には番外編のノリの方が合ってた
かな、なんて思いました。

さて、これで電王関連の作品は全て出尽くした。なんて思っていたら、
DVDの最終巻にはラスト3話の再編集版が収録されるらしいじゃ
ないですか!
観たい!でもセル版限定でレンタルじゃ観れない!

東映さん、本気でBOX出して!TVシリーズと劇場版2種、
劇場版とTV最終3話のディレクターズカット版を収録した
ブルーレイBOXを!

あ、ついでに『イマジンあにめ』も入れて!



2008年05月27日

アフタースクール3

b28c33f4.jpg

中学校の教師・神野。借金を抱えた
私立探偵・北沢。神野の同級生で
もうすぐ子供が生まれる木村。
子供の出産の日、木村は仕事に出たきり
帰ってこなかった。そして大企業から
木村を探すように依頼を受けた北沢は
同窓生と偽って神野に接触する。そして
木村の写った写真には親しそうな女性が
一緒に写っていた。


大泉洋と佐々木蔵之介と堺雅人。個性派俳優が共演を果たした
作品。あらすじを読んでもさっぱり話が解からないと思います。
観た人は解かってくれると思うんですが、この映画あらすじが書き
辛いんですよ。一応ジャンル的にはミステリーになるのかな。

大量の伏線をばら撒きながら、ストーリーが二転三転する映画です。
だから「これはどういう意味なんだ?」とか「こいつとあいつの
関係は?」とかを考えながら観ていって、最後のドンデン返しで驚愕
するというのがこの映画の正しい楽しみ方でしょう。ただ、観賞前の
イメージとは裏腹に軽いシーンが余り無かったんですよね。コメディ
感覚なのかと思ったら別にそういう訳でもなく、シリアスドラマかと
言われればそうでもないような。作品のカラーが中途半端な印象を
受けました。もっとギャグをふんだんに盛り込んで明るい作品に
仕上げて欲しかったですね。
そういう訳で、最後のドンデン返しも個人的にはイマイチ盛り
上がれず。「そういう真相だったのか!」という感じではなくて「あぁ、
そういう真相か」という感じでした。伏線をばら撒いて、回収する
だけの2時間という印象で、どうにも味気なかったですね。

そんな中、マンションの防犯カメラの真相は面白かった。全編ああいう
ノリでやって欲しかったのに。



2008年05月26日

さよなら。いつかわかること4

a9384652.jpg

ホームストアで働くスタンレーは
イラクに出兵した妻グレイスの代りに
二人の娘の面倒を見ていた。
そんなある日、スタンリーの元に
グレイスの訃報が届く。母親が死んだ
事実を娘達に伝える事が出来ない
スタンレーは、3人でフロリダの
遊園地に旅行に行く事を提案する。


イラク戦争に参加したアメリカ軍兵士の犠牲者数は現在4000人を
超えているそうです。その中には当然、家族や子供のいる人が沢山
いただろうし、この映画のように母親が出兵したケースも少なくない
でしょう。これはそんな家族が悲しみを受け止めるまでの物語です。

映画はロードムービーの形式をとっていて、フロリダにある魔法の庭
という遊園地に行くまでに様々な出来事が起こります。予告を観た時
のイメージでは、悲しみを隠すために遊園地だけでなく他にも様々な
所に行くのだと思ったんですが、寄り道はすれども行ったのは遊園地
だけ。この映画、予告で話をほとんどバラしてるんですよね。
これから観に行く人は予告はなるべく観ないようにしましょう。

とはいえやっぱり感動してしまう。典型的な泣かせ映画で、二人の
娘が要所要所で涙を誘います。ベタな展開ではありますが、
主役三人のキャラクターは丁寧に描かれているし、変に懲りすぎない
ことで無駄なものが描写されず(この手の映画に必ず出てくる反戦
描写すらない)、映画が実にスマートになっています。登場人物も
最小限、上映時間も90分を切ってます。そんな中、留守番電話の
使い方は上手かったですね。ジョン・キューザックの静かな熱演に
泣かされました。

シンプルだけど良い映画でした。クリント・イーストウッドの提供した
楽曲も良かったですね。



2008年05月24日

ランボー 最後の戦場3

d04e7728.bmp

孤高の戦士ランボー。戦いに疲れた
彼は、タイに身を潜めて暮らしていた。
そんな彼に、アメリカの慈善団体が
軍事政権下のミャンマーへのガイドを
依頼してくる。渋々了承したランボーは
いざこざがありながらも彼らを無事に
送り届ける。だが彼らは訪問先の村で
襲撃を受け、ミャンマー軍に拉致されて
しまった。


『ランボー』シリーズ20年ぶりの新作は、ハリケーン被害などで
今注目を集めているミャンマーを舞台にした救出アクション。
60歳を過ぎたシルベスター・スタローンが監督、製作、脚本、主演で
頑張っています。

作品を重ねるごとにテーマが薄れていき、その分派手な演出が増して
いったこのシリーズですが、今回は原点回帰というか、派手な部分
よりも「軍政国家ミャンマーの実状」というテーマが前面に押し出され
ています。ちょっと前なら「こんな無茶苦茶な国無ぇよ」なんて思った
でしょうが、ハリケーン被害を受けたミャンマーの様子をニュースで
見た後だと「ちょっと大袈裟かもしれないけど、間違いでもないような」
という気がしてきますね。そういったミャンマーの悲惨な現状を描く
ために、暴力シーンをかなり盛り込んでいます。地雷を使ったゲーム
なんて本当にやっていそうで怖いです。

アクションシーンも相当血みどろ。『プライベート・ライアン』と勘違い
してるんじゃないのかと思うくらい、腕や首がポンポン飛んでいきます。
でもそういうのを抜きにして観てみると格好良いアクションが目白押し
なんですよね。傭兵部隊の動きがどれも決まってる。特に狙撃兵が
良かったですね。撃たれた敵が派手に吹っ飛んでいくのが素敵。
アクションスター・スタローン自らが監督した成果でしょうか。
しかし肝心のスタローンのアクションはちょっと残念。格闘はしないし
終盤は機関砲をぶっ放し続けるだけ。やはり歳の影響でしょうか。
でも機関砲の命中率は凄かったな。『HALO』の対戦では是非
ワートホグの後ろに乗って欲しいです(笑)。

そういえばこの映画、いろんなところで『メタルギアソリッド3』
ダブったなぁ。



2008年05月23日

あなたが花なら

今週のお買い物

続1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』豪華版

購入時、レジで特典として昔懐かしい鉛筆削りが貰えました。さらに
なにやら大きな物を袋に詰めてくれる店員さん。「何ですかソレ?」
と尋ねると、店員さんは困惑した様子で詰めた特典を取り出しました。
オイオイ何かも解からない代物を無言で詰めるなよ、なんて思って
いると、店員さんが「えーと、オリジナルギフトボックスって書いて
ありますね」
と言ってきました。30cm四方はありそうな、折り
たたまれたギフトボックス。こんなもの何に使うんだ?なんて思い
ながら店員さんと二人で苦笑いしてました。ちなみに写真はなし。
デカくて一緒に撮るのが面倒だったもので。

豪華版には様々な特典が付いています。展開!

続2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は本編ディスクに特典ディスク、小冊子、ポストカードに
ぬり絵カード、さらには24色の色鉛筆、極め付けは
ペーパークラフト製の鈴木オート!

前作の豪華版同様、実に贅沢な内容になっています。


***************************


今週の観賞予定。

『ランボー 最後の戦場』
『アフタースクール』
『山のあなた 徳市の恋』

『ナルニア国物語』まだ観てないんですよね。いつ観に行こうか。



e5125aspaceodyssey at 19:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2008年05月22日

スターシップ・トゥルーパーズ5

e8dfcf4e.jpg

民主主義が崩壊した未来世界。青年リコ
は、恋人カルメンを追いかけて軍に入隊。
だが二人は歩兵部隊と航空部隊に別れて
しまう。そんな中、昆虫型宇宙生物・
アラクニドバグズの攻撃で二人の故郷が
消滅、地球はアラクニドバグズとの全面
戦争に突入する。圧倒的な攻撃力と
物量を有するアラクニドバグズに人類は
勝利する事が出来るのか。


ロバート・A・ハインラインのSF小説『宇宙の戦士』の映画化。
この映画は本国アメリカで大変評判が悪いにも関わらずもうすぐ
3作目が公開されるという、劇中に出てくるバグズなみにしぶとい
シリーズです。しかも2作目はTV作品だったにも関わらず日本では
劇場公開され、3作目に至っては「世界最速公開!」とチラシに
書いてあります。日本にはこの映画のファンが沢山いるんですね。
ちなみに僕もその一人です。

昆虫型エイリアンが物凄い物量で人類に襲い掛かるのが本作最大
の見所。10年以上前の映画ですがCGの出来は良く、虫特有の
気持ち悪さが良く出ています。種類も豊富で個性的。メインの
ウォーリアー・バグも好きだけど、怪獣好きとしてはやっぱり巨大な
身体で人類を圧倒するタンカー・バグが一番ですね。
宇宙艦隊は極力ミニチュアを使って撮影されているように見えます。
スターウォーズ旧三部作の特撮を極限まで進化させた感じで、個人的
にはCGよりも好きです。

所々で挿入される軍隊賛美CM、「皆殺しだ!」と絶叫しながら敵地
に突入する歩兵部隊、入隊しなければ市民権を得られない(劇中の
台詞から出産も出来ないみたい)など、軍国万歳主義をこれでもかと
全面に押し出しているんですが、そこに不快感を全く感じない
んです
よね。理由はあまりに大袈裟すぎてギャグにしか見えないから。
劇中で反戦を訴えるシーンが一切ないのに、戦争の正当性を全く
感じない。こんなに高度なブラックユーモアはなかなかありませんね。



2008年05月21日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー3

212748cf.bmp

テキサス州の下院議員チャーリー・
ウィルソン。彼は秘書に美女を集めたり
朝から酒を飲んだりの駄目議員だが、
政界に独自のコネクションを持つ隠れた
一面を持っていた。彼は大富豪の愛人
ジョアンナからソ連に侵略されている
アフガンを救って欲しいと頼まれる。
乗り気でなかったチャーリーだが、現地
の惨状を見た事で援助を決意する。


同名のノンフィクション小説を映画化した物語。お気楽政治家が
アフガニスタンを救うために立ち上がるというお話です。
アフガンといえば今でこそ悪いイメージしか浮かんできませんが、
この映画の舞台である80年代のアメリカの敵はロシア=ソビエト
連邦。そのソ連が攻撃しているアフガンに援助を送る事がアメリカの
対ソ連対策だった訳です。その辺りの背景は『ランボー3』でも
描かれてましたね。でも当時の政府はあまり乗り気じゃなかった
ようで、援助金も最小限しか用意しない。そんな状況をチャーリーが
打破していくんですが、その結果アフガンの軍備は増強され、暴走の
果てにアメリカを標的にしてしまいました。
厳密にはアフガンという国がアメリカを攻撃した訳ではないけど、
そういう事情は観客全員が知っていると思います。だからアフガンに
武器を送り込むという話の流れを純粋に楽しむ事が出来ない。
チャーリーの目論見が上手く行っても、こっちは素直に喜べないん
ですよ。
でも終盤にはこの部分にも鋭く斬り込んで来ます。短い時間だった
けど「最後まで責任を取る事が大事」という事をこの映画は訴えて
いるんでしょうね。

素直に楽しめはしなかったけど、印象に残るシーンはいくつか
ありました。ガストがチャーリーの事務所を訪れるシーンはコミカルで
面白かったし、ソ連のヘリや戦闘機を次々落としていくシーンは
観終わってから思えば凄いブラックユーモアですよね。
それと秘書役のエイミー・アダムスが可愛かったです。『魔法に
かけられて』
の時よりも、今回の方が派手過ぎなくて好きだったな。



2008年05月20日

財布拾った

昨日のことなんですが、財布を拾いました。
昨日は台風の影響で結構な雨が降っていて、自転車を屋根のある
ところに停めるためにいつもと違う道に入ったんです。そうしたら雨に
濡れている財布を発見
。しかも隙間から茶色いお札が見えるでは
ありませんか!
5000円以上は確実に入っている財布。その道は人通りも結構
多いのに今まで誰も拾っていない。これはラッキーと思いこっそり
くすね・・・たかったんですが、そんな度胸がある訳もなく、すぐ近くに
交番があったので届けました。財布を拾うなんて初めてだけど、
拾ったものを交番に届けるのも初めてだ。
交番に行き、財布を渡してそれでお終いかと思いきや、ここから
予想外の展開が。出てきたのは700日間の戦争には耐えられそうも
ない定年間近の駐在さんと僕より明らかに僕より若い頼りなさげな
駐在君。この両極端な二人が僕の町を守ってるのか。正直ちょっと
不安だ。
ここで駐在さんはおもむろに財布の中身を机にぶちまけ
始めました。中身の確認は必要だろうけど、一応無関係である僕の
前で免許証やら定期券やらビデオ屋の会員証をさらけ出すのは
プライバシー的に問題があるのでは?

さらにその後、書類を書いたりなんだりで結局15分拘束されました。
最後にサインさせられたのは「拾ったものの権利を破棄する」という
一文。「持ち主が現れない場合はあなたのものになるけど、別に
いらないでしょう?」
という事のようです。入ってきたのは結局
6000円くらいだったので「別にいりません」と言っておきました。
桁が一つ多かったら間違いなく権利を主張してたと思いますが(笑)。



e5125aspaceodyssey at 21:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0)雑記 

2008年05月18日

相棒−劇場版− 絶対絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン4

8cb69917.bmp

警視庁特命係の右京と亀山に外務省
議員の護衛の命令が下された。警護中に
議員は爆弾で狙われ、現場には謎の暗号
が残されていた。前日に発生した絞殺事件
でも同様の暗号が残されており、右京は
同一犯の仕業だと推測する。そして右京
達は、犠牲者がリストアップされたHPを
発見する。この事件には過去に起こった
ある悲劇が関係していた。


今年の映画界を一番賑わせている作品。TVドラマの映画化ですが
僕はTV版は未見です。でもこの映画は予備知識なしでも楽しめる
ようになっていたので、未見でも問題なしに楽しむことが出来ました。
序盤に妙に説明くさい台詞がいくつかありましたが(笑)。

内容の方はストレートなバディムービーですね。劇場版に求める
スケールの大きさもあるし、東京ビックマラソンという大イベントを
舞台にしているもの面白い。社会的なテーマを盛り込んでいる点も
好感が持てますね。全体的にかなり良い感じに仕上がっていました。
クライマックスが思ったより早めにやって来て、それが長時間持続する
点が一番良かったです。マラソンと同時進行する事件は手に汗を
握ります。

気になった点もいくつか。右京さんがチェスの勝負から犯人の
ターゲットを割り出す場面はかなり無理があります。どう頑張っても
あんな都合良くチェスの駒が配置されるわけ無いだろう。
終盤のの展開は悪くは無いけどちょっと間延びした印象。
クライマックスが過ぎ去ってからダラダラと話が続くので、最後は
もう少しコンパクトにまとめて欲しかったですね。



2008年05月17日

ハンティング・パーティー3

0c4a8bb1.jpg

サラエボにやってきた元戦場カメラマンの
ダックは、そこでかつての相棒サイモンと
再会する。かつては花形レポーターだった
サイモンも今は落ちぶれ、借金を重ねる
毎日だった。そんなサイモンがダックに
戦争犯罪人フォックスの独占インタビュー
を取る作戦を持ちかける。二人は新米の
ベンと共にサラエボの奥地へと向かう。


三人のジャーナリストが戦犯を追いかける映画。この物語は実話を
基にしているそうで、映画の冒頭でも「この映画は「まさか」と思う
部分が真実である」
と出てきます。その言葉通り、中盤以降の
展開は正に「まさか」の連続です。

映画の印象としてはサスペンス+ロードムービーといった感じですか。
前半はサイモン、ダック、ベンのチーム結成とフォックスを追う旅が
描かれます。この最初の旅は結局ほとんどカラ回りに終わって話が
進行しないんですが、その辺りが実にリアルで実話っぽいですね。
そのせいか話が今一つ盛り上がらないんですが、そんな中語られる
サイモンの悲劇的な過去のエピソードは結構胸にくるものが
ありました。

後半からは一転、話が劇的に進行します。ここからは本当に信じられ
ないような展開が何度も発生してこちらとしてはビビリまくり。拉致
られるシーンなんて本当に「まさか」ですよ。それと三人の最後の
選択。あれも本当なんだろうなぁ。凄いよあの三人。あの決断には
感服してしまいます。

戦犯が捕まらないのは政府が捕まえようとしていないから。
この映画で語られる真実は、現実の世界の真実でもあるんでしょうね。
国民のためと言いながら、結局は国の利益しか求めていない。そんな
政府が蔓延している現状を何とかしないといけないんでしょうね。



2008年05月16日

字幕と吹き替えどっちが良い?

今日のめざましTVで、若者を中心に字幕映画離れが起こっている
と言っていました。確かに最近は劇場でも吹き替え版が多数公開して
いるし、先日観た『スパイダーウィックの謎』は字幕版が夜の上映
だけになっていて仕方なく吹き替え版を観賞しました。
21日公開の『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
は吹き替えの方が上映館が多いそうです。

僕自身、吹き替えは嫌いではありません。実力のある声優さんが、
ちゃんと声に合った俳優の吹き替えをしてくれれば全然問題ないと
思っているし、アニメーションは必ず吹き替えで観ます。でも
吹き替えだと役者の演技を十分に堪能する事が出来ない。
それと吹き替えだとどうしてもTVというイメージが付き纏ってしまうん
ですよね。
劇場の雰囲気が大好きで、それを堪能したい人間としてはやっぱり
映画は字幕で観たいですね。

まぁ、英語が理解できればなお良いんでしょうけど。


*****************************


今週の観賞予定

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』

今週は観る映画が少ないな。『相棒』いい加減観てみようかなぁ。



e5125aspaceodyssey at 21:49|PermalinkComments(7)TrackBack(0)雑記 

2008年05月15日

『20世紀少年』を読み始めた

浦沢直樹原作の『20世紀少年』が映画化されるということで話題
になっております。思えば大学時代、バイト先のお姉さんが
ハマッていて僕も勧められたんですが、当時の僕は『踊る
大走査線』
『勇者王ガオガイガー』という両極端にマニアックな
作品にドップリ漬かっていてそれどころではありませんでした。
しかし今回の映画化で興味が湧いてきたのでブックオフで立ち読み
してみると、面白いじゃないか!
すっかりハマってしまって4日間で15巻まで観賞。今日もブックオフに
立ち読みに行ったんですが、16巻が売れてしまっていました。仕方
なく近くにある別のブックオフに行ったんですが、そこにもなかった。
ついでにもう一箇所行ってみたんですがそこにもない。
くそ、こんな事ならさっさと読んでおくべきだった。

しかしこの漫画を映画化したらどんな事になるんだ?三部作構想
らしいけど、最後まで再現するのかな?とりあえず第一部は
2000年大晦日までやるみたいだけど。

そういえばYahooのアンケートで一番イメージに合っているキャラと俳優の組み合わせは?というアンケートがありました
僕はとりあえずオッチョ=トヨエツで。



e5125aspaceodyssey at 21:29|PermalinkComments(5)TrackBack(0)雑記 

2008年05月14日

Self‐Reference ENGINE4

d92c8f5a.jpg

昔々あるところに、男の子や女の子が住んでいました。男の子が沢山いたのかも知れないし、女の子が沢山いたのかも知れません。男の子はいなかったのかも知れないし、女の子はいなかったのかもわかりません。それともまったく本当に誰もいなかったのかもわかりません。ぴったり同じ数だけいたということは、とてもありそうにありません。もともと誰もいなかった場合だけは別ですけれども――。


次に読む小説を探している時に見つけたこの本。真っ黄色の表紙に
タイトルと作者がだけが書いてあり、『SFが読みたい!』において
2008年度版ベストSF[国内篇]第2位
という表紙に挟まれた緑色の
紙(あれなんて言うんだ?)の売り文句が一番目立つという、実に
挑戦的なその容姿。気になりながらも表紙裏に書かれた解説からは
ストーリーが全く解からず手が付けられずにいたんですが「SF好き
を公言するなら絶対に読むべき」
とかいう記事を発見して遂に購入
を決意。読んだ感想は・・・・なんじゃコリャ!?としか言えない
奇想天外な内容
でありました。でも面白いんだよな。

話の内容を掻い摘んで説明すると、「情報が肥大しすぎて多数の
次元に分裂してしまった世界と、それを管理する巨大知生体を
めぐる物語」でしょうか。そんな不安定な世界の出来事が18の
短編で描かれています。その短編がどれも個性的というか奇抜と
いうか。婆ちゃんの家の床下から大量の「フロイト」が出てきたり、
純然たるSF世界の中で「SFなんてある訳ないよ」などという精神
科医がいたり、いきなり現れた「アルファ・ケンタウリ星人」が
これまでの非常識な常識を根底からぶち壊していったり、巨大
知性体の八丁堀の旦那と、サブ知性体のハチがサブ知性体おキヨ
のバラバラ殺人事件の謎を追ったり(この話が一番好き)。とにかく
訳がわからないけど、それぞれの話が個性的で、全ての話が密接に
繋がっている。気がする。

頭フル回転で読み進めたけど、十分理解したとは到底言い難い。でも
「面白かったか?」と聞かれれば「面白かった」としっかり答えられる。
そんな不思議な作品でした。



2008年05月13日

空の境界 第二章 殺人考察(前)2

48bf6742.jpg

高校生の黒桐は同級生の着物の少女
式と腐れ縁のような関係だった。
ある時、街では連続猟奇殺人事件が
発生した。同じ頃、式は黒桐に自分は
多重人格者であり、もう一人『識』という
存在が自分のなかに存在すると
打ち明ける。猟奇殺人犯が式なのでは
ないかと疑いを持った黒桐は、式の
家に向かうが・・・


奈須きのこの新伝綺ファンタジー小説の映画化。全七章からなる
壮大な物語を、七本の中篇映画で描く意欲的なプロジェクト。

第二章『殺人考察(前)』では、メインキャラクターである式と黒桐の
出会いが描かれます。

第一章は、専門用語のオンパレードだったり世界観が掴みきれて
いなかったりといった理由で解かりにくい内容になってましたが、
今回は完全に作り手側がこちらを理解させようとしていない。
式はなぜ多重人格なのか、死体の紋章は何を意味しているのか、
真犯人は誰なのか、何故式は現場にいたのか。それらの謎が一切
解明されないままこの章は終わってしまいます。残された数々の謎は
後編で解き明かされるんでしょうが、少なくとも前編だけで楽しめる
ようにはなっていませんね。
それとも原作を読んでいないから理解
できないんだろうか?

アニメのクオリティは高いと思うけど、相変わらず動きが無い。それでも
第一章はアクションシーンが一つあって迫力は出していましたが、
今回はアクションすら無い。結果的に退屈な印象でしたね。

うーん、やはり前編だけでは評価できない。にもかかわらず、後編は
全七章の最終章ってどういう事だろう?それまで内容覚えてられる
かなぁ。



2008年05月12日

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS3

c3085857.bmp

山名との戦に敗れた秋月。しかし秋月の
血筋の生き残り雪姫と秋月の軍資金は
山名の手を逃れていた。山堀りの武蔵と
木こりの新八は、山の奥地で薪に
仕込まれた金を見つける。これこそ秋月
の軍資金だった。二人は金を盗もうと
画策するが、謎の野武せり・六郎太に
捕まってしまう。武蔵は六郎太に金を
隣国に持ち出す計画を持ちかける。


黒澤明監督の名作を樋口真嗣がリメイク。でも何で樋口真嗣が監督
なんだろう?特撮出身の樋口に純時代劇は合わないと思うんだけど
なぁ。

そんな訳で、「樋口真嗣が監督する以上、原作とはかけ離れた特撮
満載のド派手な映画になるんだろうな」と勝手に思ってたんですが、
意外な事に普通にリメイクされていました。と言っても『椿三十郎』
みたくオリジナル脚本をそのまま使っているという事は無く、
いろんな部分が現代向けにアレンジされています。まず原作の百姓
太平と又七が、ジャニーズと芸人(笑)に変えられている。原作の
隠し砦のエピソードを大胆に削って話をコンパクトに。ジャニーズの
主人公と雪姫のロマンスを追加。これらが主な変更点ですが、
変更点が妥当すぎて逆に刺激がありませんね。
それと原作が『スターウォーズ』の元になっているというのは有名な
話。このリメイク版ではその『スターウォーズ』から影響を受けている
部分がいくつかあります。適役の鷹山はダース・ベイダーそっくりだし
物語の後半に敵の砦に乗り込む話を入れた事で全体的な流れが
『スターウォーズ』に近くなっていますね。

娯楽作に無理やりシリアスドラマを入れるという樋口真嗣の悪い癖
本作にも出てきます。雪姫が敵の侍を刺し殺す場面がそうなんです
が、逆転劇が始まってこっちの気分も高揚してるのに、敵を倒して
「やっちゃった」って顔されてもテンションが落ちるだけ。あそこは
もっと馬鹿になっても良かったと思いますよ。直後に凄く馬鹿な
シーンもあることだし(阿部寛は何で生きてるの?)。



2008年05月11日

最高の人生の見つけ方4

9cea1e8c.jpg

家族思いの自動車整備士カーターと
孤独な大富豪エドワード。二人はガンで
入院し相部屋となり、同時に余命半年と
告げられた。カーターは戯れに
「死ぬまでに叶えたいリスト」を作成
するが、それを見たエドワードは、
残りの時間を利用してそれを実行しよう
とカーターに持ちかける。かくして、
老人二人の最後の旅が始まった。


ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンというアカデミー賞俳優
共演のヒューマンドラマ。年寄り版『死ぬまでにした10のこと』
っていう感じでしょうか。

余命いくばくもない人間が、人生の最後に何かを成し遂げるっていう
ストーリーは、映画ではそう珍しくもありません。ですがこの映画は
ちょっと違っていて、何かを成し遂げるのが目的ではなく、成し遂げた
上で自分の人生に価値があったのかを見出す
というストーリーに
なっています。死ぬまでに叶えたいリストには「スカイダイビング」とか
「マスタングに乗る」とかいう事も記されていますが、それらはさして
重要ではありません。
旅自体の意味はカーターとエドワードで違ってきます。カーターは旅を
通じて、味気ないと思っていたそれまでの人生がいかに幸福だったか
を見出すきっかけを見出します。一方のエドワードは旅の中で、
自分が富と引き換えに多くのものを失ってきた事、そしてその失った
ものを取り戻す機会が残っている事を理解します。
二人は旅の後で「最高の人生」を見つけるんですね。

この映画にはある「仕掛け」があって、その仕掛けのおかげで終盤は
予想外な展開が起こります。その予想外の展開以降は涙腺が
緩みっぱなしで結構キツかったです。ここから次々とリストを消化して
いくんですが、それが実にニクイ演出なんですよね。
ただ、一番最後の一言は真面目なのか小洒落たギャクなのか
判別しかねましたけど。



2008年05月10日

ミスト5

07f1af00.bmp

メイン州を襲った暴風雨は、のどかな
街に大きな爪痕を残した。デヴィッドは
息子と共にスーパーに買出しに出かけるが
そこの血を流した男が飛び込んできた。
「霧の中にいる何かに襲われた」と男は
言い、スーパーマーケットは濃い霧に
包まれ外部との連絡も取れなくなって
しまう。スーパーに閉じ込められた人々に
霧の中の何かが襲い掛かる。


『ショーシャンクの空に』『グリーン・マイル』の黄金コンビ、
スティーブン・キング原作、フランク・ダラボン監督のホラー映画。
霧の中に潜む何かと、その恐怖に怯える人々の物語です。

いきなりネタバレすると(大したネタバレじゃないので伏せません)
霧の中に潜んでいるのは様々なクリーチャー、怪物です。この時点で
クリーチャー好きにはたまりませんね。しかもそんなB級的な作品を
フランク・ダラボンが大真面目に作ってるんだから最高!
触手タイプ
に昆虫タイプ、しまいには怪獣まで出てくるんだから、何てサービス
精神旺盛なんでしょう!

しかし一番の見所はクリーチャーではなく、スーパーに閉じ込められた
人々が恐怖に怯える姿です。怪物に襲われ、外に出る事も出来ない
人々は次第に心境に変化が現れる訳ですが、この恐怖描写が実に
良く出来ていて凄く怖い。
狂信的なキリスト信者が特に強烈で、
この人が出てくるだけで背筋に悪寒が走るくらい。実にキングらしい
キャラクター設定でしたね。黒人の弁護士もキングっぽかったな。

でも一番インパクトがあるのはやはりラストでしょう。この結末を
受け入れられるかどうかで、作品の評価はガラリと変わってくると
思います。あの結末にどういう意味があるのか。いろいろ考えましたが
映画全体で描かれている絶望を統括しているのがあのラストなのでは
ないでしょうか。あの結末はしばらくトラウマになりそうです。
冒頭でデヴィッドが書いていた絵は、同じキング原作で僕の愛読書
『ダーク・タワー』でした。あの絵はこの映画の結末を暗示していた
のかな。

とにかく凄い映画でした。



2008年05月09日

テメレア戦記 1 気高き王家の翼3

3823a2a4.jpg

英国海軍将校ローレンスは、拿捕した
フランス海軍フリゲート艦から、ドラゴン
の卵を発見する。ドラゴンの数でフランス
軍に劣るイギリス軍。ローレンスは卵を
空軍に渡そうとしたが、本国への帰還の
途中で卵は孵り、ドラゴンはローレンスを
”竜の担い手”に選んでしまう。テメレア
と名付けられたそのドラゴンと共に、
ローレンスはイギリス空軍配属となった。


スティーブン・キングが絶賛し、ピーター・ジャクソンが映画化すると
いわれるファンタジー大作。読んでみると実に画面栄えしそうな話
なので、映画化がとても楽しみです。しかしピージャクは自身の
監督作『ラブリー・ボーンズ』に加えて、『ホビットの冒険』二部作も
控えた多忙な身。個人的には『HALO』の映画かもちゃっちゃと
進めて欲しいし、この作品を手掛けるのは10年後かなぁ。

ドラゴン・ライダーが主役のファンタジーはたくさんあるでしょう。
映画化が大失敗した『エラゴン』とか僕の大好きな傑作ゲーム
『パンツァー・ドラグーン』シリーズもドラゴン・ライダーの物語です。
しかしこの作品は他と明らかに違う。一番違うのは「もし史実の
海戦にドラゴンが参戦していたら」
というストーリー。僕は歴史が
苦手なのでどこまで忠実なのかは解かりませんが、物語は史実に
基づいて展開していきます。

もうひとつ面白かったのがドラゴンの扱い。普通のファンタジー作品
ならドラゴン・ライダーはいわゆる騎兵のポジションにあり、ドラゴン
を馬に見立てて描写しています。しかし本作のドラゴンはより巨大で
あり、1匹のドラゴンに複数の乗員が乗り込みます。馬というより
戦艦です。空を飛び、格闘さえこなす戦艦同士の激突。それがこの
作品の醍醐味ですね。

第一章『気高き王家の翼』では、ローレンスとテメレアの出会いと
成長、加えて世界観の解説が主となっています。物語が本格的に動く
のは次巻以降でしょう。続きが気になる小説がまた一つ増えました。



2008年05月08日

『トランスフォーマー』続編のヒロインは?

今日の映画ニュースで気になる記事がありました

『トランスフォーマー2』のヒロインはオーストラリアの
新人女優か?

『トランスフォーマー』の続編に、『ディセンバー・ボーイズ』等に
出演していたテリーサ・パーマーがヒロインとして出演するそうです。
出演してくれるのは構わないんですが、前作のヒロイン、ミーガン・
フォックスはどうなったんだろう?降板?それともダブルヒロイン?
個人的には後者が良いなぁ。

さらに嬉しいニュースとしては、イアン・マッケランが『ホビットの
冒険』出演決定
というのがありましたね。こっちも嬉しいけど、
ビルボ役のイアン・ホルムはどうなるかな?あっちは年齢的に
厳しいかな?


****************************


今週の観賞予定

『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』
『ミスト』
『ハンティング・パーティ』
『最高の人生の見つけ方』
『空の境界 第二章 殺人考察(前)』
『さよなら。いつかわかること』

『ひぐらしのなく頃に』『お姉チャンバラ THE MOVIE』
見たいけど、お金を節約しないといけないのでとりあえずパス。
それと『同級生』『体育館ベイビー』の舞台挨拶で仮面ライダー
ゼロノスこと桜井侑斗こと中村優一が来るらしい。
しいたけを
お土産に突入したいところだけど、やはり予算の都合で断念。
『体育館ベイビー』はボーイズ・ラブ系みたいだし。



e5125aspaceodyssey at 20:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2008年05月07日

光の六つのしるし2

2d4395ec.jpg

兄弟達と暮らす少年ウィルは、14歳の
誕生日に光の古老達と出会い、自分が
闇に対抗しうる六つのしるしを探す者
だと告げられる。半信半疑のウィル
だったが、六つのしるしを捜索する
うちに自らに秘められた力と使命の
重さを自覚していく。しかし彼が力を
つける間にも、闇の騎士の魔の手は
刻一刻と迫っていた。


ファンタジー小説『闇の戦い』の第一章を映画化した作品。
ファンタジー映画の割には至る所でこじんまりしており、単館上映も
やむなしという感じです。

ファンタジー映画の醍醐味といえば壮大な世界観と多彩なモンスター、
それに剣と魔法の戦いといったところでしょうか。ところがこの物語の
舞台は現代のロンドン。『ハリー・ポッター』みたいにそこから魔法の
世界へ行ったりもしません。時間移動で過去の様々な時代に行きは
しますが、過去へ行っても建物の中から出なかったり、何も無い荒野
をえらく狭い範囲だけ映していたりと、スケールが全然足りません。
僕が一番期待していたモンスターも出てこない。ウィルに襲い掛かる
のはカラスの大群やヘビの大群といった動物ばかりです。
魔法は出てくるけど地味な使い方ばかりしている。唯一派手なのは
闇の騎士が闇をばら撒くシーンですが、世界が闇に覆われるだけで
破壊も何もないのはやはり寂しい。
ついでに剣は出てきません。

という感じで、ファンタジーの醍醐味がほとんど味わえない本作。
前述の通り、とにかくスケールが小さい。世界を救う六つのしるしを
探す冒険を期待してたら、しるしは全て主人公の家の近所にあった
上映時間100分未満だから仕方ないかもしれないけど、それは
あんまりだと思う。
敵である闇の騎士も胡散臭さ全開で存在感が薄い。敵のスパイも
正体がバレバレです。

『ハリー・ポッター』『ロード・オブ・ザ・リング』から始まった
ファンタジーブームもそろそろ下火かな。『ナルニア』の第二章が
どこまで頑張れるか期待します。



2008年05月06日

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド3

b0cbcb21.jpg

石油屋のダニエルは石油が発見された
という情報から、片田舎の農場と周辺の
土地を一気に買収する。掘削を開始して
まもなく、ダニエルは見事石油を掘り
当てるが、その時の事故で一人息子は
聴力を失い、地元の牧師とも対立して
しまう。周辺の人間との溝を深めながらも
ダニエルは富のために突き進む。


今年のアカデミー賞でダニエル・デイ・ルイスが主演男優賞を受賞した
作品。石油と富を追い求める狂気の男の物語です。

描かれているのは一攫千金を狙うアメリカンドリームですが、この物語は
アメリカンドリームで得るべき夢がほとんど描かれません。主人公
ダニエルは石油を手に入れた直後に息子の聴力を失ってしまいます。
その後ダニエルには新しいパートナーが現れますが、彼も後に姿を
消します。さらにその後もダニエルは様々なものを失っていく。
アメリカンドリームの暗部を徹底的に描いていましたね。

しかしこの映画の見所はやはり主役のダニエル・デイ・ルイス。
恐ろしいまでの存在感が映画全体を包んでいます。彼が演じる石油王
ダニエルは、一見すると普通の人物に見えますが、要所要所で彼の
本性があらわになります。彼が牧師に許しを請う場面とラストシーンが
特に衝撃的で、「アカデミー賞は自分じゃなくダニエルに決まり」と
断言していたジョージ・クルーニーにも納得です。あんなの見せられ
たら自信もなくしますって。
敵役となる牧師を演じたポール・ダノも凄い。少ない出番の中に
印象深いシーンが詰まっています。

「鬼気迫る」という表現がピッタリの作品ですね。壮絶な物語と演技
合戦が見所の作品です。



2008年05月05日

機動戦士ガンダムUC パラオ攻略戦4

f5848ed2.jpg

ネオジオンの残党組織『袖付き』に
鹵獲されてしまったユニコーン
ガンダムとパイロットの少年バナージ。
収容された資源衛星パラオでバナージ
が観たのは、劣悪な環境の中で強く
生きる市民の姿だった。それを観ても
自分の正当性と敵への怒りを保とうと
するバナージに、敵の強化人間
マリーダが接触する。


福井晴敏が手がける宇宙世紀ガンダム。前巻でいきなり捕まって
しまった主人公バナージ。今回は主にバナージと敵のエース
パイロットマリーダとの関係が描かれます。

前巻はボリューム不足だと感じてしまいましたが、今回はそんな事は
ありませんでした。ページ数に大した違いはありませんが、今回は
バナージとマリーダの他にもリディとオードリーのドラマも進展し、
傷ついたネィル・アーガマの奇襲作戦やユニコーンの秘密の解明など
話にかなりのボリュームがありました。ユニコーンにはまだまだ
秘密がありそうだけど。

今回の主役はやはりマリーダですね。彼女の正体には驚きました。
ガンダムファンなら、ちょっと想像力を働かせれば彼女の正体くらい
思いつきそうなはずなのに。どちらにしろ、ファンには嬉しい設定です。
同じく秘密を抱えているであろうフル・フロンタルの正体は今のところ
皆目検討がつきません。性格や声だけでなく顔までソックリで、額の
傷までしっかりある。シャアが生きているとは思えないし、福井晴敏が
富野の設定を覆すとは思えない。クローンなんて安易な設定にする
とも思えないし。うーん、ワカラン。

次の巻はまた三ヵ月後かな。続きが気になるので早く出してね。
そういえば、発売日にユニコーン専用ビームガトリング付きの限定版を
探したんですが見つからず、仕方なく通常版を買いました。で、先日
本屋に行ったら限定版が大量に並んでた。認めたくないものだな。



2008年05月04日

デイ・ウォッチ4

bc03b456.jpg

光と闇、二つの勢力に別れて千年間争い
続ける異種と呼ばれる存在。お互いの
勢力に戦局を覆す偉大な異種が加わった
ことにより、戦争はより激化していた。
闇を監視するナイト・ウォッチのアントンは、
偉大な異種として闇の勢力に加わった
息子を取り戻すため、運命を変えると
言われる伝説のチョークを求める。


ロシア映画の興行収入を塗り替えたSFファンタジー。『ナイト・
ウォッチ』
の続編という事で、前作を観ておかないと解からない
部分が多々あります。これから観る人は予習復習を忘れずに。
デイ・ウォッチとは、ナイト・ウォッチとは逆に光の勢力を監視する
者の事ですが、この映画にはそんなポジションの人物は出て
こなかったような。

独創的なストーリー展開と演出の数々は今回も健在。僕の好きな
字幕を使った演出(字幕が吹き飛んだり真っ二つになったり)も
しっかりあります(そういえば前作をDVDでおさらいしたら、字幕
演出がなくなっていたな)。
ストーリーの方は独創的過ぎていろんなところで「?」と思うところが
ありますが、総合的な物語は面白いですね。話が二転三転するのも
良かったんですがそれも含めてもっと解り易くしてくれた方が
良かったですね。

画的なインパクトも抜群。ビルの壁をドリフト走行で走り抜けたり
手まりが次々に増殖してロシアの街が壊滅したりと、どにかく度肝を
抜かれました。観覧車が転がるシーンなんかは、日本の怪獣映画でも
是非チャレンジして欲しい画でしたね。
VFXシーンの多くは予告編で観られるので、興味が湧いた人は
公式HPを観てみるのも良いかもしれません。

このシリーズ、たしか三部作だと聞いていたんですが、この終わり方
では続編は無さそうですね。製作もされてないみたいだし。ちょっと
残念。



2008年05月03日

NEXT −ネクスト−2

e009eeda.jpg

ラスベガスの売れないマジシャン・
クリスには2分先の自分の未来を
見る事の出来る特殊能力が備わって
いる。しかし面識の無い一人の女性の
未来だけはそれ以上先の事も見る事が
出来た。クリスは何とかその女性に
接触しようと試みる。一方FBIは、
強奪された核爆弾のありかを突き
止めるため、クリスに協力を仰ぐ。


フィリップ・K・ディックの小説を元にしたSF映画。ニコラス・ケイジが
2分だけ先の未来を見る事が出来る怪しい能力を持った怪しい
容姿の男を演じています(ホント、今まで演じてきた中で一番怪しい
格好をしてると思う)。

「2分先の未来が見える」という能力ですが、2分以内なら10秒
だろうが30秒だろうが未来を見ることが出来る
みたいです。
そうしないと説明がつかないシーンも多々ありますし。どちらに
しても地味な能力には違いなく、最初の内は「未来が見える」という
よりも「遠くの物事を知覚する」という能力に見えてしまいます。
終盤には面白い演出がありますが、それ以外は設定を活かしきれて
いない印象です。あと、2分くらい未来を見ているシーンがありますが
2分経ったらタイムオーバーでその未来は変えられないのでは?

話はかなりいい加減。FBIはクリスの能力の限界を知っているのに
ニュース映像の未来を読ませて核爆弾のありかを突き止めようと
します。FBIは2分で核爆弾をどうにかできると思っているんだろうか?
それとヒロインに関する未来だけはもっと先まで読めるなんて設定は
ご都合主義もいいところ。「2分先の未来が見える」という能力は
設定としては面白いけど、話を進める上では実に扱いづらいもの
なんでしょうね。

あとどうしてもツッコミたいのは最後のオチ。オチ自体は面白いけど
クリスには(ネタバレ反転)[核爆弾のありかが見えていた]はず。
[自分が行かなくてもFBIに場所を教えれば]事件解決じゃん。

大したことない映画だったけど、同じ日に観た『少林少女』
比べれば全然マシだったなぁ。



2008年05月02日

USJに行ってきた

先日、ゴールデン・ウィークを利用して行って参りました。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!!
初USJです!というか初大阪です!

いやぁ楽しかった!映画好きなら絶対楽しめるスポットですね。
予備知識ほとんど無しで行ったけど、凄いぞUSJ!
『ターミネーター2:3-D』!ただのターミネーターを題材にした
アトラクションだと思ってたら、シュワちゃんもリンダ・ハミルトンも
エドワード・ファーロングも出てくるじゃないか!凄いぞ!!

まぁ一番面白かったのはナビゲーターの綾小路麗華だったけど(笑)。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』!こっちも
まさかクリストファー・ロイドが出てくるとは思わなかった!
随分前に作られたアトラクションだからCGは大した事無いけど
IMAXの巨大スクリーンは迫力満点!酔った!!(笑)。
『ジュラシック・パーク・ザ・ライド』!
ずぶ濡れになるのは
解かってたからカッパを購入。そうしたらなんと最前列に当たって
しまった!モロに水をかぶったけどカッパのおかげでダメージは
最小限!でもカッパを着ていなかった人達は河にでも落ちたような
悲惨な状態だった。
『シュレック4D』!こんなところで大好きな『シュレック』
新作映像が観られるなんて幸せ!でもなんでシュレックの声が
浜ちゃんじゃないんだ!
他のキャストは揃ってたのに!浜ちゃん
なんてシュワちゃん連れてくるよりも簡単だろう!!
『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・
ザ・ライド』!!
スパイダーマン!スパイダーマン!!
スパイダァァァマァァァァン!!!(壊)

他にも『ジョーズ』以外の主なアトラクションを体験。あー楽しかった。
日本の映画を題材にしたアトラクションも導入してくれないかなぁ。
『ゴジラ・ザ・ライド』とか『日本沈没・脱出アドベンチャー』とか。


***************************


今週のお買い物

スパ

 

 

 

 

 

 


『ディスタービア』
スパイダーマンTシャツ
スパイダーマンぬいぐるみ

いやぁ、まさかスパイダーマンの専門店があるとは思わなかった。
金さえあればもっといろいろ買ったのに!!


***************************


今週の観賞予定

『光の六つのしるし』
『デイ・ウォッチ』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

『相棒』観てみようかなぁ。でもドラマの方は一度もちゃんと観た事
ないんだよなぁ。



e5125aspaceodyssey at 22:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)雑記 

2008年05月01日

少林少女1

b7d3d660.bmp

少林寺での修行を終えた少女リンは
少林拳を普及させるために故郷の
日本に帰ってきた。しかし実家の
道場は既に潰れており、兄弟子達も
離れ離れの状態。大学に通う
ミンミンと友達になったリンは
ラクロス部に誘われるが、少林拳の
事ばかり考えてチームプレーを
行う事が出来なかった。


酷い酷いと聞いていたけど、コレは確かに最悪だ。
今年はコレよりつまらない映画は出ないだろうな。

僕はこの映画、柴崎コウ版の『少林サッカー』だと思ってました。
舞台を日本に、サッカーをラクロスに変えただけで、根本にあるものは
同じコメディ要素だと思ってたんです。予告ではそれに『カンフー
ハッスル』
も加わってました。しかし実際にはこの映画コメディでは
なかった。信じられませんが、美少女+少林拳+ラクロス+カンフー
という内容でコメディになっていない。
コメディにしようとして
失敗したのでもなくて、コメディにしようともしていない(クスリとも
笑えないギャグが時々入るけど)。
製作者はこの映画を何故か青春感動作にした。もちろん感動
なんて微塵も出来ない。どうすればそんな大間違いが出来るのか
僕にはさっぱりわかりません。

こんな馬鹿な脚本を書いたのは十川誠志。これまでも酷い脚本を
書いてきた人ですが、そんな彼の手掛けた中でも今回の脚本は
最低の部類に入るでしょう。
コントロールの悪さをチームワークの悪さのせいにしたり、チーム
ワークの大切さを教えるために何故かリンをのけ者にしたり、「力より
美」とか言ってた悪の親玉が「力こそ全て」とか言ってたり、リンの
代りに自分が戦うと言った先生が何故か戦わなかったり。
おかしな部分を指摘してたらキリがありません。

アクションも相当酷い。特に仲村トオルが致命的で、ありえないくらい
動きがモッサリしている。演出にも全然キレがなくて最後の戦い
なんて爽快感の欠片もない。BGMも信じられないくらい盛り上がら
ない。そして最後にはカンフーアクションにあるまじき驚愕の
決着の付き方
が待っている。
正直こんな酷い終わり方観たの初めてだよ。

結局、みんなが観たかったであろう少林ラクロスは、最後の最後に
スタッフロールと一緒に流れるだけでした。
本広克行も亀山千広もチャウ・シンチーも(彼は名前を貸しただけだと
思うけど)、どうしてこの脚本にOKを言ってしまったのか。