2006年10月05日

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ1

3d36c18c.jpg

渋谷のスクランブル交差点の
ど真ん中で女子高生が爆死した(!)。
彼女は警察から極秘裏に派遣された
特命刑事だった。時を同じくして
アメリカから強制送還された少女。
彼女はアメリカで拘束された母親の
刑期と引き換えに新たな特命刑事、
『スケバン刑事・麻宮サキ』として
聖泉学園に潜入する。

この映画、公開2日目に舞台挨拶があったので、その回を観に
行きました。普段なら舞台挨拶のエピソードを簡単にリポートするの
ですが、今回は駄目です。書けません。とにかく劇場の異様な
空気について行けませんでした。僕はアイドルには全く興味が
無いのでああいう場は初めてだったんですが、なんですかあの熱気?
松浦亜弥が何か言う度に叫び出す観客達にドン引きして
しまいました。そんな感じだったので、映画を観る前から
疲れきってしまいました。

さて映画の中身ですが、今年のワースト1決定戦に名乗りを
上げられる出来です。深作健太、信頼していたのに!

アイドルに興味の無い僕の場合、まず松浦亜弥に魅力を感じない。
さらに助演を勤めたアイドルユニット(名前なんだっけ?)にも
魅力を感じない。
ファンの方達にとっては、大好きな女の子達が
派手な立ち回りを見せてくれるだけで満足なんでしょうが、僕に
してみれば、彼女らはただの「大根役者」です。ついでに言うと
竹内力と窪塚俊介も酷かったぞ。

今回は監督の演出も酷い。アクションシーンはそれなりに
頑張ってはいるものの目新しさは皆無。だいたい今のご時世に
バレットタイムを恥ずかしげも無く多用するのはどうかと思うぞ。

(しかもかなり安っぽい。)松浦亜弥が舞台挨拶で「アクション
シーンには満足してません。」
なんて言ってましたが、この出来なら
それも当然。銃弾の雨の中を、顔をしっかり庇いながら走るという
行為があれほど滑稽だとは知りませんでした

あと、ネットの書き込みをわざわざ朗読する演出は止めてくれ。
気持ち悪くてしょうがない。

疲れるだけの映画でしたね。「僕はアイドルというものに微塵も
魅力を感じない」
という事を再確認させてくれたのが、唯一の収穫
でした。



e5125aspaceodyssey at 21:28│Comments(7)TrackBack(14) 映画のレビュー・さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『スケバン刑事/コードネーム=麻宮サキ』(2006)  [ 【徒然なるままに・・・】 ]   2006年10月05日 22:29
去年の夏には上野樹里が主演、飯田譲治の監督で10月にクランク・インし、今年東宝系で劇場公開されるという告知がされていましたが、蓋を開けてみるとTVシリーズ版と同じく東映の製作に落ち着きました。その間に一体何があったのでしょうか。 ということで、松浦亜弥が...
2. 【劇場鑑賞106】スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年10月05日 23:37
2 何の因果かマッポの手先・・・ フイに出会ったダチのため ”期間限定!”スケバン刑事、麻宮サキ!! 『タイマンはりてぇなら、一人でこい・・・』
3. 「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年10月07日 23:35
 かわいい系のあややがスケバンに挑戦したスケバン刑事 コードネーム=麻宮サキを見てきました。
4. 真・映画日記(3)『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』  [ CHEAP THRILL ]   2006年10月09日 18:39
(2からのつづき) 午後4時半に家を出る。 吉川駅に着いてからマッサージ店「ナチュラル・ボディ」にケータイで予約をする。 いつもやってもらっているAさんがいなかったが、60分のボディ・コースを頼む。 午後5時、予約どおり「ナチュラル・ボディ」へ。 この日はF...
5. 『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』  [ 映画大陸 ]   2006年10月10日 21:34
 まず初めに書いておきますが、僕は所謂アイドルオタクでは有りません。確かに他から見ると風貌などはそれっぽく見えるかもしれない。  でもオタクはオタクでもアイドルオタクとは違います。ベクトルがちょっと違った方向に作用していると言いますか・・・。  なんで....
6. スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 06年195本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年10月16日 16:32
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 2006年   深作健太 監督   和田慎二 原作松浦亜弥 、石川梨華 、三好絵梨香 、岡田唯 、長門裕之 、窪塚俊介 、竹内力と、もう1人!! あややのおパンツ見えるかなぁ?と思って、前の方で、ふんぞり返ってみたのですが、....
7. スケバン刑事  [ いろいろと ]   2006年10月21日 15:18
スケバン刑事 コードネーム=麻宮さき あやや主演の映画版 スケバン刑事 あやや、
8. スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ  [ お萌えば遠くに来たもんだ! ]   2006年11月05日 13:18
やっと、やっと観れました〜。 <新宿東宝トーア> 監督:深作健太 アクション監督:横山誠 原作:和田慎二 脚本:丸山昇一 ニューヨークから強制送還された一人の少女。スパイ容疑でアメリカに残された母を救うことを交換条件に、彼女は特命刑事「コードネーム=...
9. スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   2006年11月26日 01:42
別に松浦亜弥のファンじゃないです。 「スケバン刑事」の世代なだけです。 ちなみに好きなキャラは「ビー玉のお京」(相楽晴子)。 ちょっとマニアックか!? スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ ★★☆☆☆ 奔放な母親(斉藤由貴)がFBIに逮捕され、...
10. スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ  [ DVDジャンル別リアルタイム価格情報 ]   2006年12月05日 14:33
延べ2000万部もの発行部数を誇る、和田慎二原作の「スケバン刑事」の映画化!期間限定で四代目・麻宮サキに松浦亜弥が襲名。セーラー服に身を包んだ少女が赤いヨーヨー片手に敢然と悪に挑む…。通常版。
11. スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ  [ CINEMA LEGLOCK ]   2007年03月01日 01:21
 ニューヨークから強制送還された少女・Kは母の刑期と引き換えに特命刑事となった。彼女の調査目標は悪い噂の絶えない聖泉学園。先日も学園に潜入していた特命刑事が学園内に広まる「エノラゲイ」にアクセスした生徒の追跡中に爆死する事件があったばかりだった。
12. あややでトホホ「スケバン刑事〜コードネーム麻宮サキ」  [ 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」 ]   2007年05月14日 14:09
なんの因果か「スケバン刑事〜コードネーム麻宮サキ」をレンタル。 冒頭のシーン(体に時限爆弾を付けられた女子高生が渋谷のスクランブル交差点で爆死。転がるヨーヨー。そのヨーヨーに桜の大門。…スケバン刑事狩り?)で、ちとテンション上がる。 しかし。 あとはヘ....
13. (映画)スケバン刑事(デカ)コードネーム麻宮サキ  [ ゼロから ]   2009年01月03日 11:56
母親を司法取引により釈放させるために仕事を引き受ける羽目に。学園に潜入するが、学園の制服でなくセーラー服なのは、笑えます。
14. 『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2009年02月25日 03:35
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 「スケバン刑事」4代目麻宮サキに松浦亜弥 シリーズ18年ぶりに映画化 個人評価 ★☆ (自宅鑑賞)

この記事へのコメント

1. Posted by くぅ   2006年10月05日 22:29
やっぱり松浦亜弥ちゃんが来てたんですか!新聞に『舞台挨拶アリ』とあったけど誰が来るとは書いてなかったので…。

あややファンから観たら最高な映画ですよ!あの超ミニスカートだしね。 私は観る予定ではなかったから感想が聞けて良かったです〜。(笑)


2. Posted by ヨゥ。   2006年10月05日 23:48
うわぁ。行ったんですねぇ、舞台挨拶。

うちらはさすがに止めました(笑)
だってコンサートよりもヲタ率高そう(笑)

ここ数年あややのコンサートには欠かさず行っているのですが、ヲタらの変な会話(妙な敬語とか(笑))にはついていけません(笑)


でも観ますけどね、『スケバン刑事』

だって、あややの制服…(以下略)


3. Posted by えめきん   2006年10月06日 07:04
くぅさん、コメントどうもです。

>私は観る予定ではなかったから感想が聞けて良かったです
そういう事なら舞台挨拶の詳細も書けばよかったですね。
もうほとんど憶えてませんけど(笑)。



ヨゥ。さん、コメントどうもです。

>うちらはさすがに止めました(笑)
>だってコンサートよりもヲタ率高そう(笑)
アイドルのコンサートにも行った事ないんですが、ヲタ率は
高かったですよ。蛍光パネルなんかを持ってきてる人いたし。
あとムカついたのは舞台挨拶が終わったら、映画本編を見ずに
さっさと出て行った連中。お前らは何しに来たんだ!!
4. Posted by しちみ   2006年10月06日 09:31
はじめまして♪
うちもスケバン刑事みました(≧▽≦)
ぶっちゃけゲド戦記より楽しめましたかも。
『タイマン張りてぇなら一人で来い!』
うちも言ってみたいW
5. Posted by えめきん   2006年10月06日 23:38
しちみさん、はじめまして。コメントありがとうございました。

>ぶっちゃけゲド戦記より楽しめましたかも。
確かに『ゲド戦記』よりも娯楽性には優れてましたね。
ただ僕の場合は、深作健太監督に過度の期待を寄せていたので、
その辺りの落差が響いてしまいましたね。

台詞では決戦前の前口上が好きですね。
「フイに出会ったダチのため・・・」っていうやつ。

これからもよろしくお願いしますね。
6. Posted by 蔵六   2006年10月10日 21:41
 こんばんは!

 僕も舞台挨拶の際にいましたが、凄い雰囲気でしたよね。アイドルオタクの密集地からは少し離れていたので周りで雄叫びを上げるような輩はいませんでしたが、あの団結力は大したものだなと思ったり。

 映画は相当酷いものを覚悟していたのでそれなりに観る事が出来ました。でもラスト戦闘服に着替えるけどあの戦闘服について劇中でなんか説明ってありましたっけ?
 突然銃で撃たれても平気になるので凄く不自然でした。なんかスケバン刑事じゃなくって仮面ライダーとかそういった戦隊ものみたいな映画だった。
7. Posted by えめきん   2006年10月11日 07:09
蔵六さん、コメントどうもです。

僕は、物好きな友達が早い段階でチケットを購入して
くれたので、中央通路の近くの席に座りました。そんな場所
だったのでオタ率はかなり高かったですね。

あの戦闘服はホントに何なんでしょうね?銃弾を弾き返す
くせに、日本刀に切り裂かれてるし。だいたい、
スケバン刑事ってセーラー服で戦うのが見所なのでは?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔