2006年10月23日

トリスタンとイゾルデ3

147f804e.jpg

暗黒時代のヨーロッパ。アイルランド人に
両親を殺され、コーンウォールの領主に
育てられたトリスタンは、戦の最中に
重傷を負い、そのまま敵国であるアイル
ランドに流れ着く。瀕死の彼を救ったのは
アイルランドの姫、イゾルデだった。
惹かれ合い、愛し合うようになった二人を
過酷な運命が引き裂いていく。

恋愛というのはハードルが高いほど熱く、深く、そして切なくなるもの
です。
この映画の主人公であるトリスタンとイゾルデの愛に立ち
塞がる壁は、お互いの国が敵同士である事、騎士と姫という身分の
差、そして国への忠誠心です。これだけの障害が二人の運命に立ち
はだかるのですから、切なくないはずがありません。
でもこの映画、あまり切なくないんですよね。理由は簡単。
この二人、踏み越えてはいけない一線を結構あっさりと
踏み越えちゃうんですよ。

コーンウォールの領主であるマーク、政略結婚によって彼の妻と
なったイゾルデ、マークに忠誠を誓うトリスタン。この三角関係が
見所だと思うんですが、マークはかなりあっさり切り捨てられて
しまい、二人の世界に没頭するトリスタンとイゾルデ。悲恋という
よりもただの不倫にしか見えません。マークが可愛そうだ。


トリスタンを演じるのは『スパイダーマン』で親友に彼女を取られた
男、ジェームズ・フランコ。イゾルデには『アンダーワールド』
シリーズに出ているらしいソフィア・マイルズ。ある意味一番の
悲劇を体験する領主マークにはルーファス・シーウェル。彼、
『ロック・ユー』や『レジェンド・オブ・ゾロ』みたいな時代劇でよく
見かけます。
こうして見ると配役が少々弱いですね。トリスタンはまだしも、
イゾルデにはもうちょっと魅力のある女優をあてて欲しかった。


恋愛に重点を置いた作品の割には、迫力のある戦闘シーンや、
石造りで壮言な城のセットなど、別の所に力を入れているように
感じました。
いっその事、そっちをメインにした方が面白かったかも
しれませんね。



e5125aspaceodyssey at 22:29│Comments(10)TrackBack(16)映画のレビュー・た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『トリスタンとイゾルデ』  [ **Sweet Days** ]   2006年10月24日 07:38
製作総指揮:リドリー・スコット CAST:ジームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ 他 STORY:ローマ帝国崩壊後、アイルランドの支配下にあったイギリス。戦いで孤児となったトリスタン(ジェームズ・フランコ)は、領主の一人、マークに育てられ、腕の立つ立派な騎士...
2. 「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち   [ はらやんの映画徒然草 ]   2006年10月29日 18:37
トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
3. *トリスタンとイゾルデ*  [ Cartouche ]   2006年10月31日 10:14
{{{      ***STORY***           2006年    アメリカ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、...
4. 真・映画日記『トリスタンとイゾルデ』  [ CHEAP THRILL ]   2006年10月31日 15:09
10月30日(月) やはり、土日で遊びまくると、 月曜がつらい。 日記を更新している最中に何度も睡魔に襲われ、 土曜の最後のパートだけを書いたところでタイムアップだった。 仕方なく日曜分の日記は夕方以降に。 ごく普通の月曜日。 そこそこの忙しさ。 午後6時...
5. トリスタンとイゾルデ  [ 金言豆のブログ ・・・映画、本について ]   2006年10月31日 23:52
2006年10月21日公開  ロミオとジュリエットの元ネタともいわれる昔話。  家どうし、国どうしでいがみあってる中、ふとしたきっかけで出会った男女が禁断の恋に落ち、やがてそれが国全体を揺るがす事態へ発展していき
6. トリスタンとイゾルデ  [ ★試写会中毒★ ]   2006年11月01日 08:57
 満 足 度 :★★★★★★★★         (★×10=満点)  監  督 :ケヴィン・レイノルズ キャスト :ジェームズ・フランコ       ソフィア・マイルズ       ルーファス・シーウェル       デヴィッド・オハラ   
7. トリスタンとイゾルデ  [ 実は映画好きなんです ]   2006年11月02日 14:36
 『トリスタンとイゾルデ』を観ました。  ロミオとジュリエットの元になった話として  あまりにも有名で、今更感もありますが  アーサー王伝説好き・中世騎士道好きとして  観ないわけにいかないよ!!っつーことで。  (トリスタンは円卓の騎士の一人...
8. トリスタンとイゾルデ−(映画:2006年134本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年11月02日 23:54
監督:ケヴィン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・カヴィル 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります) ダメダメダメ、許されぬ恋な...
9. 手首をなくした王  [ トリとイズ! ]   2006年11月05日 14:35
トラックバックをいただいたデコデコマンさんの「デコ親父はいつも減量中」のエントリ
10. トリスタンとイゾルデ  [ Alice in Wonderland ]   2006年11月06日 12:46
生は死よりも尊く、愛は死よりも切なく尊いものである。 前から観たかった映画ですがMOVIXで上映したもので1週目でレイトショーがなくなってしまい諦めていたのですが土曜の夕方に時間が空いたので観に行くことが出来ました。この時代の映画はあまり得意ではないの...
11. ★「トリスタンとイゾルデ」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年11月10日 02:30
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。
12. 【劇場映画】 トリスタンとイゾルデ  [ ナマケモノの穴 ]   2006年11月10日 07:11
≪ストーリー≫ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せ...
13. トリスタンとイゾルデ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年09月10日 14:16
レンタルで鑑賞―【story】コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は、戦闘の末重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。アイルランド王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)から献身的な介護を受けたトリ...
14. トリスタンとイゾルデ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年06月28日 21:55
 『愛は死より切なく、そして尊い。』  コチラの「トリスタンとイゾルデ」は、10/21公開になったシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の原典になったイングランドの騎士トリスタンとアイルランド王女イゾルデの伝説を描いた映画なんですが、早速観てきちゃいました...
15. トリスタンとイゾルデ  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月18日 03:30
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた
16. トリスタンとイゾルデ  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2011年06月18日 00:11
2006年10月上映 監督:ケヴィン・レイノルズ 主演:ジェームズ・フランコ  「ロミオ&ジュリエット」の元となった、感動の純愛ストーリー・・・・・うーん、純愛かなぁ・・・...

この記事へのコメント

1. Posted by くぅ   2006年10月23日 23:25
フライヤーには『ロミオとジュリエット』のような悲劇と書いてあった気がします…ただの不倫に見えちゃうんですね。

切なくて、泣いちゃうお話しかな?と勝手に思ってました。(笑)


2. Posted by えめきん   2006年10月24日 07:07
くぅさん、コメントどうもです。

不倫に見えちゃうのは僕が歪んだ見方をしたからだと思うので
あまり気にしないで下さい(笑)。
ただ、二人の間に入る領主様が凄く良い人だったんですよ。
トリスタンが変なプライドを出さずに最初から相談していれば
万事うまくいった気がしてしまったんですよね。
3. Posted by みん   2006年11月05日 14:45
はじめまして。トラバ送らせていただきました(^^)

わたしもただの不倫(しかも頭悪い)に見えました…orz
その分マーク王がすばらしくいい人でした!

>トリスタンが変なプライドを出さずに最初から相談していれば
>万事うまくいった気がしてしまったんですよね。
そう思います。アイルランドとはどうせ険悪だし、マーク王ならうまく諸候達を収めてくれたのではないかと思いました。
4. Posted by えめきん   2006年11月06日 07:06
みんさんはじめまして。TB&コメントありがとうございました。

>マーク王がすばらしくいい人でした!
ホントそうですよね。彼をもっと傍若無人な暴君として
描いていれば、トリスタンとイゾルデの関係ももうちょっと
マシに見えたんでしょうが。
5. Posted by ALICE   2006年11月06日 12:44
かなりきついお言葉ですね・・・確かに不倫なんだけど前に出会ってたのはトリスタンとイゾルテなんだけどなぁ。。。なんてうじうじしてしまいました。
マーク王は確かに素晴らしかったですね。
私は渡辺謙に似ているななんて思いました。
6. Posted by えめきん   2006年11月06日 20:03
ALICEさん、コメントありがとうございます。

見えちゃったんですよねぇ、不倫に。
二人が一線を超えるのが早すぎると思うんですよね。
我慢して我慢して、それでも自分の気持ちを抑えられなくて、
そして初めて密会した夜に王様に見つかって、また引き離される。
という展開ならさらに切なくて良かったんですが。
7. Posted by 由香   2007年09月10日 14:23
えめきんさん、こんにちは!
悲恋に酔おうと思ってDVDで鑑賞しました〜
で・・・私もマーク王が可哀想で可哀想で・・・ただただトリスタンとイゾルデの悲恋に酔いつぶれる事が出来ませんでした。
若い二人の気持ちは純粋だったので、一応切ない気持ちになったのですが、1番切なかったのはマーク王でしたわん。
8. Posted by えめきん   2007年09月11日 06:56
由香さん、コメントどうもです。

マーク王可哀想でしたよね。トリスタンとイゾルデがやりたい放題
だったので、切なさが今一つ伝わってきませんでした。
二人の想いは純粋でしたが、僕にはワガママに見えてしまいました。
9. Posted by oguogu   2011年06月18日 00:19
3 TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
イゾルデ全然知らない人だったなぁ。
確かにもう少しインパクトがある人というか、
ボンキュボン(古い)の人とか・・・
印象に残る人だったら、もう少し映画も
記憶に残りそうですが、
イマイチ、ジェームス・フランコ君だけでは
パンチが効いてませんでしたねw
10. Posted by えめきん   2011年06月19日 22:10
oguoguさん、コメントどうもです。

そうですね、ジェームズ・フランコに比べると、彼女はちょっと役不足でした。当時はジェームズもメジャーにはなっていませんでしたが、この頃から風格はしっかりありましたね。
でもこの映画ではやっぱり領主役のルーファス・シーウェルが一番印象的でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔