2006年11月18日

トゥモロー・ワールド5

60d739b8.jpg

西暦2027年。人類には18年間、
新生児が誕生していなかった。
世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を
維持しているイギリスには難民が押し
寄せていた。ある日、エネルギー省に
勤めるセオは、地下組織のリーダー
であるかつての妻・ジュリアンと再会
する。彼女はセオに、ある女性の為に
通行証を用意して欲しいと頼む。


『人類滅亡』をテーマにした映画はこれまでいくつも製作されて
きました。『アルマゲドン』『デイ・アフター・トゥモロー』といった
ディザスタームービーから、『インデペンデンス・デイ』といった
侵略モノ、ゾンビ映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』も人類滅亡を
描いてましたね。
しかしこの映画は『子供が生まれない』という、ある意味で最も
恐ろしい人類の終焉を描いています。

この映画で描かれる未来世界は悲観的な未来の典型的な姿です。
人類は資源を浪費し、産業廃棄物を垂れ流し、環境汚染は
取り返しの付かない所まで進んでいます。世界は紛争とテロが
溢れかえり、難民達は強制的に収容所に入れられます。
劇中、子供が生まれなくなった理由が一切説明されませんが、
これは荒廃しきった世界の絶望の象徴という事なんでしょうね。

ストーリー展開が素晴しいですね。ネタバレになるので多くは
書きませんが、場面ひとつひとつの展開に物凄く力が入っています。
とくに中盤、車での移動中に○○がいきなり××される場面と、
終盤の○○によって、戦闘が収まり、その直後に戦闘が再開される
場面が素晴しい。特に後者は命の偉大さを描き、それが人間の
愚かしさによって終結するという非常に印象的な場面でした。

そしてこの映画を語る上で絶対に外れないのが長撮り
この映画はカット割が非常に少なく、特に重要な場面ではハンディ
カムでずっと主人公の後を追っています。
僕が特に興奮したのは、中盤の暴徒に襲われる場面と、終盤の
銃撃の中を突っ切る場面。
前者は「ええぇ!?これどうやって撮影してんの!?」
誰もが驚愕するであろうカメラワーク。是非メイキングを見てみたい。
後者は「ええぇ!?このセット本当に作ったの!?」
いうくらい広大なセットの中を主人公が走り続ける。その中で人が
どんどん倒れていき、戦車砲が火を噴き、ビルが爆発する。およそ
8分の中で起きるそれらの出来事を1カットで撮影しています。
ちなみに、1カットで8分もの長時間を撮影する事は事実上不可能
だそうで(少し前の話なので今の技術なら可能かもしれませんが)、
そのシーンでもカメラに飛び散った血糊がいつの間にか消えていた
ので、どこかでカットが変わっているはずなんですが、それが全然
わからない。本当に凄いシーンです。

近年稀に見るパワフルな作品です。
SF史に残る傑作ではないでしょうか。



e5125aspaceodyssey at 23:55│Comments(17)TrackBack(41)映画のレビュー・た行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. トゥモロー・ワールド  [ It's a Wonderful Life ]   2006年11月19日 08:35
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。 終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。 原題の"Children of a men"(「人類の子供たち」)という 原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界を モチーフに、かなり監督アルフォン...
2. トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年11月19日 15:39
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶????
3. トゥモロー・ワールド(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年11月19日 16:09
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に??
4. トゥモロー・ワールド  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2006年11月19日 17:32
評価:★★★★ ジュリアンが射殺される! ここから、この映画が本気モードであると実感する。 最初に邦題が如何にも安っぽいB級SF映画のようなので、まったく期待などせず観に行きました。ところが、意外にも本格的な作りで、映像はもちろんストーリーも114分と最近では...
5. 映画「トゥモロー・ワールド」  [ しょうちゃんの映画ブログ ]   2006年11月19日 18:08
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人類...
6. トゥモロー・ワールド  [ Diarydiary! ]   2006年11月19日 20:35
《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 ?? 原題 ??CH
7. トゥモロー・ワールド  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2006年11月20日 17:49
3 子供が誕生しない未来〜人類だけが地球から消え去る〜このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家...
8. トゥモロー・ワールド  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2006年11月20日 20:44
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【あらすじ】....
9. 「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年11月21日 01:50
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて治安を維持...
10. Children of Men  [ The Final Frontier ]   2006年11月21日 17:17
Clive Owenの剃り残しがありそうなあごひげを 今日もジョリジョリしたくてたまらないDeannaです。なんだかんだ言って,Clive Owenが出演している映画はここ数年全て制覇しているような気がする・・・怜 トゥモロー・ワールド 西暦2027年、人類はすでに18年間も子....
11. トゥモロー・ワールド  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2006年11月21日 19:10
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
12. 【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年11月21日 19:38
3 2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
13. トゥモロー・ワールド  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年11月21日 20:12
トゥモロー・ワールド 原題: Children of Men (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://www.tomorrow-world.com/ ユナイテッドシネマ・としまえん スクリーン8  2006年11月19日(日)19時15分の回 ゴウ先生総合評価: B+   画質(ビスタ...
14. トゥモロー・ワールド  [ カリスマ映画論 ]   2006年11月22日 03:00
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
15. トゥモロー・ワールド  [ 悠雅的生活 ]   2006年11月22日 10:44
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
16. 『トゥモロー・ワールド』  [ sweet* Days ]   2006年11月23日 20:07
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きていた。...
17. 『トゥモロー・ワールド』  [ ねこのひたい〜絵日記室 ]   2006年11月24日 15:33
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測宀
18. トゥモローワールド  [ Akira's VOICE ]   2006年11月24日 17:58
一人の男が達成する明日への架け橋。
19. 127.トゥモロー・ワールド  [ レザボアCATs ]   2006年11月25日 09:19
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感じがする。....
20. ビリオンダラー・ベイビー@トゥモロー・ワールド  [ 憔悴報告 ]   2006年11月27日 12:06
『トゥモロー・ワールド』は、過去数年に渡っての最強の娯楽映画である。 今劇場で観なければあなたは負け犬だ。 すぐに映画館に行きたまえ。 話はそれからにしよう。
21. 真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』  [ CHEAP THRILL ]   2006年11月27日 21:10
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋で打ち上げ...
22. ★「トゥモロー・ワールド」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年11月29日 02:09
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
23. 「トゥモロー・ワールド」どうしても未来は悲惨のようだ  [ soramove ]   2006年12月02日 13:22
「トゥモロー・ワールド」★★★ クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 アルフォンソ・キュアロン監督、2006年アメリカ/イギリス 映画で描かれる未来はどれも 夢も見れないような 暗いものが多い、 第三次世界大戦で世界は崩壊した...
24. トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来  [ 銅版画制作の日々 ]   2006年12月03日 15:42
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままいけば、この...
25. トゥモロー・ワールド(2006)  [ berabo's blog ]   2006年12月04日 00:30
批評No.41 てなわけで、トゥモロー・ワールド(Theater) <a href="http://movie.blogmura.com/in/040420.html"></a>
26. 「トゥモロー・ワールド」  [ お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法 ]   2006年12月14日 02:54
(2006年・英=米/監督:アルフォンソ・キュアロン) 西暦2027年、人類に子供が生まれなくなって18年後、世界は荒廃し、イギリスのみが
27. トゥモロー・ワールド  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2006年12月17日 14:26
4  2027年という年代は、あたかも遠い未来ではない。  今でも近づいている、その先にある世界を描いた作品である。そこに描かれるのは、人類が生殖機能を失ってすでに18年間も子供が誕生していない未来の姿だ。  解決策も無く、人類の未来に悲....
28. 『トゥモロー・ワールド』 2006年144本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2006年12月17日 14:35
3 原因は解らないが子供が産まれなくなってしまった2027年。 世界各地では暴動が起き多くの国が既に崩壊した。 イギリスだけは鎖国政策を採り強権的に国家を維持していた。 その為、国外からの難民の取締は過酷を極め、難民を匿った国民さえも当局の弾圧を受けていた。 そ....
29. トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年12月30日 09:17
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ何と....
30. トゥモロー・ワールド  [ ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○ ]   2007年02月27日 10:29
o 「トゥモロー・ワールド」です。 【ちょっとネタバレ】 子供が誕生しなくなってしまった近未来を舞台に、人類存亡の“鍵”
31. 「トゥモロー・ワールド」 子供は希望  [ はらやんの映画徒然草 ]   2007年03月25日 15:46
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
32. トゥモロー・ワールド 07078  [ 猫姫じゃ ]   2007年04月14日 21:16
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン&nbsp; ジュリアン・ムーア&nbsp; マイケル・ケイン&nbsp; キウェテル・イジョフォー&nbsp; クレア=ホープ・アシティ&nbsp; チャーリー・ハナム う〜ん、、、...
33. トゥモロー・ワールド  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年04月21日 00:42
3 評価:60点 《驚異の長回しだけでも一見の価値有り》
34. トゥモロー・ワールド  [ mama ]   2007年05月08日 01:51
2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー 西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに18年...
35. 銃声と産声  [ ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル ]   2007年05月12日 17:46
『トゥモロー・ワールド』を観た。 2008年、世界中に吹き荒れたインフルエンザにより、消えた子供達。 人類が生殖能力を失ったリアルな世界観。 英国以外全部崩壊した近未来の世紀末。 &nbsp; 昔は治安維持法、『ジャポニカ・ウイルス』は国民保安法、今回は国家治安...
36. トゥモローワールド  [ 映画、言いたい放題! ]   2007年07月03日 09:51
未読ですが原作は、 イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー 「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。 DVDで鑑賞。 西暦2027年。 人間に子供が生まれなくなって18年がたっている。 世界の都市はテロ、様々な疫病や内戦等によ...
37. トゥモロー・ワールド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年06月09日 20:10
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバンの囚...
38. 映画評:トゥモロー・ワールド  [ 写真と映画のブログ ]   2009年04月05日 15:03
2027年のロンドン。 原因不明の不妊症が広がり、世界から子供の姿が消えた。 世界で最も若い少年で知られるディエゴ・リカルドだったが??.
39. 映画評:トゥモロー・ワールド  [ 映画と写真のブログ ]   2009年04月05日 15:03
2027年のロンドン。 原因不明の不妊症が広がり、世界から子供の姿が消えた。 世界で最も若い少年で知られるディエゴ・リカルドだったが、その日の朝、死亡したとニュースが告げていた。 ディエゴ・リカルドのファンの者が、路上で刺し殺したのだ。 18年の短い生涯...
40. トゥモロー・ワールド  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2009年08月03日 23:48
2006年11月上映 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クレイグ・オーウェン...
41. トゥモロー・ワールド  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年08月30日 17:05
唯一の希望を失えば、人類に明日はない

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   2006年11月19日 15:44
どことなく70年代の香りのする、骨太の社会派SF大作でした。
ハリポタでは居心地の悪そうだった、キュアロンの演出にもキレが戻って、なかなかの力作になってましたね。
情報量が多かったんで、あんまり細かいとこまで覚えてないですが、血糊はCGだと思いますよ。
飛び散る液体物ってリテイクが面倒くさいので、最近はCGでやっちゃうのが多いです。
私も一度やった事があります。
2. Posted by メビウス   2006年11月19日 16:13
えめきんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

劇中で至る所に見られた長回しは、自分も見ていてかなり力が入りましたね。
クライマックスの長回しはかなり引き込まれました。DVDが発売されたら、本編よりもメイキング必見ですね(笑
3. Posted by えめきん   2006年11月20日 06:51
ノラネコさん、コメントどうもです。

わざわざCGでカメラに血糊を付けたりするんですね。
確かにカメラに付着する液体なんてなかなか理想通りには
いかないでしょうね。



メビウスさん、コメントどうもです。

これはDVD買いますよ。是非特典映像であの長撮りを特集して
欲しいですね。
これだけ期待して特典ディスクが付かなかったらどうしよう。
4. Posted by とらねこ   2006年11月25日 09:19
おはようございます、えめきんさん♪
TBありがとうございました〜
本当に、あのシーンは、感動させられましたよね。
血糊は、ずっと見てました。
少しづつ薄くなって、一つ一つ消えてゆきましたよ!
今の画像処理でさっさと消せるはずなのに、あれわざと残して映像に入れたんだな、と、演出の一つと思いました。
5. Posted by えめきん   2006年11月25日 17:02
とらねこさん、コメントどうもです。

あの感動的なシーンは感情移入しすぎてて、それをぶち壊しに
した顔もわからないテロリストを本気でぶん殴りたく
なりました(笑)。

血糊はそんなに芸の細かい消え方をしたんですか。血糊が
かかった瞬間に「よし!この血糊が消えないかずっと観てるぞ」
なんて思ったんですが、スクリーンで展開される緊迫した
状況の前に一瞬でその決意がぶっ飛んでしまいました。
6. Posted by にら   2006年12月01日 15:47
今作はどうしても技術面から語りたくなりますよねぇ。
血糊も、着弾の煙も、ピンポン玉も、とCGの助けを借りてるところも多いんですけど、それでもよく回したなぁと感心しました。

でも、ちょっとやり過ぎじゃない?って気もするんですけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
7. Posted by えめきん   2006年12月02日 22:05
にらさん、コメントどうもです。

長撮り好きにはたまらない映画でしたね。
後半のビル爆破は本当に凄いと思いました。あの中を
走りぬいたクライヴ・オーウェンには脱帽です。
8. Posted by berabo   2006年12月04日 00:34
重く深いメッセージ性の強い映画でしたね。
そして、すごくリアルに感じました。
長回しは、終盤の8分間のみならず、冒頭も中盤の元妻が撃たれるところも緊迫感がありました。
そして、エンドロールのラストメッセージ、ズシンとしました。
TBさせていただきました。
また、寄らせてください。

おめでとうコメントありがとうございました。
9. Posted by えめきん   2006年12月04日 06:59
beraboさん、コメントどうもです。

近未来を舞台にしたSF作品であるにもかかわらず、ハンディ
カムによる長撮りの効果で凄くリアルに感じましたね。
10. Posted by 健太郎   2006年12月17日 14:17
3 こんばんは。
未来の話のはずなのに何処か「観た事がある」映像でした。
左翼闘争やイスラエルのパレスチナ侵攻のようで、未来の話には思えませんでした。
赤ちゃんを見て戦火が止んだのが印象的でした。
不妊の理由は明らかにはなりませんでしたが、人類への警鐘のように感じました。
11. Posted by えめきん   2006年12月18日 06:56
健太郎さん、コメントどうもです。

長撮りやドキュメンタリータッチの演出で「今正に起こっている
出来事」として見せていた事が素晴しいですね。
赤ちゃんが鍵になる一連のシーンは本当に印象的でした。
12. Posted by ももも   2007年02月27日 10:32
5 TB出来てるか謎ですが…コメントさせて頂きます☆

この作品、1から10までとにかく地味にどこまでも凄かったです。あらすじも読まずなんとなく観たので、驚愕してしまいました^^;
とっても大好きな一本です!
13. Posted by えめきん   2007年02月27日 22:50
もももさん、コメントどうもです。
TBもちゃんと届いていたのでご心配なく。

この作品ほどDVD化が待ち遠しい作品も珍しいですね。早く
あの神がかり的な撮影の裏側をメイキングで堪能したいものです。

それにしてもこの映画がアカデミー撮影賞を取れなかったとは
意外でした。撮影賞を獲得した『パンズ・ラビリンス』とは
一体どんな映画なんだろう?
14. Posted by ミツ   2007年04月21日 19:54
こんばんは!

「子供が生まれない」というのは派手さはありませんが、確かな恐怖ですよね。大爆発とか分かり易い目に見えた危機ではなく、その恐怖を退廃的な空気で見せたのが面白かったです。

それにしても長撮りは凄かったですよね。凄すぎて笑ってしまいましたよ(笑)でもここまでやってもアカデミー賞撮影賞を逃したんですよね。なかなかこれを越えるのは至難の業だと思います。う〜ん、まだ見ぬ強豪『パンズ・ラビリンス』恐るべし。
15. Posted by えめきん   2007年04月22日 07:29
ミツさん、コメントどうもです。

大作なのに、描かれている恐怖自体はどこかB級の匂いを漂わせて
いる。こういう作品が好きですね。美術面もしっかりしていて、
長撮り効果も加わって臨場感溢れる作品になっていました。

それにしてもこの作品を超える『パンズ・ラビリンス』とは
いかなる映画なのか。公開が待ち遠しいです。
16. Posted by oguogu   2009年08月04日 00:18
2 TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
う〜むぅ!すんごく評価が高い!
血のりがカメラに付いてしまってるなんて、ミスとしか思えないのですが、
逆に考えれば拭き取る暇もないスピード感ってことでしょうか?
でもやっぱり映画なんだからその辺は・・・って気がするのですが。
先が見えなくてドキドキしたことには変わらないですし、ストーリーがすごく評価できることには間違い有りません。
存在するのかは知りませんが、ひょっとすると原作を読んでみるともっと面白いような気がします。
17. Posted by えめきん   2009年08月04日 21:45
oguoguさん、コメントどうもです。

血糊の件はDVDで確認しましたが、煙に巻かれたときにスーッと消えていきました。やはり、上のノラネコさんの指摘通りCGだったみたいです。あえて血糊を付ける事で、ライブ感をさらに増しているんでしょうね。

原作は存在するみたいですが、この映画とはほとんど接点がないみたいです。タイトルと基本設定だけを拝借したのかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔