2007年04月28日

バベル3

3ec47491.jpg

モロッコに暮らす一組の家族が
ある日猟銃を手に入れる。子供達が
その銃を遊び半分で発砲し、その
弾がアメリカ人旅行者を直撃した。
そして物語はその家族から、弾を
受けた旅行者夫婦、夫婦の子供達と
家政婦、そして猟銃の出所である
日本へと広がっていく。



2006年度ゴールデングローブ賞他、多くの映画賞に輝いた
作品。日本でも菊地凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされた
事で話題になりました。その効果もあって劇場はかなりの混雑。
で、僕の両隣に座った客がうるさいんですよ!
左の男は独り言ばっかり言うし、右の男は息をする音がえらい
大きいし。左の男には注意したけど、右の男は別に喋ってた訳
ではないので注意できず。それでも映画の後半には気にならなく
なりました。よかった。

バベルとは創世記の頃、人々が様々な言語を話すきっかけと
なったとされる塔の事。この映画で描かれているのは、そうして
お互いの想いを伝える事の出来なくなった人達の物語です。
発端となった家族は事件によって絆に亀裂が生じ、被害者の
夫婦は周りの人達の冷たい態度に失望し、夫婦の子供達と
家政婦は互いの文化の違いと伝わらない想いに疲弊し、日本
では聾唖の女の子が自分を受け入れてくれない世界に絶望します。
この映画は人と人との繋がりがいかに脆いものなのかをまざまざと
見せ付けてきます。

4つのエピソードの中で一番見応えがあったのはやはり日本の
エピソードですね。菊池凛子がアカデミー賞ノミネートも納得の
演技で物語を魅せてくれます。ただ、このエピソードが一番本筋と
関係無いんですよね。こう言っちゃ何だけど、別に日本が舞台で
なくても良かったような気がします。役所公司も出番少なかったし。

あと、なんで日本語で喋ってるシーンでも日本語字幕が
出てきたんだろう?聾唖の人達のための字幕上映なのかな?



e5125aspaceodyssey at 20:31│Comments(15)TrackBack(48) 映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バベル  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年04月29日 01:22
 アメリカ  ドラマ  監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  出演:ブラッド・ピット      ケイト・ブランシェット      ガエル・ガルシア・ベルナル      役所広司 モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のア ...
2. バベル  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2007年04月29日 08:31
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデング...
3. 『バベル』  [ Sweet* Days ]   2007年04月29日 08:56
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを旅し...
4. バベル / BABEL  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007年04月29日 09:23
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ。ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良かったけ...
5. バベル  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007年04月29日 10:38
                            評価:★6点(満点10点) 2006年 143min 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブラ....
6. バベル  [ Akira's VOICE ]   2007年04月29日 11:00
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
7. バベル  [ スーパーヅカン ]   2007年04月29日 15:08
3 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 、役所広司 、菊地凛子 、アドリアナ・バラーザ
8. 「バベル BABEL 」映画 感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年04月29日 15:58
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
9. バベル  [ シネクリシェ ]   2007年04月29日 16:16
 まぎれもない佳作ですし、非常に印象に残る作品でしたが、見終ったあとなんとなく煮え切らないものが残りました。  自分にとって今年最大の期待作だっただけに、どこと
10. 『バベル(BABEL)』  [ *+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+* ]   2007年04月30日 00:09
「ねえ、あなたは悪人なの?」「いいえ、悪人ではないわ。ただ愚かなことをしてしまっただけ・・・」    「愚か」なことは「罪」なのか・・・「愚か」なことは「悪」なのか・・・人は皆、誰もが「愚か」であり「愚か者」が犯した過ちは「悪」と呼ばれ、「愚か者」には...
11. 「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー  [ オールマイティにコメンテート ]   2007年04月30日 00:38
5 「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描かれ...
12. 『バベル』  [ 映画大陸 ]   2007年04月30日 11:24
 名古屋駅前に高層ビルが次々と建設されています。先日オープンしたばかりの天下のトヨタ様のミッドランドスクエアがその筆頭と言えるでしょう。そのせいで随分と名古屋駅前の景観が変化したものです。  そんな高層ビル建設ラッシュの名古屋駅周辺でなかなか独創的な形を....
13. 映画 【バベル】  [ ミチの雑記帳 ]   2007年04月30日 17:38
試写会にて「バベル」 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞作。 モロッコ、日本、メキシコを舞台に進行するドラマを交互に描く群像劇。 ・モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)のエピソード ・モロッコの山羊...
14. 【2007-62】バベル(BABEL)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2007年04月30日 23:44
3 それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....
15. バベル  [ 利用価値のない日々の雑学 ]   2007年05月01日 12:41
作品タイトルが「バベル」とあって、勿論これはバベルの塔のことを指す以外に何物でもなく、その旧約聖書にある「バベルの塔」の話の内容は、アダムとイヴのエデンの園と同じくらい聖書を知らない人でも知っている話である。この作品はタイトルが「バベル」であった分、相...
16. 真・映画日記『バベル』  [            ]   2007年05月01日 16:07
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリアガ...
17. バベル(試写会)  [ カリスマ映画論 ]   2007年05月02日 05:05
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 壁を越え、繋げよ・・・その心 
18. バベル  [ 空想俳人日記 ]   2007年05月02日 12:01
バベルの塔 築く狸の 皮算用   この映画「面白いの?」と問われれば「面白くない」と応えてしまう。「ふうん」。そうじゃないんだ、そういうことじゃないんだ、それだけのことじゃないんだ。そう心の中が焦っている、続きを言わねば、それで終わってしまう。でも
19. バベル  [ O塚政晴と愉快な仲間達 ]   2007年05月03日 12:26
ニュースによると、この映画を観て気分が悪くなった人もいるとか。 確かに問題のシーンは、しばらく画面がチカチカしてたけど、子供じゃないんだから気分悪くなる前に目をそらせばいいだけじゃん。 と思う。 バベル ★★★☆☆ ??ネタバレ少なめ?...
20. 伝わらない思いのもどかしさ。~「バベル」~  [ ペパーミントの魔術師 ]   2007年05月03日 19:04
精神的にしんどかったのは菊池凛子さんがやってた チエコちゃんかもしれんし、 露骨に命の危険にさらされたケイト・ブランシェット演じる 奥さんも大変やったと思うけど ・・・いちばんかわいそうやったんは オトナの都合で砂漠のど真ん中にほったらかされた この子らちゃ....
21. バベル  [ C'est Joli ]   2007年05月04日 16:23
4 バベル’06:米 ◆監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ「21グラム」「アモーレス・ペロス」◆出演:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 ガエル・ガルシア・ベルナル 、 役所広司 、 菊地凛子、アドリアナ・バラッザ ....
22. 映画「バベル」  [ 今日感 ]   2007年05月05日 00:05
140分近い映画ですけど、そんなに長く感じませんでした。話に引き込まれるし、考えさせられる。すべてを説明し尽くしてくれる映画じゃなくて、観客に考えることをさせてくれる名作です。
23. 菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」  [ 「ボブ吉」デビューへの道。 ]   2007年05月05日 01:55
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に面白...
24. 映画「バベル」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2007年05月05日 11:57
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(...
25. バベル  [ シニカル・ヒストリー・タワー ]   2007年05月05日 20:45
http://babel.gyao.jp/ 「バベル」というからにはバビロンとかバベルの塔をイメージして見るようにいっているのだな。と思いながら見始めた。 モロッコ、アメリカ、メキシコ、東京。それぞれの国の言葉を話し、それぞれの人生を生きている人々がいる。一...
26. バベル  [ 悠雅的生活 ]   2007年05月05日 22:22
繋がらない心。繋がる思い。
27. 「バベル」  [ SolPoniente ]   2007年05月06日 12:22
「バベル」 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急...
28. 映画「バベル」を見に行きました  [ have a heart to heart talk ]   2007年05月06日 14:41
こんばんは   とうとうGWもあと1日となってしまいましたね(:_;)   今日は日本人女優、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも有名な映画「バベル」を見に行きました。   (ストーリー) モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャ...
29. BABEL  [ ∞最前線 通信 ]   2007年05月06日 16:53
こんばんは、龍司です 昨夜、映画を見ました(^^     ↓↓↓ 「BABEL」 ?(バベル) 日本でも4月28日に公開され、 クラブで踊るシーンの激しいライトの点滅で倒れてしまう方が出たことや、 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-000000
30. バベル  [ ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○ ]   2007年05月09日 09:40
あんまり気が進まなかったんですが。「バベル」見ました。 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦の
おれが常に憤りを感じるのは、日本人が安易に叙情に傾倒する、ほとんど宗教的とも言える思い込みでそれを「よいこと」だと信じて疑わない閉塞的な状況なのだ。
32. 『バベル』  [ ・*・ etoile ・*・ ]   2007年05月13日 04:32
'07.05.09 『バベル』@日比谷スカラ座 「モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦。バスで移動中、ヤギ飼の少年兄弟が戯れに撃った銃弾が妻に当たってしまう。銃の持ち主の娘で聾唖の女子高生チエコは孤独をつのらせていた・・・」という話で、アメリカ人夫婦の2人の子供とメキ....
33. 【劇場映画】 バベル  [ ナマケモノの穴 ]   2007年05月15日 22:17
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村...
34. ★「バベル」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007年05月16日 03:54
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
35. 「バベル」  [ やまたくの音吐朗々Diary ]   2007年05月19日 23:59
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャ...
36. #71.バベル  [ レザボアCATs ]   2007年05月20日 10:53
モロッコを旅するアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)の乗ったバスに突然、一発の銃弾が放たれた。テロを政府が警戒し、国際問題にまで発展するが、実はその銃はとある現地の案内人に、旅行で狩猟に来た、とある日本人が与....
37. 映画レビュー#51「バベル」  [ Production Rif-Raf ]   2007年05月24日 06:04
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(エター...
38. BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!  [ 銅版画制作の日々 ]   2007年05月25日 21:15
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ーー...
39. 話題作 バベル 観てきました。  [ よしなしごと ]   2007年06月10日 00:02
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
40. ブラッド・ピットの似顔絵。「バベル BABEL」  [ 「ボブ吉」デビューへの道。 ]   2007年06月15日 11:14
映画「バベル」、2回目の鑑賞を目論んでたんですが、時間が合わず、 残念ながら今週上映が終了してしまいました。 「期待外れだった。」「よくわからなかった。」という感想も、 数多く見られたんですが、僕は、時間が経てば経つほど。 確かめたい事が膨らんできてたんで...
41. mini review 07075「バベル」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2007年09月23日 04:22
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言...
42. バベル  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2007年10月01日 23:29
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、早速...
43. 『バベル』'06・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2008年01月03日 22:12
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
44. 【映画DVD】バベル  [ なにこれブログ ]   2008年03月31日 11:01
 今月は昨年、良くも悪くも話題になった映画「バベル」を借りてきました。  映画のあらすじは以下の通りです。?? ==============================...
45. バベル  [ mama ]   2008年12月25日 15:46
BABEL 2006年:アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ 、エル・ファニング 夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅するリ...
46. 『バベル』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2008年12月28日 20:56
『バベル』を観ました『アモーレス・ペロス』、『21グラム』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの場所で孤独な魂どうしが織りなす愛と哀しみ、再生への希望の物語が...
47. 「バベル」心の壁  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2010年05月14日 08:49
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうすれ...
48. 神は、人を、分けた。「バベル」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年10月13日 00:58
【関連記事】 バベル(ブラッド・ピット) 壁紙

この記事へのコメント

1. Posted by Eureka   2007年04月30日 00:33
はじめまして。
日本というアフリカやアメリカから
地理的に離れたところに
もう一つ物語を作りたかったんでしょうね。
中国でも良かったのかも。
それにしてもチエコが書いた手紙の内容が
すごくきになります。
それがわかれば彼女の奇行も
理解されやすくなると思うのですが・・
2. Posted by えめきん   2007年04月30日 07:13
Eurekaさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

言語の違うもう一つの国を用意したかったのは解かりますし、
それを「安全」というイメージのある日本にしたのも解かります。
だからこそもう少し明確に事件にからめて欲しかったですね。
チエコなんて事件に何の関係も無いし。

あの手紙には何が書いてあったんでしょうね。でもあの辺りは
含みを持たせたまま終わった方が良かったのかもしれませんね。
3. Posted by 蔵六   2007年04月30日 11:45
 こんにちは!

 隣で独り言をブツブツ言う奴がいたなんて最悪ですね。
 僕も以前映画を観に行った時に鼾がうるさい奴がいました。これも最悪です。注意しようにも席が離れているので注意すら出来ないもどかしさ。結局そいつは最初から最後までずっと寝てました。寝たいならサウナでも行けよって話ですよね。

 日本語のパートで日本語字幕が出るのは確か聾唖の方のためだったと思います。
 ちょっと前に「聾唖を扱った映画なのに字幕が無いとはあまりに不親切」なんて言われていた記憶があります。でも、あの描き方を見たら聾唖の方も怒ってしまうんじゃないかなって気も少ししますが・・・。
4. Posted by ミチ   2007年04月30日 17:43
こんにちは♪
日本のパートだけは本当に異色でした。
だからなおさら印象に残っています。
菊池凛子の文字通りの体当たり演技には驚きました。
高校生には見えなかったけれど、外国人から見れば大丈夫なのかな。
5. Posted by えめきん   2007年05月01日 07:12
蔵六さん、コメントどうもです。

>隣で独り言をブツブツ言う奴がいたなんて最悪ですね。
ええもう最悪でしたよ。ああいう人達は自分のせいで映画の雰囲気が
台無しになっている事に気付かないんですかね。注意したら
黙ってくれましたけど。

字幕はやっぱり聾唖の方のための処置だったんですね。そういう
対応は評価しますが、強烈な点滅に対する配慮もすべき
でしたね(笑)。



ミチさん、コメントどうもです。

菊池凛子はたしかに高校生には見えませんでしたね。まぁそれは
邦画でも同じですが。最近では『バッテリー』が強烈でしたね。
洋画の場合は、有名俳優が高校生を演じていても違和感がないので
外国人の場合は違和感が少ないんじゃないでしょうか。
6. Posted by Ageha   2007年05月03日 19:03
余談になりますが、
久々にまともなジャパンを見たような気がしました。
「ワイルドスピード」とかから比べたら
アハハハハ・・・。
にしても、渋谷あたりのチョット過激な女子高生
が日本の少女のイメージなら
それはそれでコワイ。
ヤマンバよりマシですが。(ノ*゚▽゚)ノ

えめきんさんはチカチカ・・大丈夫でした?

部屋を明るくして・・はムリやし(笑)
ましてや時おり目をそらすのも手ですとかいわれたって
劇場じゃ・・ね〜〜〜。
7. Posted by えめきん   2007年05月03日 19:56
Agehaさん、コメントどうもです。

>えめきんさんはチカチカ・・大丈夫でした?
とりあえず大丈夫でしたが、「あぶないなぁ」と思いながら
観てました(笑)。

>久々にまともなジャパンを見たような気がしました。
確かに間違った日本は描かれて無かったですね。ただ、正しい日本の
中でも「誇れない部分」が強調されていたのがちょっと
痛かったです。
8. Posted by ももも   2007年05月09日 09:36
2 こんにちは。TB失礼します。

独り言をいう客、イヤですね。
私も上映時、後ろのおっちゃんが「お、脱いだ脱いだ☆イエ〜イ」とか「あれはドラッグ!」とか(ニワトリの首チョンパを見て)「いったね〜うおー」とか言ってるのが本気でウザかったので「バベル」、かなりつらい映画になってしまいました。(苦笑)

で、本作ですが日本を絡ませる理由が全くわからなくてそこだけどうしても感情移入出来ず…でした。
9. Posted by えめきん   2007年05月09日 20:18
もももさん、コメントどうもです。

そのおっちゃんはかなりウザそうですね。僕だったら絶対注意
してますよ。

日本編の存在自体は必要だったと思いますが、日本である必要は
なかったですね。もう少し密接に本筋と絡めてくれればそんな
疑問も抱かなかったと思いますが。
10. Posted by 香菜   2007年05月10日 08:42
みなさん、いろんなことを考えて見ておいでですね。
映画に行く時は大抵一人なので、皆さんのコメントを
拝見して(ほー!なあるほど)と参考になりました。

こちらのコメントには公式HPを見てからと考えていましたが、
パソコンの問題で結局は見られませんでした。

この映画は前宣伝が上手でしたね。
「ダヴィンチコード」のモナリザみたいに、ペーテル・
ブリューゲルの絵をポスターに使っていました。

聖書を勉強しているかたにそのあたりの話を聞くきっかけになりました。
でも、本編には予告以上のものは無くがっかりでした。
ブラッド・ピッドも輝いていたわけじゃなかった。
凛子さんの高校生役にも驚いたし、理解できない部分も
あったし(それこそバベル?)
モロッコの現状やアメリカの越境問題は伝わったかな。
(*「バベル」はへブライ語で〈混乱〉の意だそうですね)
11. Posted by えめきん   2007年05月11日 07:06
香菜さん、コメントどうもです。

「バベル」って混乱って意味だったんですか。知らなかった。
こういう作品的にもテーマ敵にも難しい映画は、やっぱり色々と
考えてしまいますね。予告を観た時は「人々は解かり合えない」
というのがテーマに思えましたが、映画を観るとそれ以上に
深いものを感じましたね。
12. Posted by とらねこ   2007年05月22日 00:52
えめきんさんへ

こんばんは〜☆TB失敗したと思って(確認したのにー)、コメント書かなくてごめんなさい。
隣の人がうるさいのって、本当いやですよね。
私は、実は、『ホリディ』の時、隣の人がもう、いちいち「あーーーーーーーーーーー」って低音を響かせるんです。本当、ブチ切れそうになりました。
おかげで、いいところで全てなぜかムッとすることになってしまい、ほとほと辛かったです。
それも、試写会に行ったのがいけなかったんでしょうね。映画館とは違って、時間潰しに、なんでもいい、っていう人が試写会には居る気がします。
13. Posted by えめきん   2007年05月22日 07:05
とらねこさん、コメントどうもです。

いえいえ、全然気にしてませんよ。livedoorの調子が
悪いのはいつもの事ですし。

連れの人と喋りだす人はまだ分かるんですが、独り言を言う人って
一体何を考えてるんでしょうね?迷惑って思わないんでしょう
かね?

僕は試写会で喋る人は観た事がありませんが、試写会に必ずと
言っていいほどいる人ならいますよ。その人、大抵列の先頭に
並んでいるんですが、よっぽど暇なんでしょうね。
14. Posted by ノルウェーまだ〜む   2010年05月14日 08:54
えめきんさん、ごぶさたしてます。
ロンドン市内で引越しも終わり、ようやくずっとあたためていたこの映画を見ました。
確かに本筋から一番遠い日本のパートが、長かったですね。
女子高生チエコの行動にはあんぐりしちゃいましたが、ある意味この映画の最も重要パートをラストのシーンで見せ付けてくれたと思います。
15. Posted by えめきん   2010年05月17日 06:43
ノルウェーまだ〜むさん、コメントどうもです。

引越しご苦労様でした。そしてその後にこんなに小難しくてハードルの高い映画にチャレンジ、本当にお疲れ様でした(笑)。
日本のパートが一番出来が良かったとは思いますが、もう少し他のエピソードとのリンクを見せて欲しかったですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔