2007年07月18日

ブリッジ3

249daa73.jpg

ゴールデンゲートブリッジ。世界最大級の
吊り橋であり、サンフランシスコの
観光名所の一つでもあるこの橋には、
「世界最大の自殺スポット」という
もう一つの顔があった。そんな裏の顔を
固定カメラを使って一年間記録し続けた、
自殺という行為に迫る異色の
ドキュメンタリー映画。


ゴールデンゲートブリッジで自殺した人は累計で1250人にものぼる
そうです。なぜこの橋はそんなにも命を絶とうとする人達を引きつける
のか。そして自殺した人の家族や友人はどんな心境なのか。実際に
自殺をしようとした人はその時何を思っていたのか。そんな事を
綴ったドキュメンタリーです。

ゴールデンゲートブリッジと言えば、『X−MENファイナル
ディシジョン』
でマグニートー様の最大の見せ場となった場所。
他にも『ゾディアック』『ザ・コア』等、多くのハリウッド映画にも
登場するアメリカを代表する建築物です。この映画に写るゴールデン
ゲートブリッジも、とても壮観で幻想的ですらあります。向こう半分が
雲にかかった橋、町の風景の向こうに見える橋、子供達が遊ぶ
公園から見える橋。そんな静かで美しい橋の下から、何の前触れも
なく水しぶきが舞い上がる。見知らぬ誰かが橋から身を投げて・・・。

この映画は身を投げる人を克明に映し出しています。もちろん血
なんか出てきませんし、死体が川から浮かび上げってくる事も
ありません。大きな水しぶきが上がるだけです。でもそれが逆に
リアルで、自殺という行為に関して深く考えてしまいます。
自殺する人の抱えている絶望ってどの位の大きさなのだろう?
自分が抱えている感情とどれほど違うものなのだろう?もし死後の
世界があったら、自殺した人達は自分の行為が正しかったと
思うのだろうか?
そんな事を考えてしまいます。

なんだか映画の話じゃなくなってきましたね。ドキュメンタリー映画は
その題材に興味を持ってもらうための媒体という側面も持っていると
思っているので、こんな風に考えるのもアリかなと思います。



e5125aspaceodyssey at 19:34│Comments(6)TrackBack(10) 映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. #98.ブリッジ  [ レザボアCATs ]   2007年07月18日 20:26
アメリカ、サンフランシスコ。風光明媚な観光地である、ゴールデンゲート・ブリッジは、世界最大の自殺の名所でもあると言う。このドキュメンタリー映画は、これまでに描かれた中でも本当にタブーを扱っていて・・・“人が死ぬ瞬間”を描いている。テーマは、自殺だった。
2. ブリッジ  [ カノンな日々 ]   2007年07月18日 21:39
最初にこの映画のポスター(チラシだったかな?)を目にした時は、サンフランシスコの美しいゴールデンゲートブリッジを舞台にしたオムニバスラブストーリーかと思ったりもしたんだけど、とんでもない見当違いで予告編を観て呆然。なんとなんと、ゴールデンゲートブリッジから....
 今年一番の大本命(?)ハリーポッターと不死鳥の騎士団を先行ロードショーにて観てきました。
4. 「ブリッジ THE BRIDGE」 映画 感想  [ Wilderlandwandar ]   2007年07月18日 22:22
何かの映画祭で凄い話題になったらしい、という噂を聞いていた、サンフランシスコのゴ
5. 『ブリッジ』  [ 映画大陸 ]   2007年07月18日 23:12
 大阪から別府へと向うサンフラワー号の甲板から海を覗き込んだ事がある。  当時、少し暑くなり始めた季節だったので甲板に出て夜風に当たる事にしました。室内もそれなりに冷房が効いていたのですが、雑魚寝のタコ部屋で涼んでいるよりは周りに誰もいない場所で夜風に....
6. ブリッジ  [ 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 ]   2007年07月19日 10:02
 アメリカ  ドキュメンタリー  監督:エリック・スティール  出演:                【物語】 美しく荘厳なフォルムで見るものを魅了するサンフランシスコの巨大吊り 橋“ゴールデンゲートブリッジ”。アメリカを代表する観光名所として知 ...
7. ブリッジ ≪問題提起するどころか、自殺を賛美してどうする≫  [ シオぴ&ミツのレンタル☆キャット ]   2007年07月19日 21:34
2 THE BRIDGE 評価:30点 命をめぐる7つの実話 ゴールデンゲート・ブリッジ、世界最大の自殺の名所。 この美しく巨大な橋でカメラが捉えた心揺さぶる真実の記録。 【監督】エリック・スティール 【製作】エリック・スティール ....
8. 真・映画日記『ブリッジ』  [            ]   2007年07月30日 22:24
7月10日(火)◆497日目◆ 最近、日記でテレビドラマも取り上げるようになったけど、 あくまでも本命は映画です。 まあ、ドラマはたかだか45分くらいなので、一日2本は見ようと思えば見れる。 午後7時半、恵比寿ガーデンシネマで『ブリッジ』を見る。 これどうやっ...
9. ブリッジ:映画  [ ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介 ]   2007年12月10日 01:03
今回紹介する映画は、衝撃映像のドキュメント作品の『ブリッジ』です。 映画のストーリー 毎年900万人の観光客が訪れるサンフランシスコの象徴、ゴールデンゲート・ブリッジ、全長:2,790m、高さ:230m、海までの距離:66m。 そこはアメリカを代表する観光地であると同時に...
10. ブリッジ  [ t011 ]   2008年03月21日 19:03
明日はまた冷えこんでが降るとか降らないとか 東京の雪はベチャベチャだし、靴も濡れるから嫌なんだよなあ。 見た瞬間はテンション上がるんだけど連 次第に殮殮殮 でもって、ブリッジって映画を見たんだ。 観光....

この記事へのコメント

1. Posted by とらねこ   2007年07月18日 20:32
こんばんは、えめきんさん。
そうですね、ドキュメンタリー映画は、本当に自分の人生や、生きる社会と直結しているなあ、と感じたりしますね。
『シッコ』も、見るのどうしようか、と考えつつ、結局見たくなってみてしまうのかなあ、なんて思います。
この映画は重い内容でしたが、えめきんさんは、こうした内容を、避けずに通って、偉いですよね。
何でも見ようとするところが、えめきんさんのいいところだと思います。
なんて、えめきんさんのお姉さんでもないのに、えらそうにすみません。
2. Posted by くまんちゅう   2007年07月18日 22:25
こんな重くるしい映画の感想にマグニートーとか言ってたのが自分だけじゃなくて安心しました、見た直後落ち込んじゃって何かネタ入れないと感想書けない精神状態だったので入れちゃったから、あとでまづかったかな、なんて心配しちゃったんですよね。
3. Posted by 蔵六   2007年07月18日 23:18
 こんばんは!

 この映画、ちょっと分かりづらく感じる部分もありましたが、関心を持って観る事が出来ました。
 ゴールデンゲートブリッジの通路側に立つか、それとも欄干に立つか。本当に生と死って表裏一体の存在なのかななんて考えてしまいました。
 にしても一年間カメラを固定して撮影したとは言え、良くあれだけの衝撃ショットを撮れたものですね。それだけ自殺者が多いって事なんでしょうかね?

 それはそうと『ザ・コア』って懐かしい(笑)。
 これも相当な底抜けバカ映画でしたよね。
4. Posted by ミツ   2007年07月19日 10:06
こんにちは!

自殺する気なんて、さらさらありませんがゴールデンゲート・ブリッジには行きたくなりましたよ。その魔力を体感してみたいですね。

あと、ドキュメンタリー映画って、その映画自体をあれこれ語るというより、そのテーマに対して考えさせられてしまう度合いが強いんじゃないでしょうか?だから映画の話ではなくなってしまうのも自然な事だと思いますよ。って、えめきんさん自身もう既に同じことを言っていますね。繰り返す言うのは無用でした(汗)
5. Posted by えめきん   2007年07月19日 17:22
とらねこさん、コメントどうもです。

マイケル・ムーア監督作品は大好きなので、『シッコ』は凄く
期待しています。とらねこさんも是非。

>えめきんさんのお姉さんでもないのに、えらそうにすみません。
いえいえ、全然かまいませんよ。むしろ誉めて頂いて嬉しいです。
いっそとらねこさんのことを「姐さん」とお呼びしましょうか(笑)。



くまんちゅうさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

僕もこのシリアスな映画の感想に、マグニートー「様」なんて
書いていいものか悩みましたが、マグニートー様を愛する者
としてやっぱり書かなくてはいけないな、と(笑)。
6. Posted by えめきん   2007年07月19日 17:29
蔵六さん、コメントどうもです。

映画としては不親切な部分もありましたが、「自殺」に関する
多くの問題が見えてきた点は良かったと思います。
ゴールデンゲートブリッジには、確かに生と死が曖昧な
危うさがあるのかもしれませんね。

『ザ・コア』は橋のシーンだけがお気に入りです(笑)。



ミツさん、コメントどうもです。

僕も自殺する気はありませんが、ゴールデンゲートブリッジ
には行ってみたいですね。橋の真ん中でマグニートー様
みたいにキメポーズをとりたい!(笑)
ドキュメンタリー映画って、その事柄を考えるきっかけを
くれるんですよね。ミツさんも同じ考えを持ってくれていた
ので僕も嬉しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔