2008年06月23日

イースタン・プロミス4

ef885b97.jpg

助産師・アンナが勤める病院に妊娠した
14歳の少女が運び込まれる。少女は
そのまま息を引き取るが、赤ん坊は
一命を取り留めた。少女の残した日記
からアンナはあるレストランに辿り着くが
そこはロシアン・マフィアの拠点だった。
そこでアンナは、マフィアの運転手・
ニコライと出会う。


『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続くヴィゴ・モーテンセンと
デヴィッド・クローネンバーグのタッグ作。前作同様、非常に過激な
内容でR-18指定を受けています。このレーティングを逆手にとって
オリジナルではボカシの入っていたシーンを、日本版では無修正に
した
らしいです。

『ヒストリー・オブ・バイオレンス』は徹底的に暴力を描いていました。
ヴィゴ・モーテンセン演じる主人公は、自身の暴力性を優しさと寡黙さ
で隠していました。しかし今回の主人公ニコライは全く逆で、優しさを
暴力で隠しています。冷徹でありながら、至る所で冷徹の一言では
表せない一面を見せます。中途半端な印象を受けますが、その理由
は後々判明します。前作と同じカテゴリでありながら内面が全く違う
キャラクターをモーテンセンが見事に演じていましたね。

グロ描写は少ないながらも相変わらず衝撃的です。冒頭から
『スウィーニー・トッド』ばりの喉掻っ捌きシーンが登場。さらに
中盤にはさらに発展型の掻っ捌きが待っています。でも一番凄いのは
やはりサウナの大乱闘。モーテンセンがマッパで大暴れします。
ボカシが一切ないので終始ナニが丸見え。さすがアカデミー賞
ノミネートの熱演です(これで評価された訳ではないと思うけど)。
このシーンは裸のニコライが次々とナイフで傷を負っていくので
その辺りも衝撃的です。

前作よりも少々複雑になっていて、個人的には前作の方がシンプル
で好きですがこっちもなかなか。
ニコライはその後無事に暴力から解放されたのでしょうか。



e5125aspaceodyssey at 21:34│Comments(10)TrackBack(27) 映画のレビュー・あ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. イースタン・プロミス  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2008年06月24日 00:34
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て....
2. イースタン・プロミス(映画館)  [ ひるめし。 ]   2008年06月24日 11:06
ここでしか、生きられない。
3. 「イースタン・プロミス(EASTERN PROMISES)」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2008年06月24日 20:54
ロード・オブ・ザ・リングのキャプテンアラゴルン、キングテレコンタールことヴィゴ・モーテンセンがアカデミー主演男優賞にノミ
4. イースタン・プロミス  [ シャーロットの涙 ]   2008年06月24日 22:57
「イースタン・プロミス」…東欧組織による人身売買契約
5. 「イースタン・プロミス」  [ てんびんthe LIFE ]   2008年06月25日 13:04
「イースタン・プロミス」シャンテシネで鑑賞 映画館で作品をみるにあたり、1800円の正規料金を払ってみることは1年のうちでも数回しかありません。 特に韓フェスなど割引がきかない企画ものをぬいたらほとんどないんですが、これはシャンテ上映の前売りがとうとう...
6. イースタン・プロミス  [ サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画 ]   2008年06月25日 21:41
      = 『イースタン・プロミス』  (2007) = イギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院で、ロシア人少女が出産直後に死亡した。 アンナは、少女が遺した日記を頼りに、孤児となった赤ん坊のために身元を調べ始める。 日...
7. 『イースタン・プロミス』  [ マガジンひとり ]   2008年06月27日 15:04
Eastern Promises@有楽町シャンテシネ、デイヴィッド・クローネンバーグ監督(2007年イギリス=カナダ) 全裸で挑んだファイトシーンに衝撃!(NEWSWEEK誌) イギリス、ロンドン。アンナ(ナオミ・ワッツ)が勤める病院に妊娠中のロシア人少女が運び込まれた。少女は出産の...
8. 『イースタン・プロミス』 (2007) / イギリス・カナダ  [ NiceOne!! ]   2008年06月29日 07:15
原題:EASTERNPROMISES監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>病院で働くアン...
9. コレぞ男の色気です【イースタン・プロミス】  [ 犬も歩けばBohにあたる! ]   2008年07月03日 14:53
デヴィッド・クローネンバーグ最新作『イースタン・プロミス』を見てきました。 ここ
10. イースタンプロミス  [ ★試写会中毒★ ]   2008年07月06日 21:35
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:デヴィッド・クローネンバーグ キャスト:ヴィゴ・モーテンセン       ナオミ・ワッツ       ヴァンサン・カッセル       アーミン・ミューラー=スタール       イエジ...
11. 『イースタン・プロミス』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2008年07月18日 17:19
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニー...
12. イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・?  [ 銅版画制作の日々 ]   2008年07月19日 09:25
  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる   7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところか...
13. 【2008-168】イースタン・プロミス  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2008年07月22日 23:15
4 人気ブログランキングの順位は? 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であっても──
14. デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た!  [ とんとん・にっき ]   2008年07月26日 23:29
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、
15. 『イースタン・プロミス』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2008年07月29日 22:05
仕事帰りに、池袋のシネ・リーブル池袋で『イースタン・プロミス』をレイトショーで鑑賞。 ******************** 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びコンビを組んだ戦慄のバイオレンス・サスペンス。...
16. 【イースタン・プロミス】  [ 日々のつぶやき ]   2008年08月23日 13:01
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか
17. イースタン・プロミス−(映画:2008年54本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2008年09月23日 01:22
監督:デヴィット・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 評価:86点 ヴァンサン・カッセルにナオミ・ワッツという、私の好きな俳優が主役級で登場してるのだからそれを見ているだけでうれしくなってくる。 今回の....
18. 『イースタン・プロミス』 2008年82本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2008年10月24日 23:56
4 『イースタン・プロミス』 2008年82本目 9/18(金)仙台フォーラム ロンドン・ギャング。しかもロシアン・マフィア。 なので只でさえ重く暗いのが更に重く暗くなってました。 ********************************************** 助産師のアンナはある晩少女の緊急出産....
19. 「イースタン・プロミス」  [ 心の栄養♪映画と英語のジョーク ]   2008年11月19日 19:52
クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を調...
20. 映画『イースタン・プロミス』を観て  [ KINTYRE’SDIARY ]   2009年01月28日 09:14
62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス...
21. 【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2009年03月06日 21:47
今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) 夜勤明けの土日な現在なのですが、 以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです{/face_hekomu/} 昨日も今日も寝てばっかりで{...
22. イースタン・プロミス  [ めでぃあみっくす ]   2009年05月14日 20:50
とても渋い映画でした。そしてとてもデビッド・クローネンバーグ監督作品とは思えないくらいに格好いい映画でした。ヴィゴ・モーテンセンのモザイクなしで全裸格闘シーンが何かと話題になっていた映画でしたが、個人的にはそのシーンよりも彼の一挙手一投足がとにかく渋くて....
23. イースタン・プロミス  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年07月09日 15:37
ここでしか、生きられない。
24. 『イースタン・プロミス』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年09月19日 21:40
『イースタン・プロミス』を観ました『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンスです>>『イースタン・プロミス』関連原題: EASTER...
25. イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD)  [ 映画を感じて考える??大作、カルトムービー問わず映画批評 ]   2010年02月21日 13:33
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...
26. 『イースタン・プロミス』'07・英・加・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年04月09日 20:46
あらすじ病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれ女の子を産み落とし、息を引き取る。赤ん坊の親類を探しに、少女のバッグに入っていたロシア語の日記から、ロシア料理レストランに向かうが・・・。感想アカデミー賞主演男優賞ゴールデン・グローブ作品賞ノミネー...
27. イースタン・プロミス  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2011年02月06日 21:43
2008年6月上映 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 主演:ヴィゴ・モーテンセン他  果たすべき約束がある、例えあなたが何者であったとしても・・・任侠映画みたいだったなw...

この記事へのコメント

1. Posted by くまんちゅう   2008年06月26日 21:12
成る程、言われてみれば前作とは逆の人物だったかもしれません。
冷たい視線の奥にある表情が素晴らしかったです。
この表現が出来るとは思ってませんでした。
今回は雰囲気が気に入ったのでした
マッパアクションには敢えて触れないで帰ります
2. Posted by えめきん   2008年06月27日 07:39
くまんちゅうさん、コメントどうもです。

>マッパアクションには敢えて触れないで帰ります
そうしてください(笑)。あそこは(いろんな意味で)見せ場
ではありますが、決して映画の主題ではありませんからね。
ただ直感的に映画を観る僕としては、あのストレート過ぎる描写
は凄いインパクトがあったんですよ。

>冷たい視線の奥にある表情が素晴らしかったです。
ヴィゴ・モーテンセンはどんどん上に行きますね。もう一度
くらいはクローネンバーグ作品に出演して欲しいです。
そして今度こそオスカーを!
3. Posted by 健太郎   2008年10月24日 23:54
2 すっかり遅くなってしまいましたが、観てました。

ロンドン・マフィアものかと思ったらロシアン・マフィア。
なのでより重く暗い、重厚な男のドラマが楽しめました。
ロシアン・マフィアの掟やしきたりがきっちりと描かれていて、ロシアン・テイストがとても詰まってましたね。

馬鹿息子に甘いのは万国共通か。
結局、下っ端は使い捨てにされるのね。
とか思ってたら、あんなオチが有るとは意外でした。

渋い役者が揃っていて、見所満載でした。
サウナはガチンコでしたしね。
4. Posted by えめきん   2008年10月25日 07:07
健太郎さん、コメントどうもです。

どうしようもない馬鹿息子に父親が翻弄される映画って結構ありますよね。先日観た『ロード・トゥ・パーディション』もそうでした。

役者陣では、やはりヴィゴ・モーテンセンが輝いてましたね。苦悩を隠した演技が印象的でした。
5. Posted by 健太郎   2008年10月28日 17:11
4 こんばんは。又来ました。
TB&コメントありがとうございます。

息子はバカ息子な上に親父が腹黒いとあってはどうにもなりませんね。
あの先は息子が上手く利用されるのでしょうか?

>ヴィゴ・モーテンセン
見た目と内面のギャップが良かったですね。
後は「裸の勝負」。
「男は裸で勝負だ」とか云いますが、正にそのとおりでしたからね。
6. Posted by えめきん   2008年10月29日 07:03
健太郎さん、コメントどうもです。

バカ息子のその後は気になりますね。あそこから心機一転して上り詰めていって欲しい気もしますが。

ヴィゴは相変わらずの存在感でしたね。裸ファイトに挑戦したガッツも賞賛します。
7. Posted by にゃむばなな   2009年05月14日 20:46
オリジナルはボカシが入っていたんですか。
普通はオリジナルがボカシなしが多いのに、ちょっと不思議だなって思いました。

まぁ大きく映っていないとはいえ、それでもそこそこ揺れてましたからね。
映倫の基準ってどうなっているんでしょうね(笑)
8. Posted by えめきん   2009年05月14日 21:11
にゃむばななさん、コメントどうもです。

たしかアメリカではR−15だった気がします。日本ではさらに厳しいR−18になったんですが、そのおかげでボカシなしが実現できたんだそうです。個人的に映画でボカシが出てくるのが嫌いなので(ボカすくらいなら上手く隠れるように撮影しろって思うんです)、レーティングを上げてボカシを取ってくれるのは大歓迎です。
9. Posted by oguogu   2011年02月06日 21:57
4 TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
ヴィゴのフルチ○での喧嘩には力が入りましたねw
私もぼかしは基本的に好きではありません。
うまく隠せないモノかなぁ。
ダメならそのまま写して18禁にすればいいのです。
どっちにしろ、こんなバイオレンスモノは
ガキは見なくてOK(爆
10. Posted by えめきん   2011年02月06日 22:34
oguoguさん、コメントどうもです。

そういえばこの映画はボカシが入っていませんでしたね。大人の男なら18禁でちゃんとボカシなしでいけるんですね。
『ぼくのエリ』という作品では少女の恥部が見えるシーンがあるんですが、日本ではたとえ18禁でも絶対に規制がかかってしまい、泣く泣く該当シーンにボカシを入れたんだそうです。
その辺りの規制はまだまだ物議を呼びそうですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔