2009年04月21日

レッドクリフPart供 殘ね茲悗虜能決戦−4

0c7e6230.bmp

天下統一の野望に燃える曹操は、敵対
する劉備・孫権の連合軍を撃つため、
連合軍の拠点・赤壁の対岸に陣を
構えた。連合軍の司令官・周瑜と天才
軍師・孔明は曹操軍を迎え撃つ構え
だったが、圧倒的な戦力差に加え、疫病
の蔓延や矢の不足によって危機に瀕して
いた。一方、孫権の妹・尚香は一人敵陣
に忍び込み、敵の内情を探っていた。


三国志最大の激戦、『赤壁の戦い』を空前のスケールで映像化した
二部作のPart供これで物語は完結するんですが、映画に詳しく
ない人達の中には3作目があると勘違いしている人が結構いた
みたいで、公開直前になって『未来への最終決戦』なんていう
情けない副題が付いてしまいました。どうせ副題を付けるなら、
原題と同じ『決戦天下』にして欲しかったな。こっちの方が数倍
カッコ良い。

赤壁の戦いに突入する前の、劉備・孫権の連合軍結成と曹操軍の
侵攻までで終了した前編。本題に入る前であるにも関わらず
あれほど面白かったんだから、後編はもっと凄い事になると期待
していたんですが、個人的には前編の方が面白かったですね。
前編は冒頭と後半に迫力の戦闘シーンを用意し、各登場人物の
紹介や連合軍結成のエピソードで物語を進め、要所要所にコミカル
な場面や見所となる場面を用意して、一級の娯楽作に仕上げて
いました。完結していないという点を除いて、構成が実にしっかり
していたんですよね。
しかし今回はどうにもアンバランスで、戦闘は大規模なものが最後に
一回だけ。それまでの話はその決戦のお膳立てという感じで、単体
では魅力に欠けます。決戦以外で見所といえば、孔明の十万本の
矢と周瑜の敵指揮官暗殺という、同時進行する二つのエピソード
だけだったような気もします。これだけ壮大な物語なのに、
エピローグがあまりにあっさりしていたのも気になりました。
序盤に見せ場となる戦闘シーンを加え、エピローグももう少し長く
してボリュームをさらに増やすか、いっそ間のエピソードを切り詰めて
20分ほど短縮するかした方が面白くなったように思えますね。

とはいえ、待たされた分だけあって最後の決戦はとにかく大興奮。
決戦は、夜の海上戦と朝の敵陣突入の二つに大きく分かれます。
海上戦は火薬量がとにかく半端ではなく、燃え盛る炎が敵艦隊を
包み込む様は正に圧巻の一言。敵陣突入も、総力戦という感じが
十二分に出ていて素晴しかったですね。
前編の合戦は、武将達個人の強さと孔明の奇策が強調されて
いましたが、今回は正に「決死の戦い」といった感じで、
『プライベート・ライアン』のような印象を受けました。

この映画は元々は前後編に分かれる事無く、一本の作品として製作
されていたんだそうです。前後編を一つに繋げて観れば、バランスも
ちゃんとしていると思うので、そうやって観るのが一番なのかも
しれませんね。まぁ5時間の映画なんて体力がもたないと思うけど。



e5125aspaceodyssey at 21:25│Comments(19)TrackBack(27)映画のレビュー・ら行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年04月21日 22:51
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4/10...
2. 「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年04月21日 22:52
「Part??」は試写会で10月半ばの鑑賞だったこともあり、数日前に復習上映会(吹替版)でおさらいしての鑑賞。よって冒頭のダイジェストはハッキリクッキリ。2夜連続とかのTVスペシャルドラマのような感覚で
3. 「 レッドクリフ Part?? -未来への最終決戦-」プチレビュー  [ 気ままな映画生活 ]   2009年04月21日 23:36
レッドクリフ2部作の完結編、Part??を鑑賞してきました。 本日、地上波にてPart??が放送されます。 ある記事で、Part??は50億の興行収入、Part??は100億を 狙っていると書いていました。
4. レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年04月21日 23:42
「三国志」の前半部分でも特に人気の高い「赤壁の戦い」を描いた、ジョン・ウー監督のスペクタクル時代劇の完結編。 「レッドクリフ Part? ―朮..
5. レッドクリフ Part?―未来への最終決戦―  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年04月21日 23:45
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と疫...
6. レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−  [ Yuhiの読書日記+α ]   2009年04月21日 23:48
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行してき...
7. レッドクリフ2  [ 映画の話でコーヒーブレイク ]   2009年04月22日 01:43
昨年『レッドクリフ』の公開時、 「やっぱり原作『三国志』を知らないとまずいなぁ」と、本を読もうかと思ったけれど その分量に「無理!」と断念。 それじゃあ横山光輝氏の漫画版「三国志」があるじゃあないか{/m_0151/} 本屋さんでびっくり!漫画版でも全60巻{/face_sup/...
監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ
9. レッドクリフ part2  [ Akira's VOICE ]   2009年04月22日 10:40
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  
10. レッドクリフ PartII  [   Art- Mill   ]   2009年04月22日 16:16
http://redcliff.jp/index.html 三国志の愉しさは、魅力溢れる多彩な登場人物たちに心を寄せたり、覇を争う知略の妙に唸ったり。「三国志」の前半部分は、この「赤壁の戦い」に向けて全て
11. レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2009年04月22日 21:40
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
12. レッドクリフ Part??/未来への最終決戦 ≪大爆発の連打でも、燻ぶり気味≫  [ 恥じて生きるな!熱く死ね! ]   2009年04月22日 21:45
赤壁/決戦天下 評価:50点 戦いは赤壁へ。 【監督】ジョン・ウー 【製作】テレンス・チャン/ジョン・ウー 【脚本】ジョン・ウー/チャン・カン/コー・ジェン/シン・ハーユ 【音楽】岩代太郎 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン....
13. 【映画】レッドクリフ PartII  [ 新!やさぐれ日記 ]   2009年04月22日 22:07
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽き...
14. ★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年04月23日 00:39
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。
15. 映画「レッドクリフ Part?? ??未来への最終決戦??」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年04月23日 00:47
原題:Red Cliff/赤壁 決戦天下 いよいよ、三国志演義のなかでも最大の決戦は「赤壁の戦い」、50万の大軍で南下した曹操軍の兵力は80万に増え赤壁に到達、対峙するは5万の連合軍・・・ 日本において天下分け目の決戦といわれる「関ヶ原の戦い」は東軍7万5,000、西...
妙な副題が付いてしまいましたが、レッドクリフ Part I を見てますので、当然ながら続編&完結編の「レッドクリフ Pa
17. 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年04月26日 17:25
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...
18. レッドクリフ PART2  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2009年04月29日 00:23
2009年4月上映 監督:ジョン・ウー 主演:金城武他 男達の結束が揺らぐとき、...
19. 『レッドクリフ PART2 −未来への最終決戦−』  [ 『映画な日々』 cinema-days ]   2009年04月30日 00:29
   昨年11月のPART1に続く、待望の完結篇  三国志最大の激戦「赤壁の戦い」を描く。    【個人評価:★★★】 
20. 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー  [ 映画な日々。読書な日々。 ]   2009年05月04日 23:19
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司...
21. 映画:レッドクリフ PartII ??未来への最終決戦??  [ よしなしごと ]   2009年05月05日 17:55
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII ??未来への最終決戦??を観てきました。
22. 『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』   [ 京の昼寝〜♪ ]   2009年05月14日 17:36
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅...
23. レッドクリフ PartII/未来への最終決戦  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年05月20日 12:28
レッドクリフ PartII/未来への最終決戦 ’09:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国  ◆原題:RED CLIFF: PART II/赤壁 ◆監督:ジョン・ウー「男た??.
24. レッドクリフ Part 2  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年06月11日 10:03
戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」
25. レッドクリフ Part ??―未来への最終決戦― −(映画:2009年)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年09月13日 00:04
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 評価:86点 とっくにDVDになっていたPart2をようやく見た。 前作の最後で、今回はスケールのどでかい戦いが繰り広げられることはわかってはいた....
26. 『レッドクリフ PART2 未来への最終決戦』'09・米・中・...  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ ]   2010年01月06日 22:32
あらすじ曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・。感想ジョン・ウー監督流赤壁の戦い完結編PART2の感想としては、アクションはPART1の方が良かったかな爆破好きなら気に入りそうやけど少し単調な感じがしたな...
27. ジョン・ウーとは何だったのか  [ RISING STEEL ]   2011年08月19日 00:41
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...

この記事へのコメント

1. Posted by ミチ   2009年04月21日 22:55
なんでこんなにセンスのない副題をつけたのか疑問に思ってたんですが、パート3があると思ってる人がいたんですね〜。
確かに最近は「3部作」が流行ですけれど・・・。

なにはともあれ昨年から5ヶ月待った甲斐があって大満足の作品でした。
2. Posted by たいむ   2009年04月21日 22:56
こんにちは。
私はPart2のほうが愉しめたのだけど、構成的にはおっしゃる通りなのかもしれません。
やはりあわせて1作なんだろうなって思う次第です。

萌萌が締めくくりなのは、私もすこしばかり肩透かし。壮大な物語で終わりがないようなものとなれば仕方がないのかな?
スター・ウォーズのように、毎度全員集合記念写真ってわけにもいかないのでしょうねw
3. Posted by 由香   2009年04月21日 23:42
こんばんは〜♪
待ちに待ったPart兇任垢、待たされ過ぎて期待が膨らみ過ぎたのか、私もイマイチ乗り切れませんでした〜
最後の戦いは迫力満点でしたが、それまでの過程で冗長に思えるシーンが目についたし、何より劉備軍の撤退が寂しくてイジケテしまったようです(笑)
前作と合わせて一気に観ると印象も変わるかもですね〜
・・・・・DVDだと飛ばすシーンが多くなりそうですが(汗)
4. Posted by ノラネコ   2009年04月21日 23:53
こんばんは。
私は逆に多すぎる登場人物を、周瑜、孔明、小喬、尚香、曹操の五人に絞って深く描き、完全に彼ら中心の話にしたこちらの方がバランスよく感じました。
特に曹操と小喬は前作よりも遥かに魅力的になりました。
後半のスペクタクルが始まると、もう怒涛の映像に圧倒されてしまいましたが、中国映画界のマグマのように噴出するエネルギーを感じましたね。
5. Posted by えめきん   2009年04月22日 07:09
ミチさん、コメントどうもです。

知り合いからもよく聞かれたんですよね。「三作目はいつ?」って。特に三国志好きの友達いわく、「赤壁の戦いを映画2本で描ききれるわけがない」と言ってました。
三国志っていうのはそれくらい壮大なんですね。



たいむさん、コメントどうもです。

締め括りに萌萌が出てくるのはいいんですが、あいつを出すくらいなら尚香とか孫権とか、他に出すべき人物がいたと思うんですよね。『ロード・オブ・ザ・リング』はエピローグに30分使ってました。そこまでしなくてもいいから、せめて10分くらいは割いて欲しかったです。
6. Posted by えめきん   2009年04月22日 07:20
由香さん、コメントどうもです。

劉備軍が情けなく撤退していく様は格好悪かったですね。後にそれは作戦だと解かりますが、幹部達にも内緒にして反感を買う必要はなかったような気もします。

前作と一緒に観たいので、是非DVDBOXを出して欲しいですね。最初はちゃんと飛ばさずに観ますので(笑)。



ノラネコさん、コメントどうもです。

確かにその5人は実に深く描かれていましたね。友達は「小喬や尚香の出番なんかいらないから、劉備達をもっと出せ」と不満を漏らしていましたが、やはりジョン・ウー独自の視点が活かされているんでしょうね。

>中国映画界のマグマのように噴出するエネルギー
『おくりびと』がオスカーを取った時に、新聞のコラムで「中国映画は日本映画に追いつけない」なんて書いてありましたが、日本映画界こそ『レッドクリフ』のような映画を見習うべきですよね。
7. Posted by メビウス   2009年04月22日 21:40
えめきんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

原題が良くても邦題がセンス悪いって作品は今までにたくさんありましたけど、副題までセンス悪いとなるとちょっと頭抱えてしまいますね。考案した人は『決戦天下』のどこが悪かったのかと逆に聞きたいくらいですw

でも赤壁合戦がド派手過ぎて、全てが終わった後意気消沈となってしまったのか、ラストが孔明にモンモンちゃんを渡してジ・エンドというのはあっさりし過ぎですね(汗)
その後呉はなんたらかんたら・・・とか、字幕で後日談説明でもあると思っただけに勿体無いですね。
8. Posted by ミツ   2009年04月22日 21:56
こんばんは!

おお!えめきんさんも『Part機拉匹任垢!僕もそうなんですけど、一般的には今回の方が評価が高いので、若干肩身の狭い思いを感じていたんですよね。勿論、人の評価に振り回されるつもりもないんですけど(笑)

ただ僕は今回がガッカリレベルにまで達しているんですけどね。前作であれほど劉備・孫権の連合軍のアクションに興奮出来たのに、今回はまったくと言っていいほどでしたから。いきなり本作を観ていたのなら、ここまでではないでしょうが、前作との方向性の違いに戸惑ってしまいましたよ。

けど、もう何年もジョン・ウー映画に興奮する事が出来なかった過去もあるので、前編だけとはいえ、それとおさらば出来たのは、まぁ良かったかなと思うところでもあります。
9. Posted by somenman   2009年04月23日 09:18
はじめましてです。いつも参考にさせていただいています。

Part兇良題はダサイ上に三国志ファン的には「赤壁でなんで最終決戦!?」という思いもありましたが、そういう伏線があったんですね。最初から2部作っていってるんだからちゃんと把握しとけよ!って気もしますけど・・・

基本的には演義をベースにしていますが、いくつかの大事なエピソードを端折ってしまっていたのは少し残念でしたね。

個人的には曹操を演じていた役者さんのファンになりました。
10. Posted by えめきん   2009年04月23日 22:28
メビウスさん、コメントどうもです。

劇場で『決戦天下』という文字が出てきた時は滅茶苦茶興奮したんですが、『未来への最終決戦』では欠片も興奮できませんよね。エイベックスのセンスを疑います。

ラストもあっけなさはメビウスさんも感じたんですね。三国志という壮大な物語からすればこの赤壁も1エピソードに過ぎないのに、以降の話の広がりを全く感じませんでした。



ミツさん、コメントどうもです。

さすがに僕はガッカリまでは行きませんでしたが、期待が大きかっただけに理想とのギャップはかなりのものでしたね。前作よりもジョン・ウーらしさが薄まったのが残念でしたね。

>何年もジョン・ウー映画に興奮する事が出来なかった過去
思えばジョン・ウーの近作って『ウインド・トーカーズ』と『ペイチェック』でしたね(苦笑)。
11. Posted by えめきん   2009年04月23日 22:31
somenmanはじめまして。コメントありがとうございました。

サブタイトルをつけた理由は僕の想像ですけど、たぶん間違ってないと思います。それくらいいろんな人に「Part靴呂い帖」って聞かれました。

曹操を演じていたチャン・フォンイーはハマってましたね。ただの暴君ではない、人間的な野心溢れる見事な悪役でした。
12. Posted by シムウナ   2009年04月24日 03:31
4 TB有難うございました。
中盤からのアクションの見せ場の連続に、時間を
忘れて見入ってしまいました。
前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
しかし、勇気、愛、結束力、信じる心。
胸が熱くなる要素たっぷりの映画でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
13. Posted by くまんちゅう   2009年04月24日 22:16
まいどどうもです
そうなんですよね、2より1の方が作りとしてはよかった気がします。
前編で引っ張りながらさらに引っ張りすぎでしたし
有名な、映画的に面白そうなエピをカットしちゃったのも謎です。
14. Posted by isaki.   2009年04月25日 20:36
こんばんは。自分も「」の方が好み、というか興奮度が高かったです。
でも二作を一作品として考えると序・中・終盤としっかり盛り上がるアクションシーンがあるんですよね(しかもそれぞれ異なる魅力を有していますし)。

終盤の要塞戦は「プライベートライアン」の冒頭を彷彿とさせますよね。
曹操が小者に描かれるのは個人的には残念なのですが、おかけで物語の構図がはっきりしたと思います。
15. Posted by えめきん   2009年04月25日 21:30
シムウナさん、コメントどうもです。

胸が熱くなる要素は満載でしたが、前作はそれに加えてエンターテイメント向けのアクションがふんだんに盛り込まれてましたからね。その辺りは好みの問題でしょうが、僕はやはり前作の方が好きですね。



くまんちゅうさん、コメントどうもです。

原作を知らないので有名なエピソードが削られたのは解からなかったんですが、詳しい友達はやはりそこに不満を漏らしていました。中盤に見せ場が少ないので、その辺りに削ったエピソードを入れても良かったですね。
16. Posted by えめきん   2009年04月25日 21:31
isaki.さん、コメントどうもです。

そうなんですよね。全編通してみると、要所でしっかり見せ場があるんですよね。最初は個人の活躍が光る一騎当千アクション、中盤は孔明の戦術を堪能できる合戦、最後は戦争映画ばりの死闘と、個性が光っているのも良かったです。
DVD化の際には、頑張ってまとめて観てみたいですね。
17. Posted by oguogu   2009年04月29日 00:30
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
そうですか、3部作だと勘違いを避けるために
あのような陳腐な副題が付いたのですかw
全体的なバランスは確かに悪かったですよねぇ。
大作なので長くなるのは仕方がありませんが、
尚香の余分なシーンがなければ、テロップが流れ出した瞬間に、トイレに走らなくても済んだのに・・・・(涙
18. Posted by Ageha   2009年04月29日 17:40
あそこがない、ここがカットされてると
三国志フリークにとっては
なんでやね〜んのオンパレード。
名前だけ知ってるひとのほうが楽しめる?

トニーレオンとリーチンリンの夫婦愛ってか
この二人のアツアツぶりにはもう
テレました。(笑)
最後の救出なんて「トワイライト」も真っ青。(!)

個人的には孔明LOVEですが
武将の活躍としては趙雲LOVEでしたので(!)
パート1より大立ち回り少ないやんけと
ちょっと寂しかったです。(いいのかそれで・・・笑)
19. Posted by えめきん   2009年04月29日 19:37
oguoguさん、コメントどうもです。

尚香の場面が蛇足だとは思いませんが、もう少し短くしてもバチは当たらなかったでしょうね。彼女のせいで男臭さが減ってしまったのは否めません。
にもかかわらず、小喬のエピソードはあっても全然問題ないんですよね。お茶のシーンは素晴しかったし、なによりリン・チーリンが可愛い(笑)。ヴィッキー・チャオも悪くはないんですが、チーリンはさらに上を行ってましたね。



Agehaさん、コメントどうもです。

やはり原作を知っていると、いろいろ文句をつけたくなる部分が出てくるんですね。
僕は本当に名前だけ知ってる程度の知識だったんですが、それくらいが丁度いいんでしょうね。

僕も趙雲が好きですね。Part気梁舂ち回りは素晴しかったです。Part兇任發修ΔいΔ里魎待してたんですが、アクションの質がだいぶ変わっていて、その辺りは残念でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔