2009年04月27日

バーン・アフター・リーディング4

4a3b4dbb.jpg

CIAの極秘情報が収められたCDロム。
そのCDを拾った筋肉バカのチャドと
彼の同僚で全身整形の資金が欲しい
リンダは、アル中の元CIA・オズボーンを
ゆする計画を立てる。一方、オズボーンの
妻・ケイティは、密かに彼との離婚を進め、
ケイティの浮気相手の連邦捜査官・ハリー
は、ケイティの他にリンダとも付き合って
いた。


去年のアカデミー賞において、 『ノーカントリー』で見事作品賞と
監督賞に輝いたコーエン兄弟の最新作。コーエン兄弟お得意の
クライムコメディ作品で、ジョージ・クルーニー、フランシス・
マクドーマンド、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スゥイントン、
ブラッド・ピットら豪華出演陣も話題になっています。

内容は実力派監督と豪華スターのお祭り騒ぎといった感じで、
ほぼ全編に渡って緊迫感もなく和やかに進みます。一応、国家
機密を巡る犯罪ドラマなんですが、登場人物がどいつもこいつも
個性的なのでそんな危機感は微塵もありません。
事件の発端であるオズボーンは、ことあるごとに汚い言葉を連発。
彼の妻のケイティは、美人だけどキレたら手の付けられない
ヒステリー女。浮気相手のハリーは女遊びをしているだけなのに、
離婚を決意するくらい真剣なケイティに戸惑い気味。筋肉バカの
チャドは手に入れた機密で金をゆすろうとするまでは良かった
ものの、そこからの段取りがグダグダで全身整形の金が是が非
でも欲しいリンダに尻を叩かれっぱなし。
彼らの行動が密接に絡み合って、意外な事態に発展していきます。
最後に驚愕の結末がある訳ではないんですが、話が進むに連れて
事件が次々起きるので観客を飽きさせません。

予告で「衝撃の結末」なんて言ってますが、本当の衝撃は映画が
3分の2を過ぎた辺りに待ってます。
あまりに唐突な展開だった
ので本気でビックリしてしまいました。

万人にオススメできるコメディ映画でした。あ、でもPG−12なんで
子供は観ない方がいいかも。刺激の強いシーンもありますし
(ハリーが地下室で作ってるブツとか。あれは笑ったなぁ)。



e5125aspaceodyssey at 22:03│Comments(5)TrackBack(16) 映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. バーン・アフター・リーディング  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年04月27日 23:49
 コチラの「バーン・アフター・リーディング」は、「ノーカントリー」でオスカー監督となったコーエン兄弟による4/24公開のPG-12指定のクライム・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  オスカー監督のもとに集った豪華キャスト。だけど、そんな気負いは全...
2. Burn After Reading (2008)  [ アヤは観た。 ]   2009年04月28日 11:45
監督:コーエン兄弟 出演:ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、リチャード・ジェンキンス、デヴィッド・ラッシュ、J・K・シモンズ、オレク・クルパ、マイケル・カントリーマン ....
3. バーン・アフター・リーディング  [ めでぃあみっくす ]   2009年04月29日 21:09
読んだら燃やせ。この映画を見終わるとこのタイトルがこのお話の「戒め」であることが十分に理解できるのではないでしょうか。 『ノーカントリー』でよくやく一般からも認識されたとはいえ、基本的にブラックなコメディばかりのコーエン兄弟。不慣れな方には厳しかったかも....
4. 「バーン・アフター・リーディング」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年04月29日 21:43
「おバカ」はブラット演じるチャドだけかと思ったら、揃いも揃ってみーんなヘン。それこそ物語全体的に「バカなっ!」という感じで、タジタジしてしまった[E:coldsweats02]最終的なオチには「そっか
5. 『バーン・アフター・リーディング』を観たぞ〜!  [ おきらく楽天 映画生活 ]   2009年04月30日 23:30
『バーン・アフター・リーディング』を観ました『ノーカントリー』でアカデミー賞作品賞ほか主要3部門などを受賞したジョエル、イーサン・コーエン兄弟が放つクライム・コメディーです>>バーン・アフター・リーディング』関連原題: BURNAFTERREADINGジャンル: コメデ...
6. バーン・アフター・リーディング  [ 映画君の毎日 ]   2009年05月02日 01:32
●ストーリー●CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)。そのころ、元CIA諜報員のオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、機密情報の紛失にうろたえていた。一...
7. 映画「バーン・アフター・リーディング」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2009年05月02日 13:14
原題:Burn After Reading 読書の後に火傷を負う、それもただの火傷じゃなくて、そして誰もいなくなったというぐらいの大火傷、コメディではあるけれどさすがにコーエン兄弟かな・・・ バージニア州とワシントンDCを隔てるポトマック川のほとり、なにやらCIA本部み...
8. 「バーン・アフター・リーディング」 彼らだけを笑うことなかれ  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年05月02日 19:41
豪華な出演陣、そして彼らが演じる「痛い」キャラクター、彼らが絡むことによって迷走
9. バーン・アフター・リーディング  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年05月05日 16:13
バーン・アフター・リーディング ’08:米◆原題:BURN AFTER READING ◆監督・脚本・製作:イーサン&ジョエル・コーエン「ノーカントリー」...
10. 「バーン・アフター・リーディング」  [ クマの巣 ]   2009年05月05日 21:09
「バーン・アフター・リーディング」、観ました。l CIAに勤めていたオズボーンは、その自尊心の高さ故に人生につまづき、一気に転落の道...
11. バーンアフターリーディング◎  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年05月07日 02:28
  BURN AFTER READING それはCIAにも理解不能な、国家も巻き込む仰天計画。かつてない衝撃のラストに驚愕! 5月4日、MOVX京都にて鑑賞。こみこみ状態?かなと思ったらそうでもなかった。 始まりのシーンが何ともお洒落です。宇宙ロケットから眺める地球がだんだん...
12. ★「バーン・アフター・リーディング」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年05月08日 03:09
今週の平日休みは、久しぶりに「チネチッタ川崎」で鑑賞。 駐車場が3時間無料なのは助かるよーーー。 ジョージ・クルーニーとプラピのコンビは「オーシャンズ〜」だよねーー。
13. バーン・アフター・リーディング  [ 心のままに映画の風景 ]   2009年05月10日 22:57
アル中が原因でCIAを辞めさせられたオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)は、暴露本を執筆すると言う。 妻ケイティ(ティルダ・スウィント??.
14. 『バーン・アフター・リーディング』  [ cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー ]   2009年05月19日 22:07
クセモノ俳優ばかりが集まった感のあるコーエン兄弟の新作『バーン・アフター・リーディング』を観ましたー。 個人的には『ノーカントリー』よりもこういう作風の方が好きかも。 ******************** 『ファーゴ』『ノーカントリー』のコーエン兄弟がブラッド・ピッ...
15. バーン・アフター・リーディング  [ Addict allcinema 映画レビュー ]   2009年09月04日 23:24
それは、CIAにも理解不能な、国家をも巻き込む仰天計画! 【関連記事】 バーン・アフター・リーディング 壁紙1 バーン・アフター・リーデ??.
16. バーン・アフター・リーディング - Burn After Reading -  [ むーびーふぁんたすてぃっく ]   2010年04月25日 01:30
バーン・アフター・リーディング [DVD] 「バーン・アフター・リーディング - Burn After Reading -」 感想 これがアメリカン・ジョークなのか??.

この記事へのコメント

1. Posted by Ageha   2009年04月29日 17:21
あのブツね・・・(爆)
よく18禁にならなかったなと。(爆)

豪華メンバーでオバカ映画
結構贅沢な作品だったかも。

にしても、ブラピがブラピが・・・
いろんな意味で衝撃的でした。
2. Posted by えめきん   2009年04月29日 19:40
Agehaさん、コメントどうもです。

あのブツは奥さんを暗殺するための道具だと思い込んでいたので、正体が明かされたときは爆笑してしまいました。あんなのを作れるとは、連邦捜査官って案外ヒマなんですね。

ブラピは本当にビックリしました。おバカなキャラクターもさることながら、後半のあのシーンは本当に椅子から飛び上がりそうになりましたね。
3. Posted by にゃむばなな   2009年04月29日 21:07
不倫相手のために揺れるイスを作ってあげるなんてと思っていたところで、不意にスクリーンに現れる肌色の物体。

あれこそがこの映画での一番の衝撃でしたね。

ああいうブラックさ、私は大好きなんですが、受け入れられない方も多いみたいですね。
4. Posted by たいむ   2009年04月29日 21:42
えきめんさん、こんにちは。
前半はいつになったら絡むんだ?とやきもきしてしまいましたが、絡んでからの唐突な出来事には唖然呆然。
予想に反してあまりもに黒いんで、タジタジしてしまいましたが、面白い映画でしたね。
5. Posted by えめきん   2009年05月01日 08:24
にゃむばななさん、コメントどうもです。

椅子の衝撃は凄まじかったですね。ジョージ・クルーニーがあんなモノを作っていたというだけで笑えてしまいます。
雰囲気的にはライトなコメディですが、要所要所でブラックなところがあるのが侮れないですね。



たいむさん、コメントどうもです。

ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットは、ようやく絡んだと思ったらアレでしたからね(笑)。ホントにびっくりしましたよ。
コーエン兄弟の魅力が詰まった良い映画でしたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔