2009年09月28日

しんぼる2

76183ff0.jpg

メキシコの田舎町のプロレスラー
エスカルゴマンは、家族の見守る
中、大事な試合に臨もうとしていた。
一方、一人の男が白い壁に覆われた
何も無い部屋で目を覚ます。何故
そんな所にいるのか全く解からない
男は、何とか脱出しようと辺りを
見回す。そして発見した突起物に
触れると・・・。


松本人志の監督第2作目。前作『大日本人』は、特撮の新たな
可能性を提示してくれながらも、最後にはそれを自らぶち壊して
しまうトラウマものの映画でした。今回は謎の空間の密室劇と、
メキシコでの物語が交互に描かれる形式を取っています。

『大日本人』は、タレントの顔をした怪獣が街でおかしな行動や
卑猥な行為を繰り返すという、かなり人を選ぶギャグの連続
でした。今回は1人で取り残された部屋でずっとモノネタを
やるという感じになっていて、前作よりは万人受けしそうな
内容になってます。しかしどうにもテンポが悪い。寿司をネタに
したギャグがあるんですが、オチに到達するまで1分半ほど
延々と寿司を食べ続けるだけなので飽きてしまいます。もちろん、
引っ張った分だけオチのインパクトが大きくなるという計算の
上でやってるんでしょうが、それにしたって間延びし過ぎだと
感じてしまいました。出口が開いてもすぐ閉じてしまう場面でも、
スイッチを他のもので押さえておくという発想なんて誰でも
すぐに浮かぶのに、あえて他のあまり効果のなさそうな方法で
攻略しようとするのでイライラしました。全力で走っている
ように見えないのも問題でしたね。

完全に一人コントになっている部屋パートに対して、メキシコ
パートはしっかり映画になっています。「なんだ、松本人志も
普通に映画撮れるじゃん」なんて思いましたが、海外部分は
完全に別撮りみたいですね。
部屋パートとメキシコパートが繋がるのがかなり終盤になって
からなんですが、その繋がりがあまりにも薄い。いや、繋がりが
薄い訳ではないんですが(むしろ無茶苦茶密接な繋がりとも
言えます)、メキシコの他にもアメリカ、ロシア、中国なんか
でも同じ繋がりがあって、それらは1分くらいで話が片付いて
しまうんですよ。「だったらメキシコも、映画の3分の1使って
やる必要ないじゃん!」ってことになっちゃうんですよね。

そしてクライマックス。「なるほど、そう来たか」と納得できる
オチなんですが、今までコントだった内容が、ここでいきなり
映画になってしまうので、かなりギャップと違和感がありました。
クライマックスのビジュアルが『ファウンテン 永遠に続く愛』
とダブって仕方なかったです。それと、自分の映画の中で自分の
ことを○○にしてしまう行為は、M・ナイト・シャマランの
『レディ・イン・ザ・ウォーター』と一緒ですよね。

この映画、メキシコパートの要らない部分をそぎ落として、
30分くらいの短編にすればかなり良くなるんじゃないでしょうか。
ぶっ飛ぶオチも、観客の想像に任せる部分の多い短編ならより
受け入れられると思うし。



e5125aspaceodyssey at 23:01│Comments(2)TrackBack(15)映画のレビュー・さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. しんぼる  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年09月29日 06:48
 『松本人志監督第二作─。 想像もつかない ”何か”が起こる…。』  コチラの「しんぼる」は、ご存じダウンタウンの松ちゃんこと松本人志が、2007年に公開された「大日本人」の衝撃的な映画監督デビュー以来、監督・脚本・企画・主演を務めた2作目となる9/12公開のコ...
2. しんぼる・・・・・評価額1600円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年09月30日 00:24
2007年の怪作「大日本人」に続く、松本人志監督の第二作。 白い部屋に閉じ込められた男の話で、天使が出てきて、何故かメキシコのプロレスラヮ..
3. [映画『しんぼる』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2009年09月30日 07:36
☆松本人志監督の第2作目だ。  前作『大日本人』(クリック!)では、その方向性に大きな意欲が見られたが、次第に、その物語性が空中分解していってしまった。  今回は、さて、どうか?    ◇  そもそも、松本のギャグは、日本人の感覚に根ざしたシュールさであ...
4. しんぼる  [ Akira's VOICE ]   2009年09月30日 10:31
スベッてる話。
5. スイッチ 映画  [ ごろうの日記 ]   2009年09月30日 13:56
しんぼる ... 出口が開いてもすぐ閉じてしまう場面でも、 スイッチを他のもので...
6. しんぼる  [ 週末映画! ]   2009年10月03日 10:26
映画「しんぼる」の感想・評価をまとめた
7. 「しんぼる」プチレビュー  [ 気ままな映画生活 ]   2009年10月03日 19:50
前作、初監督作となった「大日本人」で遺憾なくその 才能を発揮した松本人志監督。 といっても、あの世界観にすんなり入り込めない人も 多々いるだろう。批判も多かったですが・・・
8. すいっち〜『しんぼる』  [ 真紅のthinkingdays ]   2009年10月05日 08:39
 乾いた大地に舞い上がる砂埃。轟音とともに一台のピックアップ・トラックが やってくる。ここはメキシコの町。一方、男(松本人志)は目??.
9. 「しんぼる」  [ お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法 ]   2009年10月06日 23:22
(2009年・松竹/監督:松本 人志) 「大日本人」に次ぐお笑いタレント・松本人志の監督第2作。  一言で言って、“わけの分からん映画”である。 メキシコのとある町で、1人の覆面プ
10. 「しんぼる」 松本人志、それは天才的なカンを持つ男  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年10月11日 23:42
天は二物を与えないとはよく言いますが、時々二物を与えられている人がいたりします。
11. 映画「しんぼる」  [ おそらく見聞録 ]   2009年10月12日 21:02
監督:松本人志(ごっつのコント大好きでしたけどね) 出演:松本人志(あの叫び声。きつい)デヴィッド・キンテーロ ルイス・アッチェネリ  出演:リリアン・タビア アドリアーナ・フリック カルロズ・トレーズ  パジャマ男がふと目を覚ますと、白い壁に囲ま...
12. しんぼる(138作目)&不毛地帯&クイーンズ2  [ 別館ヒガシ日記 ]   2009年12月13日 10:50
しんぼるは劇場で鑑賞して結論は前作より面白かったよ
13. しんぼる  [ Memoirs_of_dai ]   2010年02月14日 03:45
脱出までなら”まだ”すべらない話 【Story】 家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはメキシコのとある町でいつもと変わらぬ朝??.
解説 http://jiten.biglobe.ne.jp/j/25/31/67/8afc4ced9afce8a6299fb7124d23ed4d.htm
15. 『しんぼる』'09・日  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2011年06月13日 23:26
あらすじ奇妙な水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた・・・。感想「日本では、どうしてもダウンタウン松本の先入観を持って見ら...

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   2009年09月30日 00:26
だめでしたか。
えめきんさんは16年前に発表された中篇「頭頭(とうず)」を観た事がありますか?
私は何となく、松ちゃんファンが期待してるのは「頭頭」みたいな作品じゃないのかなあと思っているのですが。
2. Posted by えめきん   2009年09月30日 22:35
ノラネコさん、コメントどうもです。

『頭頭』の存在は、ノラネコさんの『大日本人』の記事で初めて知りました。それを観ていて、松本人志の映画感を知っていれば、また違った評価をしてたかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔