2009年12月06日

カールじいさんの空飛ぶ家5

fd58a279.jpg

冒険家に憧れていたカール少年は
ある時、同じ夢を持つ少女エリーと
出会い、後に結婚した。幸せは
数十年続いたが、エリーはカールを
残して先に旅立ってしまう。孤独に
打ちひしがれるカールじいさんは、
エリーとの約束を果たすために
南米にあるパラダイスの滝を目指して
風船で空を飛ぶ家に乗って旅に出る。


ピクサー最新作の主役はなんとおじいさん。妻に先立たれた
孤独な老人が、その妻との約束を果たすために空飛ぶ家で旅に
出ます。

予告の時点で泣けるこの映画。案の定、開始5分で泣いてしまい
ました。
冒頭部分でカールとエリーの夫婦生活が描かれているん
ですが、ここが『ウォーリー』の前半部分のような無声映画状態。
台詞がなくても内容はしっかり理解出来ます。むしろより世界観に
引き込まれますね。幸せそうな二人。いつも一緒にいる二人。
エリーの不妊(子供向け映画なのに!)で悲しみに暮れる二人。
子供の代わりに夢を追いかけるため貯金を始める二人。だけど
トラブルが多くてなかなかお金が貯まらない二人。それでも
幸せな二人。そしてある日、一人ぼっちになるカールじいさん。
こんなの冒頭で見せられたら泣くしかありませんよ。

そしてカールじいさんは一念発起、無数の風船で浮かび上がった
家でパラダイスの滝を目指して旅に出ます。意外だったのが、
案外あっさりとパラダイスの滝の目と鼻の先まで辿り着いて
しまう事。しかし物語はここからが本番で、旅の道ずれの少年
ラッセルに加えて、バウリンガルで喋る犬ボブやチョコが大好きな鳥
ケヴィンなどの魅力的なキャラクターが沢山登場します。
その中でもドーベルマンのアルファが特にお気に入り。ボウリンガル
はずっと壊れたままでよかったのに。

パラダイスの滝への旅の終わりは、はじまり同様意外にあっさり
訪れます。そこでカールじいさんは亡き妻エリーのことを想うん
ですが、ここで二度目の感動の大波が。まさか(ネタバレ反転)
[冒頭部分がまるまる伏線]だったとは。
そしてここから、カールじいさんの新しい冒険が始まります。
「じいさんの冒険物語」が、いきなり「じいさんのアクション
アドベンチャー」
に変貌する展開には、ニヤニヤすると同時に
ワクワクしてしまいました。

吹き替えも今回はタレントを起用せず、プロの声優ばかりでやって
います。タレントの宣伝力に頼らなくても、ピクサーブランドの力
だけでお客さんを呼び込めるようになった証拠ですね。物語も
CGの美しさも完璧で、ピクサーの凄さをまた見せ付けてくれました。
が、一つだけ難点が。この映画はピクサー初の3D作品で、
僕も3D版を観賞したんですが、3D映像を効果的に使っていたとは
正直言い難いです。 
『クリスマス・キャロル』の3D演出が
素晴しかったので、それと比較してしまうとどうにも大人しい印象。
今回はわざわざ追加料金を払って3D版を観る必要はないかな、と
感じました。3D効果がなくても十分に素晴しい作品ですしね。



e5125aspaceodyssey at 20:53│Comments(11)TrackBack(30)映画のレビュー・か行 | アニメのレビュー

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. カールじいさんの空飛ぶ家  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月06日 21:11
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミング....
2. カールじいさんの空飛ぶ家  [ Memoirs_of_dai ]   2009年12月06日 22:19
どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、央..
3. カールじいさんの空飛ぶ家   [ 悠雅的生活 ]   2009年12月06日 23:20
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
4. カールじいさんの空飛ぶ家 3D  [ そーれりぽーと ]   2009年12月07日 14:20
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本気モ...
5. カールじいさんの空飛ぶ家  [ Akira's VOICE ]   2009年12月07日 16:24
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
6. 『カールじいさんの空飛ぶ家』  [ めでぃあみっくす ]   2009年12月07日 19:08
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者よりも....
7. カールじいさんの空飛ぶ家  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年12月07日 22:38
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかなか...
8. カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年12月07日 23:46
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カーヮ..
9. 「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年12月08日 23:09
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
10. 「カールじいさんの空飛ぶ家」  [ お楽しみはココからだ?? 映画をもっと楽しむ方法 ]   2009年12月09日 00:57
(2009年:米・PIXAR=ディズニー/監督:ピート・ドクター) 良質のCGアニメを発表して来たピクサー+ディズニー提供の新作。 今回の主人公は、78歳の老人。一応子供も楽しめる
11. ★「カールじいさんの空飛ぶ家」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2009年12月09日 23:51
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
12. 『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語  [ 映画のブログ ]   2009年12月10日 00:00
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
13. カールじいさんの空飛ぶ家  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年12月10日 15:17
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜び....
14. カールじいさんの空飛ぶ家  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年12月11日 12:32
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク...
15. カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP)  [ yanajunのイラスト・まんが道 ]   2009年12月11日 20:47
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想
16. カールじいさんの空飛ぶ家   [ You got a movie ]   2009年12月12日 22:34
監督    ピート・ドクター 製作総指揮 ジョン・ラセター        アンドリュー・スタントン   ディズニー&ピクサースタジオでは初めての3Dデジタルアニメ。とてもカラフルな映像で見ていて楽しく、笑えるところ、泣けるところがふんだんな冒険もの。主人公...
17. カール少年が可愛くて…  [ 美容師は見た… ]   2009年12月13日 00:23
    少女エリーにもヤラれてしまい、  序盤のツカミはOK!    『カールじいさんの空飛ぶ家』  これが想像以上に、  面白かったんです^^冒険家のチャールズ・マンツに憧れる少年。。。それがカールじいさんだったのね??!そしてあの猛烈にプッシュプッシュし
18. 字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年12月13日 10:25
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
19. 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』劇場鑑賞  [ 続・蛇足帳〜blogばん〜 ]   2009年12月13日 16:06
 久しぶりに映画館に行って来ました。  観たのはディズニー/ピクサーの3Dデジタルアニメ『カールじいさんの空飛ぶ家(英題:UP)』、せっか??.
20. カールじいさんの空飛ぶ家 2009-55  [ 悠久の華美 ]   2009年12月14日 21:12
ディズニー・ピクサー初の3D映画らしいですが、3D映画ってあまり得意じゃないので、2Dで観ました〜♪巷の3Dでの悪評を聞いて、2Dの..
21. TAKE 100 「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D)  [ 映画回顧録〜揺さぶられる心〜 ]   2009年12月16日 21:16
いや〜気がつけばとうとう100回目の投稿です。 ブログ開設から約3年半が経ちました。 あっという間というか、もう3年半か〜というか。 記念すべき第100回目は「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D)です。 この作品はピクサー初のDisney Digital 3-D版も...
22. 「カールじいさんの空飛ぶ家」  [ クマの巣 ]   2009年12月18日 09:45
「カールじいさんの空飛ぶ家」 、観ました。 思い出の家に暮らすカール老人に窮地が訪れたとき、閉じられた本を開いた瞬間に、全てが解攮..
23. カールじいさんの空飛ぶ家  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2009年12月28日 08:12
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろう...
24. 映画<カールじいさんの空飛ぶ家>  [ 美味−BIMI− ]   2009年12月28日 10:39
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視...
25. カールじいさんの空飛ぶ家−(映画:2009年鑑賞)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2009年12月29日 01:09
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...
26. 『カールじいさんの空飛ぶ家』 Up  [ *モナミ* SMAP・映画・本 ]   2010年01月10日 12:42
冒頭の回想シーンで、涙ポロポロ。 夫婦生活のカケラも経験のない私だけど、 愛し合っている2人が一緒に暮らし、静かに年を取っていく。 セリフもなく、2人が過ごしてきたであろう時間が流れるだけだけれど、 それがたまらなく幸せそうで、たまらなく切ない。 そし...
27. 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D  [ よしなしごと ]   2010年01月11日 12:39
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。
28. 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動!  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年03月14日 01:49
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけど...
29. カールじいさんの空飛ぶ家  [ mama ]   2010年10月24日 15:12
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった....
30. カールじいさんの空飛ぶ家  [ RISING STEEL ]   2011年01月27日 20:03
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...

この記事へのコメント

1. Posted by にゃむばなな   2009年12月07日 19:07
ピクサーのセリフのないあの演出は本当にお見事ですよね。
内容がしっかりしているだけでなく、スタッフも映画の面白みが何なのかをきちんと理解している証拠なんでしょうね。
2. Posted by たいむ   2009年12月07日 19:31
結果論でいえば、2Dで正解かも。
今までどおりのピクサー作品を楽しめたから。

>不妊
不幸なことに、ずっと喋っている(解説している)小学生低学年くらいの子供が近くにいたのだけど、ココのトコロも「ダメだったんだね」とかなんとか言ってあっけらかんとしたもんでした。
いまやそんなもんなのかしらね?
3. Posted by ノラネコ   2009年12月07日 23:49
私も冒頭の数分間で泣けました。
素晴らしい映画だったんですが、唯一の不満は全体の中で、冒頭が一番良く出来ていた事かも。
もちろん後半の連続活劇も十分楽しかったですけどね。
4. Posted by えめきん   2009年12月08日 18:49
にゃむばななさん、コメントどうもです。

本編もそうですが、ピクサーはオマケで付いている短編も台詞がない作品がほとんどですよね。今回の『晴れときどき曇り』も、5分で台詞がないにもかかわらずしっかり感動させてもらいました。ホントに凄いと思います。



たいむさん、コメントどうもです。

今回は2Dの方で観た方が正解でしたね。画面が暗くなることもないし、純粋に映画に集中できるし。

子供がそういう深刻な問題をどう捉えているかは難しい問題ですよね。とりあえず、命や子供を授かるという行為の重さはしっかり学んで欲しいです。
5. Posted by えめきん   2009年12月08日 18:52
ノラネコさん、コメントどうもです。

>冒頭が一番良く出来ていた
宮崎駿監督も、冒頭部分で満足しちゃったみたいでしたね。個人的にはそれを踏まえて見せてくれる後半の感動シーンが強く印象に残りました。

しかし本当にピクサーは台詞無しで人を感動させるのが上手いですよね。
6. Posted by 由香   2009年12月11日 13:05
こんにちは〜♪

満点ですか〜
冒頭のセリフの無いシーンと後半のアルバムを開くシーン、、、感動でしたよね〜涙・涙でした。

ドーベルマンのアルファは私もお気に入りです。
あんな顔してあんな声、、、ぷぷ、、、機械は壊れたままが良かったですね。・・・っていうか、あの首輪欲しい!!
7. Posted by えめきん   2009年12月12日 19:41
由香さん、コメントどうもです。

満点ですね〜。というかピクサー作品はみんな満点ですね〜。そのうち半分の作品で涙・涙でしたね〜。

アルファはホントにおいしいキャラでしたね。あんな声なのに、ちゃんと有名な声優さんを使っていたのを後に知って驚愕しました。
8. Posted by タオ   2009年12月16日 21:10
まさに同じような感想です!
>>>
一つだけ難点が。この映画はピクサー初の3D作品で、僕も3D版を観賞したんですが、3D映像を効果的に使っていたとは正直言い難いです。 『クリスマス・キャロル』の3D演出が素晴しかったので、それと比較してしまうとどうにも大人しい印象。
今回はわざわざ追加料金を払って3D版を観る必要はないかな、と感じました。3D効果がなくても十分に素晴しい作品ですしね。
>>>
この部分は私も見終わった後に感じた違和感です。
やはり同じ印象を受けた人がいましたね。
9. Posted by えめきん   2009年12月19日 20:59
タオさん、コメントどうもです。

やはり3D演出に関してはゼメキス監督の方が一枚上手でしたね。ただ、ピクサーの3D短編『メーターの東京レース』は3Dを効果的に使っていたので、技術はちゃんと持っていると思います。次回以降の作品ではしっかり3Dを駆使してほしいですね。
10. Posted by ヒガシ   2011年01月10日 21:47
4 いつも別館ヒガシ日記など映画TBで御世話なっております。

ライブドアからアメブロTB出来ますが
アメブロからライブドアにTB出来ない事が多く
コメント入れさして頂きます。

TBアル http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10758803962/f467ff35ですので
是非ともTB&コメント待っております。

前半の台詞なし&アルバムなど感動できましたね。
11. Posted by えめきん   2011年01月16日 13:55
ヒガシさん、コメントどうもです。

とても感動的な話でしたが、それだけでなくアドベンチャーとしても大興奮だったところが良かったですよね。流石ピクサー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔