2009年12月19日

THE 4TH KIND フォース・カインド3

6aa985ff.jpg

アラスカ州ノーム。この町では謎の
行方不明事件が続発し、FBIが
幾度も調査に赴いていた。心理学者の
アビゲイル・タイラーは、患者の
奇妙な共通点から恐るべき事実を知る。
この映画は、アビゲイルが撮影した
カウンセリングの実際の映像と、事件
の再現映像からなる映画である。
信じるかどうかは、あなた次第―――


ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のホラー映画。実際の映像と再現映像を
巧みに織り交ぜた斬新な作品です。実録映像はかなり衝撃的で、
それが最大の話題になっていますが、実はこの事件は嘘っぱち
です。
その証拠にワーナーと共同で配給を手掛けたユニバーサル
・ピクチャーズはでっち上げを認め、裁判沙汰にしようとしていた
アラスカ記者クラブに大して和解金を支払ったそうです。
それを知っていれば、ちょっと変わったオカルト映像としてではなく、
面白い手法を使ったホラー映画として純粋に楽しむ事ができる
でしょう。しかしこの映画を観た人は、劇中でもう一つの落とし穴に
カインド(遭遇)する事になります。
きっと一般のお客さんは、実録映像を心霊現象と思って観に来て
いると思いますが、このの正体は(ネタバレ反転)[地球人を
アブダクション(誘拐)しにきた宇宙人
]です。映画が
終わった後、お客さんが一様に落胆していたのはこれが原因
でしょうね。
でも僕は、でっち上げということも謎の正体が×××であることも
知っていたし、何より×××ネタが大好きなので、これっぽっちの
落胆もなかったですけどね。

落胆はなたっかとはいえ、映画の出来はまぁ普通です。実録
(嘘っぱち)映像は催眠療法を受ける患者に×××が乗り移るという
内容なんですが、×××がわざわざ催眠療法を受ける患者に
ピンポイントでメッセージを送るなんて律儀な事してると思うと
笑えます。
笑わずに観れば、二つの映像を組み合わせた演出は上手くいって
いたと思いますが、見所はやはりそこだけですね。

(一応ネタバレなので反転)
[ちなみに、僕にとっては幽霊よりも宇宙人の方が怖い。だって
幽霊なんてビックリさせてくるだけでしょう?宇宙人は
誘拐してくるんですよ!人体実験するんですよ!謎のチップを
体内に埋め込まれるんですよ!キャトルミューティレーション
ですよ!『宇宙戦争』ですよ!
実際に遭遇すると仮定すれば、幽霊と宇宙人、どちらに脅威を
感じるかは明らかでしょう。だから僕は宇宙人が怖い!!
あ、でもETみたいな友好的な宇宙人は大歓迎です。
]



e5125aspaceodyssey at 13:22│Comments(14)TrackBack(16)映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. THE 4TH KIND フォース・カインド・・・・・評価額1050円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年12月19日 13:53
一風変わった映画である事は間違いない。 西暦2000年10月に、アラスカ州ノームで起こったという一連の怪事件を題材にしたスリラーで、一応実話...
2. THE 4TH KIND フォース・カインド  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月19日 19:10
 『信じられないのは、 信じたくないだけなのか。』  コチラの「THE 4TH KIND フォース・カインド」は、60年代以降FBIが2000回以上も訪れているというアラスカ州ノームで実際に起こった不可解な事件を記録映像および音声と再現映像で構成している12/18公開のSFスリラーな...
3. 「THE 4TH KIND フォース・カインド」  [ 或る日の出来事 ]   2009年12月20日 00:31
こっ、これは!? う〜ん。そう来ましたか。
4. THE 4TH KIND フォース・カインド  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2009年12月20日 01:23
 アメリカ  サスペンス  監督:オラントゥンデ・オスサンミ  出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ      ウィル・パットン      イライアス・コティーズ      ハキーム・ケイ=カジーム 【物語】  アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者の....
5. 劇場鑑賞「フォース・カインド」  [ 日々“是”精進! ver.LD ]   2009年12月20日 05:55
ここは「フォース・カインド」レビューのミラーです。TB&コメントは、http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200912180004/にお願いします。出来ない場合はミラーの方へ。未解決の失踪事件が多発しているアラスカ州北部の町ノーム。そこでは、不眠症に苦しむ住民も....
6. 「The 4th Kind フォース・カインド」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年12月20日 09:20
オカルトちっくな予告編。得意なジャンルではないけれど、思わせぶりな予告編は気になるというもの。内容は今も昔も時折特集番組が組まれるような”奇怪な現象”についてであり、当事者らのインタヴューや記録映像の
7. フォース・カインド  おもしろいかどうかは、あなた次第! 私は・・・<ネタバレあり>  [ もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう) ]   2009年12月20日 11:39
タイトル:フォース・カインド 2009年製作、アメリカ/99分 ジャンル:SFラテナマジカ 映画館:MOVIX京都7 100人/181席 鑑賞日時:2009年12月18日(水) 20:10〜(初日)  私の満足度:60%  オススメ度:50%(もの好きな方向け) 【ストーリー:gooHPから引用】 アラスカ...
8. フォース・カインド  [ めでぃあみっくす ]   2009年12月20日 16:13
信じられないのは信じたくないからではなく、映画の作りが中途半端すぎるから。これなら矢追純一さんに好き勝手に映画を撮らせた方が断然面白いのでは?と思えるほど、見終わった後に何一つ残らない映画でした。まぁ眠くなるということはなかったのですが、ただ最初から最後....
9. THE 4TH KIND フォース・カインド  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年12月21日 13:59
年の暮で忙しないぃ〜〜〜けど観ちゃった、、、ちょっと興味があって【story】アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。患者...
10. THE 4TH KIND フォース・カインド  [ Movies 1-800 ]   2009年12月24日 00:44
The Fourth Kind (2009年) 監督:オラントゥンデ・オスサンミ 出演:ミラ・ジョヴォビッチ、イライアス・コティーズ、ウィル・パットン 2000年10月アラスカ州ノームで起きた超常現象について描いたミステリー。 複数の不眠症患者を担当する精神科医が、自分も含めて、皆、同...
11. THE 4TH KIND フォース・カインド(2009)  [ 銅版画制作の日々 ]   2009年12月24日 00:50
※タイトルはJ・アレン・ハイネックによる接近遭遇の分類のうち、宇宙人による誘拐を指す「第四種」から採られている。 信じられないのは、信じたくないだけなのか。 信じられないという以前に、どうも恐怖が見えないという感じがする。 久々にMOVX京都で鑑賞しまし...
12. THE 4TH KIND フォース・カインド  [ 小部屋日記 ]   2009年12月28日 11:00
The Fourth Kind(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:オラントゥンデ・オスサンミ 主演:ミラ・ジョボビッチ/ウィル・パットン/イライアス・コティーズ 信じられないのは、 信じたくないだけなのか。 「記録映像と再現映像からなるドキュメンタリー」風なモキュメンタ...
13. 『The 4th Kind フォース・カインド』 ズンアブー・イーターとは?  [ 映画のブログ ]   2009年12月30日 02:05
 【ネタバレ注意】  面白い映画だった。  2000年に発生した事件を、当時撮影されたという記録映像と再現映像、そして現在のインタビュー殮.
14. 映画:THE 4TH KIND フォース・カインド  [ よしなしごと ]   2010年01月08日 01:25
 2010年、最初に観た作品はこの作品でした。THE 4TH KIND。
15. mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年04月29日 11:21
行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じ...
16. フォース・カインド  [ oguoguの日々映画見っ放し! ]   2010年06月25日 22:00
2009年12月上映 監督:オラントゥンデ・オスサンミ 主演:ミラ・ジョヴォヴィ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   2009年12月19日 13:56
あーやっぱりね。
認めちゃったんですか。
どう見てもパチモンでしたからね、記録映像。
ドラマとしてもドキュメントとしても中途半端で、謎解きも直ぐにネタバレしちゃうから後半がグダグダでした。
この手のを作るなら、もっと徹底的にやるか、フェイクドキュメンタリーにしてしまった方が良かったでしょうね。
2. Posted by えめきん   2009年12月19日 21:09
ノラネコさん、コメントどうもです。

パチモンであることも謎の正体が×××であることも知って観に行ったので、普通の人とは楽しみ方が変わってしまいました。それでも再現映像とパチモン映像のリンク以外は見所のない作品でしたね。

>フェイクドキュメンタリーにしてしまった方が
来年にはSFフェイクドキュメンタリーの『第9地区』が公開されますよね。こちらは非常に楽しみです。
3. Posted by たいむ   2009年12月20日 09:27
こんにちは。
最初から正体を匂わせたら、お客さん半減しますよね(^^;
上手いつくりだとは思うけれど、それならそれで種明かしはすべきですよね〜。
本気で最後まで騙しとおす気だったのかしら?
4. Posted by にゃむばなな   2009年12月20日 16:05
やっぱりあの実映像はフェイクでしたか。
というか、あそこまで手の込んだ映像が作れるなら、映画本編をもっと気合入れて作れよ!って思いましたよ。
5. Posted by 由香   2009年12月21日 14:02
こんにちは・・・

>実録映像はでっち上げです
おお〜!!そうでしたか〜
どうなんだろう?と思いながら、まぁ〜どっちでもいいかぁ〜ってノリで流していたのですが(笑)

私もこういう系統のネタが好きな方なので結構興味深く観れました〜
×××は全く見たことがないけど、、、×××の乗り物くらいは目撃してみたいです(笑)
6. Posted by えめきん   2009年12月22日 16:24
たいむさん、コメントどうもです。

>最初から正体を匂わせたら、お客さん半減しますよね(^^;
悲しい現実ですよね。あの正体が好きで観に行ったクチですから。
どうして世間は×××を冷遇するんでしょう?



にゃむばななさん、コメントどうもです。

>あそこまで手の込んだ映像が作れるなら
監督や重役達はフェイクだと知っていたでしょうが、再現映像の撮影スタッフはその事実をしっていたんでしょうか。
ミラ・ジョヴォヴィッチは必死に「これは真実」と連呼してますけど、案外ほとんどのスタッフには嘘を通していたのかもしれませんね。
7. Posted by えめきん   2009年12月22日 16:26
由香さん、コメントどうもです。

×××の乗り物は、生きているうちに一度くらいは見てみたいですね。ただ×××本体はあまりお目にかかりたくないような。襲われそうだし。
友好的な×××なら大歓迎なんですけどね。
8. Posted by UFO   2009年12月24日 15:59
日本内でUFO観たことあるよ。 だから 実際ノームではないが、 米国や世界中では かなり似たような事は起こってますよ。 政府が隠してるだけ。 実際他の街で、 昔のビデオがあったんじゃないかな…(勿論政府に没収されてます) その噂話を元に作ったんでは? だから完全なフェイクではない。 ノームというのはフェイク って事。
9. Posted by えめきん   2009年12月25日 11:09
UFOさん、コメントどうもです。

UFOを目撃したとは羨ましい!僕も一度でいいから見てみたいですね。

宇宙人によるアブダクションの事例を元にした映画である事は間違いないでしょうが、ノームという町を実名で出したのが不味かったんでしょうね。町の名前も伏せていればこういった事態にはならなかったでしょう。
まぁそうしたら、内容の胡散臭さがさらに大きくなってしまいますが。
10. Posted by ヤヨイ   2010年01月07日 07:11
初めまして、えめきんさん。余計なお世話かと思いますがちょっと気になったので
コメントさせて頂きます。

えめきんさんは「実録映像は嘘っぱち」と仰っていますが、配給元のユニバーサル
・ピクチャーズは、アラスカ州ノームで起きた「実際の事件」及びこの映画をその
「実際の事件」に基づいていると見せかけるためにネット上で配信したニュース記
事や訃報の偽造を認めてアラスカ記者クラブに対して和解金を支払ったのであり、
実録映像を作り物(偽物)であるとを認めた訳ではありません。

要するに事件は偽造でも実録映像までもが偽造かどうかは判らないということです。

世の中、ひとつ嘘があると全てが嘘と思われるのは仕方ないことで、自業自得(配
給元側の)という感じもしますが、嘘っぱちと言い切ってしまうのは、純粋に事実
への誤解を招く発言だと感じたので失礼ながらコメさせて頂きました。

ちなみにこうした意見をしておいてなんですが、私自身(映画は観ました)はあの
実録映像は偽造なのではないかなあと疑っています。タイラー博士が実在している
証拠もないですし笑

ただ、疑ったり信じたりするのは個人の自由ですが、発表されている事実は正しく
受け止めなければ要らない誤解をする人が増えてしまうのもまた事実なので

……余計なことを言ってスミマセン。気に入らなかったら削除してください。
11. Posted by くわまろ   2010年01月07日 16:37
こんちはー

TVCMやオフィシャルサイトで流れる記録映像がかなり不気味でしたので、他にどんな衝撃的な記録映像が見られるのかとワクワクしなながら鑑賞に行きましたが、実際は“ほぼそれだけ”で、むしろそちらに驚いた次第です。「65時間に及ぶ記録映像から抜粋した・・・」ならもう少し、見せられる映像はなかったのかよーとも。
(無いのでしょうね)記録映像はあくまでも再現映像(本編)のプロモーション用ですね。その辺はうまいなーとも。
その記録映像についても完全に作り物であること丸分かりで、私も仕事が映像関係なんですが、決定的な部分が何箇所かあり、あまり見せるとバレてしまうこともあって記録映像がそれほどなかったようにも思います。
ともあれ、見る前の期待を大きく膨らませてくれたという点では満足かな。
12. Posted by えめきん   2010年01月07日 22:11
ヤヨイさん、コメントどうもです。

偽造であることを認め、和解金も払ったという事で何もかも嘘だと早とちりしてしまいました。
ということは、経緯はどうあれ映像自体は本物である可能性がある訳ですね。あれが本物なら個人的にワクワクしてしまいますが、あれだけ密接に絡んでいる物語が嘘となると、こちらもやはり嘘だと思ってしまいますね。とりあえず本文は修正しておきます。
ご指摘ありがとうございました。



くわまろさん、コメントどうもです。

衝撃映像を予告でほとんど見せていたのは問題ですよね。タイラー博士が昇天していくところがクライマックスだとは思いませんでした。
やはり映像関係の仕事をされていると、そういう粗は見えてしまうんですね。そういう点も含めて、わざわざ「事実」だなんて宣伝せずに嘘臭さ満載で公開した方がネタ的に面白かったでしょうね。
13. Posted by oguogu   2010年06月25日 22:09
5 TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
 私は「これ、実在の話なのか!?」と
勘ぐってるときが一番好きです(笑
だから、でっち上げと聞いてちょっと残念。
ネットを調べたときに興ざめでしたが、こういう作りもありかと・・・
14. Posted by えめきん   2010年06月26日 06:49
oguoguさん、コメントどうもです。

話がでっち上げなのはいいんですが、いかにも「本当に起きたこと」のような言い回しの宣伝は問題だったと思います。
でもあの再現映像は斬新でした。肝心な部分のほとんどはノイズで見えませんでしたけど(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔