2009年12月23日

パブリック・エネミーズ3

8e1d8cc3.jpg

1933年、大恐慌真っ只中の
アメリカ。パブリックエネミー(社会
の敵)潤・Pと言われた男ジョン・
デリンジャーは、大胆な手口で次々と
銀行を襲撃していた。業を煮やした
FBIは、敏腕捜査官メルヴィン・
パーヴィスにデリンジャー逮捕を指示
する。そしてジョンは、運命の女性
ビリーと出会う。


実在した犯罪者ジョン・デリンジャーを題材にしたノンフィクション
映画。主人公ジョンを演じるのはジョニー・デップ。そのジョンを
追う捜査官メルヴィンをクリスチャン・ベイルが、ジョンが愛した
女ビリーをマリオン・コティヤールが演じています。
監督は骨太なサスペンスドラマを得意とするマイケル・マンです。

予告ではジョンとビリーの愛の逃避行みたいな紹介の仕方を
していてメルヴィンがほとんど無視されていますが、そんな愛の
逃避行はほとんど描かれていないので、ジョニデ目当ての女性
ファンの方々はご注意下さい。ではジョンとメルヴィンの対決が
メインとなるかというとそういう訳でもなく、クリスチャン・ベイル
目当ての映画ファンの方にも注意が必要です。

正直に言うと、この映画に見所をあまり見出せなかったんですよね。
好敵手であるメルヴィンは終始ジョンを追い続けるものの、大した
成果も得られない上にジョンとメルヴィンが対面するのもごくわずか。
本来メルヴィンがかっさらうべき最後の見せ場も部下に取られて
しまう始末です。あまりの活躍の無さに、「最後は捜査の進まない
苛立ちで常識外れの大暴走するんじゃないか?」と想像したん
ですが、ビックリするほどの暴走ではなかったです。
ヒロイン・ビリーとの絡みも中盤スッポリ抜け落ちているし、終盤も
ほんのちょっとあ再会するだけ。
ジョンと絡む事で映画のジャンルを決定付けるはずの二人の人物が
とにかく目立たないんですよね。

最後まで観て思ったのは、この映画はジョン・デリンジャーを
題材にした典型的な伝記映画だった
ということ。サスペンスや
ラブストーリーなんてものはハナから期待しちゃいけなかったん
ですね。
この映画にはジョン・デリンジャーの魅力がたくさん詰まって
います。華麗に銀行を襲撃し、人的被害は極力出さない。狙いは
銀行の金だけで個人のお金や誘拐事件には決して手を出さない。
一途に一人の女性を愛し、女のためなら危険を犯すことも辞さない
行動力を持っている。さらに大胆不敵で、終盤の捜査本部訪問は
とても素敵でした。

ジョン・デリンジャーの人となりはよく解かったんですが、映画
としては派手さに欠ける印象。史実に忠実に製作した結果だと
思いますが、もう少し脚色してもバチは当たらなかったと
思います。



e5125aspaceodyssey at 23:00│Comments(10)TrackBack(19) 映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. パブリック・エネミーズ  [ ☆彡映画鑑賞日記☆彡 ]   2009年12月23日 23:16
 『大胆不敵な銀行強盗 奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。』  コチラの「パブリック・エネミーズ」は、1930年代の大恐慌時代、己の美学を貫き通した伝説の銀行強盗ジョン・デリンジャーをジョニー・デップが演じる12/12公開のバイオグラフィー・サスペ...
2. パブリック・エネミーズ  [ Akira's VOICE ]   2009年12月24日 17:59
上がった期待値に応えてくれる終盤が良い!!  
3. 「パブリック・エネミーズ」 男は視線で女を殺す  [ はらやんの映画徒然草 ]   2009年12月24日 22:56
ジョニー・デップと言えば、おかっぱ頭のチョコ屋さんだったり、目の周り真っ黒の船長
4. パブリック・エネミーズ 2009-56  [ 悠久の華美 ]   2009年12月26日 21:31
「Heat」、「インサイダー」、「コラテラル」、「マイアミ・バイス」、巨匠マイケル・マンの作品です。相変わらず男臭い映画ですね!でギ..
5. 映画:パブリックエネミーズ PUBLIC ENEMIES デップ+マイケル・マン=無性にカッコよすぎ  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2009年12月27日 07:40
我ながらドバイばっかりでゲップが出てきた(だいたい仕事で行ってるし) ので、機内映画だったコレを紹介。 この映画、まずはデップ。 (クリスチャン・ベールもがんばっているのだが、役的にかなわない) そして、監督・脚本・製作のマイケル・マンの2人に尽きるだろう...
6. 伝説の男となる所以。『パブリック・エネミーズ』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2009年12月27日 10:03
大恐慌時代のアメリカに実在した銀行強盗犯ジョン・デリンジャーを描いた作品です。
7. パブリック・エネミーズ  [ ★YUKAの気ままな有閑日記★ ]   2009年12月27日 23:43
ちょっと風邪引いちゃったんだけど、、、ジョニーに会いたくって朝一で鑑賞【story】鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返す世紀のアウトロー、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)。利益を独り占めする銀行を襲撃する大胆不敵な犯罪行為、強...
8. パブリック・エネミーズ  [ C'est joli〜ここちいい毎日を〜 ]   2009年12月28日 13:25
パブリック・エネミーズ’09:米 ◆原題:PUBLIC ENEMIES ◆監督: マイケル・マン「マイアミ・バイス」「コラテラル」「ヒート」◆出演: ジョニー・デップ 、 クリスチャン・ベイル 、 マリオン・コティヤール ◆STORY◆大不況時代の1933年、銀行強盗のデリンジャーは....
9. パブリック・エネミーズ  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2009年12月29日 07:10
 『パブリック・エネミーズ』を日比谷のTOHOスカラ座で見ました。  『チャーリーとチョコレート工場』や『スウィーニー・トッド』など映画ごとに全く違った顔を見せるジョニー・デップが、今度はどんな顔を見せてくれるのだろうという期待で映画館に出かけてみました...
10. 映画:パブリック・エネミーズ  [ よしなしごと ]   2009年12月29日 10:51
 見たかった映画の時間を間違え、へんな時間に劇場に着いてしまいました。と言うわけで、急遽観る作品を変更し、この日公開初日だった作品パブリック・エネミーズを観てきました。土曜日の夕方で公開初日、そしてあのジョニー・デップ。混んでいるだろうなぁと思いつ...
11. 「パブリック・エネミーズ」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2009年12月29日 12:04
ジョニー・デップと古代進を天秤にかけ、やっぱり長年の付き合いから古代が勝ったゆえ後回しになった『パブリック・エネミー』。(クリスチャン・ベイルのことはすっかり忘れていた[E:coldsweats01]
12. パブリック・エネミーズ  [ めでぃあみっくす ]   2009年12月29日 13:27
バイバイ、ブラックバード。このセリフが『男の世界』の奥深さを静かに物語る映画でした。やはりマイケル・マン監督が描く「男たちの世界」は相変わらず渋くて格好いいです。そして「漢の世界」に到達できる「男」はごく一部だと諭しているようなあのラストも、静かで格好い....
13. パブリック・エネミーズ・・・・・評価額1550円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2009年12月29日 21:04
アメリカ犯罪史上に名を残すギャング、ジョン・デリンジャー。 過去に何度も映像化されてきたキャラクターだが、映画では1973年にジョン・ミヮ..
14. 「パブリック エネミーズ」 世界一セクシーな強盗  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2009年12月30日 23:54
もう、とにかくため息つきまくり♪ だって、普段は見ることのなかったジョニーのうなじが見れちゃうんだよ!! しかも、いつだって乱れ髪のジョニーが、きちんとセットしていて、そしてその髪がハラリと乱れて・・・・きゃ????ぁああああ!! え?内容?・・・・・・・い...
15. パブリック・エネミーズ  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2010年01月17日 19:26
奪うのは、汚れた金 愛したのは、たった一人の女。
16. 【映画】パブリック・エネミーズ…聞いていて退屈な昔話  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2010年08月10日 12:19
{/kaeru_fine/} 新規購入したTV{/tv/}の話。 「散在報告」にかこうかとも思ったのですが、わたしの個人的な買い物でも無いのでココに書かせていただきます{/face_warai/} 先日記事にも書いたHDDレコーダー故障{/down/}に伴い新しいのを買う必要に迫られた我が家{/ase/}{/ase...
17. パブリック・エネミーズ  [ mama ]   2010年12月03日 16:55
PUBLIC ENEMIES 2009年:アメリカ 原作:ブライアン・バーロウ 監督:マイケル・マン 出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベール、マリオン・コティヤール、ビリー・クラダップ、 ...
18. 『パブリック・エネミーズ』'09・米  [ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... ]   2010年12月05日 21:14
あらすじ1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョンは鮮やかな手腕の銀行強盗として注目を集めていた。ある日、彼はクラブのクローク係として働く美しいビリーに目を奪われる・・...
19. パブリック・エネミーズ  [ RISING STEEL ]   2011年02月17日 11:32
パブリック・エネミーズ / PUBLIC ENEMIES 現在ハリウッドにおいて人気、評価ともに最高峰のスター、ジョニー・デップ主演 男の世界をコダワリある演出で描き続け、熱狂的なファンの多いマイケル・マン監...

この記事へのコメント

1. Posted by 由香   2009年12月27日 23:49
こちらにもお邪魔します♪

ジョニー主演という事で、ファンとしてはスゴク楽しみにしていたのですが、、、ちょっとガッカリして鑑賞を終えました(泣)
主要な登場人物以外は誰が誰だかよく分からなかったし、何をどう描きたかったのかも伝わらず、、、もう少し映画なりの派手さや心理描写が欲しかったですぅ〜
2. Posted by えめきん   2009年12月28日 19:57
由香さん、コメントどうもです。

もっと派手なエンターテイメントだと思っていたんですが、意外に地味な作品でしたよね。
ジョニー・デップとクリスチャン・ベイルとの対決を期待してたんですが、その点は見事に省略されていてガッカリでした。
3. Posted by たいむ   2009年12月29日 12:03
こんにちは。
デリンジャー自身の魅力を伝える上ではジョニーの起用は確かだったように思うのだけど、それだけで終わっちゃった感じでもありました。
もっと明るくてテンポの良いものと思っていただけに、あらら〜でした(^^;
4. Posted by にゃむばなな   2009年12月29日 13:28
この映画の予告編やTVCMはマイケル・マン作品のよさを全く出せてませんでしたよね。
だから評価もイマイチ上がらないのかと思います。

やはりマイケル・マン監督といえば「男の世界」。これをもっと強調しないと!
5. Posted by hito   2009年12月29日 15:34
こんにちはー

面白くないわけじゃなんだけど、期待していたものと少し違っていたためかあまりにもアッサリでしたねー
実際の出来事に基づいているからある程度は仕方ないにしても、えめきんさんおっしゃるようにもうちょっと脚色してドラマティックにしてくれても良かったのに・・と残念です。

クリスチャン・ベイルとの対決もしくは友情みたいなものが欲しかったですね!
6. Posted by ノラネコ   2009年12月29日 21:11
まあ良くも悪くもマイケル・マンらしい映画ですね。
この人は元々ストーリーは弱いので、ムードにのれるかどうかで評価は変わりそうです。
私は結構好きですけど、もちょっとラブストーリーに降っても良かったかなと思います。
7. Posted by えめきん   2009年12月29日 22:54
たいむさん、コメントどうもです。

確かにジョニーの見せ場だけで終わってしまった感はありますね。クリスチャン・ベイルの活躍がもっと観たかったのに。

>もっと明るくてテンポの良いものと思っていた
僕も娯楽性満載のクライムサスペンスだと思っていたので、この淡白さは残念でした。



にゅむばななさん、コメントどうもです。

CMでは「愛の逃避行」とか言っていたので、「どうせ女性客を引き込むための大嘘で、ホントはデップとベイルの男の対決なんだろう」なんて思っていたんですが、まさかベイルまで脇に追いやられているとは思いませんでした。もっと男の汗臭さを出して欲しかったんですけどね。
8. Posted by えめきん   2009年12月29日 23:01
hitoさん、コメントどうもです。

映画は見世物ですからね。史実に従ってつまらなくなるよりは、嘘でもいいから面白さを追求して欲しいという願いはありますよね。
この映画で一番面白かったのは、デリンジャーが大胆にも捜査本部に乗り込むところです。あそこは多分、嘘の部分なんでしょうね。



ノラネコさん、コメントどうもです。

>もちょっとラブストーリーに降っても良かったかなと
そうですよね、デリンジャー以外の視点をもっと出して欲しかったです。僕としては、FBIとの対決をもっと前面に出して欲しかったですね。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2009年12月30日 23:59
えめきんさん、こんばんわ☆
今年一年、お付き合いいただきありがとうございました。
ロンドンに行ってから、あまり映画を観られなくなって、残念ですが、これからもどうぞよろしくお願いします☆

私のようなジョニーファンには、たまらない映画でしたけど、内容があまりに薄くて、残念でした。
どちらかというと、男くさい生き様の方を観たかったですね〜
10. Posted by えめきん   2009年12月31日 08:28
ノルウェーまだ〜むさん、コメントどうもです。

>男くさい生き様の方を観たかったですね〜
男くささ、足りなかったですよね。ジョニー・デップを起用して、デリンジャー像を綺麗にしすぎたのかもしれませんね。


ノルウェーまだ〜むさん、今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
それでは良いお年を。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔