2010年06月19日

ザ・ウォーカー4

7b3ecc12.jpg

終末戦争で文明が崩壊した世界。
一人の旅人<ウォーカー>が、
一冊の本を抱えて30年の長い旅を
続けていた。
旅の途中、ウォーカーはとある街を
訪れ、街の支配者カーネギーに
目を付けられる。カーネギーの狙い
はウォーカーが持つ「世界を支配
出来る本」だった。


デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンが共演したSF作品。
終末世界を舞台に、世界を支配する本を巡る戦いが描かれます。
監督はジョニー・デップが主演した悪趣味スプラッター映画
『フロム・ヘル』のヒューズ兄弟。過度のスプラッター描写は
今回は押さえ気味ですね。

ジャンルとしてはアクション・アドベンチャーになるんでしょうか。
ウォーカーの旅がメインで描かれますが、数は決して多くない
ものの見応えのあるアクションシーンが盛り込まれてます。
ウォーカーの武器は切れ味鋭いナタ。こいつを使った殺陣は
流れるような動きでカッコ良い。他にも一撃必殺の弓矢や命中率
バツグンの拳銃なんかも使います。アクションの見せ場は後半の
一軒家での戦い。外から十字砲火を浴びせるカーネギー一味と
屋内で防戦するウォーカーをグルグル回る視点でワンカットで
見せる演出は良かったです。

一番の謎である本の正体。実は映画を観る前からその正体を
知っていたんですが(情報サイトでそれと解かる表現で書いて
あったものですから)、劇中でもその正体は結構アッサリ
明かされます。解かる人には開始30分くらいで解かるんじゃ
ないでしょうか。
しかしこの本には、もう一つ秘密が隠されています。その秘密は
予測できなかったですね。それと同時に、映画に隠された伏線を
確認するためにもう一度観たくなりました。

ちょっと残念だったのはゲイリー・オールドマン演じる敵キャラの
カーネギー。最近は『バットマン』の少し頼りない熱血刑事や
『ハリー・ポッター』の気の良いオジサンなどの役が多かったので
久々のハジケた役を期待してたんですが、いたって普通の悪役
でしたね。本への欲求を原動力にした、激しい狂気を見せて
欲しかったです。

予告編を観た時の印象よりは小粒な内容ですが、アクションあり
謎ありで楽しめる出来でした。『フロム・ヘル』があまり好きな
内容ではなかったので本作もあまり期待してなかったのも
意外な高評価に繋がったかもしれません。



e5125aspaceodyssey at 22:51│Comments(7)TrackBack(23)映画のレビュー・さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2010年06月19日 23:21
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシヮ..
2. ザ・ウォーカー  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2010年06月20日 00:29
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
3. ザ・ウォーカー  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2010年06月20日 00:43
 アメリカ  SF&アクション&サスペンス  監督:アレン・ヒューズ&アルバート・ヒューズ  出演:デンゼル・ワシントン      ゲイリー・オールドマン      ミラ・クニス      レイ・スティーヴンソン 【物語】  世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をし...
4. ザ・ウォーカー  [ ゴリラも寄り道 ]   2010年06月20日 00:52
<<ストーリー>> 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰の..
5. 劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」  [ 日々“是”精進! ]   2010年06月20日 05:30
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
6. ザ・ウォーカー  [ 悠雅的生活 ]   2010年06月20日 08:34
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
7. 『ザ・ウォーカー』  [ めでぃあみっくす ]   2010年06月20日 11:58
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画で....
8. ザ・ウォーカー / The Book of Eli  [ 勝手に映画評 ]   2010年06月20日 15:45
何らかの原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですからねぇ...
9. 「ザ・ウォーカー」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2010年06月20日 17:37
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
10. ザ・ウォーカー を観たゾ  [ ヤジャの奇妙な独り言 ]   2010年06月20日 21:06
上映前からちょっと気になっていた ザ・ウォーカー を看ました 原題:THE BOOK OF EL
11. ザ・ウォーカー  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2010年06月20日 22:44
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ....
12. ザ・ウォーカー  [ 象のロケット ]   2010年06月20日 23:16
世界滅亡後のアメリカ大陸。 世界に一冊しかない“本”を運ぶため、“ウォーカー”と呼ばれる男は、30年間、西へ向かって歩み続けている。 ある町の独裁者カーネギーは、真の支配者となるためにその本を必死で探していた。 カーネギーの情婦の娘ソラーラはウォーカーと本...
13. ザ・ウォーカー  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年06月21日 00:00
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、30...
14. ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2010年06月21日 23:50
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきまし...
15. 「ザ・ウォーカー」感想  [ 狂人ブログ ??旅立ち?? ]   2010年06月22日 21:49
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
16. ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2010年06月28日 11:41
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映...
17. ザ・ウォーカー  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2010年06月29日 00:09
【監督】アルバート・ヒューズ/アレン・ヒューズ 【出演】デンゼル・ワシントン/ゲイリー・オールドマン/ミラ・クニス/レイ・スティーブン??.
18. 西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』  [ 真紅のthinkingdays ]   2010年07月12日 18:54
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
19. 「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・  [ はらやんの映画徒然草 ]   2010年07月17日 14:58
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
20. ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI  [ いい加減社長の映画日記 ]   2010年07月19日 23:14
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3〜...
21. mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆  [ サーカスな日々 ]   2010年12月04日 21:45
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
22. 【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから?  [ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 ]   2011年03月16日 03:35
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。 ..
23. 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー  [ RISING STEEL ]   2011年05月24日 20:13
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノラネコ   2010年06月19日 23:27
なんとなく、昔テレビ東京のお昼のロードショーでよく流れていた70年代のB級SFを思い出しました。
まあ一言でいって珍品ですけど、遊び心があるのでなかなか楽しめました。
最後のオチは流石に読めなかった。
でも思い返してみると、最近のリメイク作よりもずっとあの日本映画の殺陣に近かったです。
2. Posted by にゃむばなな   2010年06月20日 11:49
これ、クリストファー・ランバード主演で見たかったです。
そういうB級作品の方がもっと楽しめたかも?
3. Posted by たいむ   2010年06月20日 17:40
こんにちは!
>一軒家での戦い
壁を隔ててあっちとこっちの構図をロングにとったり、グルグルするのって私も好きですw
銃撃戦はやり過ぎで笑っちゃうくらいなのが好きだし、大鉈を振り回すのもあのくらいやってくれると痛みがなくて良いです。
物足りない部分もあるけれど、私も楽しく映画を観ましたよw
4. Posted by えめきん   2010年06月21日 23:20
ノラネコさん、コメントどうもです。

確かに一昔前のB級SFの雰囲気がありましたね。有名俳優を使ってはいますが、あまりお金をかけた印象ではないですし、その辺りからもB級っぽさが出ていますね。

>最近のリメイク作よりもずっとあの日本映画の殺陣に近かったです。
あの日本映画は本当に酷かったので、それに期待していたものがこちらで見られて嬉しかったです。



にゃむばななさん、コメントどうもです。

>クリストファー・ランバード主演で見たかったです。
それも面白そうですね。カーネギー役でもいいかもしれません。
5. Posted by えめきん   2010年06月21日 23:23
たいむさん、コメントどうもです。

アクションシーンは少ないながらも、その分粒揃いだったのが良かったですね。
もちろん不満もありますが、SF好きのツボを押さえた設定だったと思うので、面白く見ることができました。
6. Posted by メビウス   2010年06月29日 00:09
えめきんさんこんばんわ♪こちらにもお邪魔します。

開始30分・・・。正に自分もそれくらい早く本の正体に気付いてしまったのですが、もう一つの秘密に関してはえめきんさん同様予測できませんでしたね。色んなシーンでイーライが本を読んでるシーンはありましたけど、なんかうまい具合に中身を隠していてさも普通に読んでるように錯覚させられたので、そこはしてやられたと思いましたw

でも個人的にはもうちょっとアクション要素多めの方が良かったですね。それに今思うと予告編とかでそのアクションなどの見せ場も少々見せすぎだった気がしないでもないです・・。
7. Posted by えめきん   2010年07月02日 22:26
メビウスさん、コメントどうもです。

イーライの秘密は全く読めませんでしたね。思い返してみれば「ああ、あのシーンとかそうだったな」って思えるんですけど。本を読むシーンなんて一番解かりやすそうなものなのに、全く気付きませんでしたからね。やはりもう一度見返してみたいです。

アクション要素は少なめでしたが、その分個々のシーンの質が良かったので満足です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔