2010年06月27日

超電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ4

154良太郎の持つデンライナーのパス
が盗まれた!犯人は世界のお宝を
集める仮面ライダーディエンド
こと海東大樹。大樹の目的は、
過去の自分を抹消することだった。
さらに大樹と良太郎の前に、時間
犯罪者を取り締まる時間警察
からの刺客、黒崎レイジが
立ちはだかる。


人気シリーズを2週間ずつ3作連続で公開する『仮面ライダー×
仮面ライダー×仮面ライダーTHE MOVIE 超・電王トリロジー』。
最終作となる第3段の主人公は仮面ライダーディエンド!って
『電王』関係ないじゃん!(ディエンドは電王の二代後輩の
『仮面ライダーディケイド』のキャラクターです)

今回も相変わらず、コメディ満載の漫才テイストで進行するん
ですが、いつもの電王とは若干印象が違います。特にコメディ
パートはいつものノリを期待してると結構違和感が。
それもそのはず、今回の脚本は、TVシリーズからほぼ全ての
『電王』脚本を手掛けている小林靖子ではなく、『ディケイド』の
メインライターである米村正二が手掛けています
(米村さんも
『電王』は4話分だけ脚本を書いてます。小林女史は今回監修を
担当)。そういう点からも、今回は『電王』の映画というより、
ディエンドを主役にした『ディケイド』のスピンオフという
位置付けが正しいのではないでしょうか。

お宝集めに命を賭ける海東大樹。「お宝のためなら命も賭ける」
という彼の信念が良く出たストーリーになっていますね。実は
寂しがり屋みたいな一面もしっかり描かれていました。
今回はさらに新ライダー、G電王も登場。デザインが宇宙刑事
みたいで格好良いです。G電王に変身する黒崎レイジの過去には
母との確執があって、それが物語後半の重要な要素になるん
ですが、前半にその辺りに関する伏線が全くないので、少々唐突
にも感じられます。これがちょっとマイナス点ですかね。

そして今回の目玉、新登場のディエンド・コンプリートフォーム。
ディケイドのコンプリートフォームは歴代主役ライダーの力を
コピーするものでしたが、ディエンドは歴代劇場版ライダー8人を
召喚します。ディエンドを含めた9人が一斉に必殺技を繰り出す
ファイナルアタックライドは大迫力でしたが、やられる側からしたら
完全にイジメです(まぁディケイドはオールライダーキックという
もっと酷い事してますけど)。

『電王』はまだまだ続いて欲しいけど、ディエンド(ディケイドも)は
これで見納めかな。またゲストとして出てきて欲しい気もしますが。
『超電王トリロジー』もこれで完結。次は『W』の劇場版だけど、
冬くらいにまた『電王』に帰ってきて欲しいな。



e5125aspaceodyssey at 21:30│Comments(2)TrackBack(3) 映画のレビュー・か行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

【監督】柴崎貴行 【出演】戸谷公人/古川雄大/秋山莉奈/松本若菜/溝口琢矢/松元環季/永田彬/上野亮/草村礼子/石丸謙二郎/ 【公開日】201N..
「電王トリロジー」の最後を飾るEPISODE YELLOWの主人公は仮面ライダー
『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー 超電王トリロジー THE MOVIE/EPISODE YELLO お宝DEエンド・パイレーツ』・・・と、これまた題名が長すぎ。 『電王』なのに、なんでディエンド? と思っちゃうけど不思議と違和感がないのは、『電王』も『ディケイ...

この記事へのコメント

1. Posted by メビウス   2010年06月28日 23:45
えめきんさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ホント、電王トリロジーとして括るよりは、むしろディケイドスピンオフとして認識した方が良いですね。でもやはりディケイドは電王組ではないからか、モモたちとの絡みもたどたどしかったような気が・・?それに海東も昔の頃と比べるとかなり義理人情に厚くなったよーな?士たちの影響でしょうかね?(笑

ケータッチの登場は唐突過ぎましたが、見せ場であるコンプリートフォームはやはり凄かったですね♪ディケイドと違ってディエンドはライダーを召還するタイプですから、スケールの面ではディエンドが上かも?
コンプリート同士の対決というのも観たかったものですが、海東が『もう会う事も無いだろう』なんて言ってたから、かなり望みは薄いかもしれませんね?(汗
2. Posted by えめきん   2010年07月02日 22:23
メビウスさん、コメントどうもです。

『電王』も好きですが、やっぱり『ディケイド』も(ラスト以外は)好きなので、こうして『ディケイド』の外伝を観られたのは良かったです。

ディエンド・コンプリートフォームは素敵でしたね。ディケイドとの対決は是非観てみたいですが、やっぱり数的にディエンドの圧勝でしょうか(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔