2010年10月02日

パンドラム2

312西暦2174年。資源の枯渇した
地球に替わる新天地・タニスへの
移住計画に選ばれた人々は、宇宙船
エリジウムで長い航海に出た。
乗組員のバウアーは突如冷凍睡眠を
解除されて覚醒する。しかし船は
まるで死んだように沈黙していた。
船に何があったのか。出航から
一体どれだけの月日が流れたのか。

 

『バイオハザード検.▲侫拭璽薀ぅ奸が絶賛公開中のポール・
W・S・アンダーソン監督がプロデュースを務めたSFサスペンス。
閉ざされた宇宙船が舞台だったり、主人公達が謎の恐怖に
遭遇する辺り、アンダーソン監督の初期作『イベント・ホライゾン』
に非常に似ていますね。

こういう映画は実に好みなんですが、この映画は色々と
ゴチャゴチャしていてあまり楽しめませんでした。
宇宙という真の
闇の中に身動きのとれない恐怖に加えて、宇宙版『ディセント』
とも言える人食いクリーチャーが出現するという展開は非常に
楽しいんですが、恐怖の根源である「パンドラム症候群」が
具体的にどういうものなのかよく解からなかったり、クリーチャー
の起源が無茶苦茶だったりでイマイチ乗り切れません。
ご都合主義な展開(コックはなぜあんなに色々知っているのか)や
説明不足な点(男戦士と女戦士は何故対立していたのか。
そもそも何で男戦士は英語が喋れないの?)が多かったのも
気になりました。

SF設定もあまり面白みがありませんね。恐怖描写もそうですが、
肝となる要素がパンドラム症候群とクリーチャーの二種類ある
せいでどっちも中途半端にしか掘り下げられていない感じです。
欲張らずにどちらか一方に絞って、ひとつの要素に集中して
勝負した方が良かったと思います。

ポール・W・S・アンダーソンらしい大雑把なSF映画でした。
『バイオハザード』みたいな暴れるだけのアクションならそれで
いいんですが、今回は真っ当なハードSFを期待していたので
かなり物足りなかったですね。



e5125aspaceodyssey at 23:34│Comments(0)TrackBack(7)映画のレビュー・は行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【映画評】パンドラム  [ 未完の映画評 ]   2010年10月05日 01:54
6万の民を乗せた巨大宇宙船で冷凍睡眠から目覚めた船員が遭遇した恐怖。
2. パンドラム  [ 佐藤秀の徒然幻視録 ]   2010年10月07日 08:51
公式サイト。ポール・W・S・アンダーソン製作、クリスチャン・アルバート監督、デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・リー、エディ・ローズ、ノーマン・リーダス。観る前にまず英語のお勉強。Pandora's box=パンドラの箱、pand...
3. パンドラム  [ ともやの映画大好きっ! ]   2010年10月08日 05:09
(原題:PANDORUM) 【2009年・ドイツ】試写で鑑賞(★★★☆☆) コールドスリープから目覚めたクルーを襲う恐怖を描いたSFスリラー。 西暦2174年。地球の人口は増え続け、限られた資源の争奪が頂点に達し、滅亡寸前の危機を迎えていた。しかし地球と同じ環境の惑星タニス...
4. ★「パンドラム」  [ ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ ]   2010年10月12日 00:58
SFモノなので「アバター」のパンドラ星みたいに、 「パンドラム」って星の名前かと思ったら、全然違いました。
5. パンドラム(55点)評価:○  [ 映画批評OX ]   2010年10月22日 01:44
総論:密室、パニック、タイムサスペンスと、3拍子揃ったSFホラーの佳作。ドイツの新鋭監督クリスチャン・アルヴァートによるSFホラー映画。制作は「バイオハザードIV」のポール・W・Sヮ...
6. 「パンドラム」(2009)  [ INUNEKO ]   2011年03月16日 21:29
こんな時にというか、ニュースを見ていたくもないので、こんな時こそというか。 ツレと見るのを楽しみにしていたのに劇場で見そこねてしまった、貴重な宇宙の密室もの。 この設定だけで点数が甘々。 超巨大移民船のクルーである主人公は長期のコールドスリープから目覚めるが
7. 映画「パンドラム」レビュー(1番の見所はヒロインの胸の谷間です)  [ 翼のインサイト競馬予想 ]   2014年12月22日 23:31
映画「パンドラム」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『パンドラム』予告編動画 <<宇宙船の ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔