2011年01月29日

ザ・タウン4

タウン全米一銀行強盗が多発する、ボストンの
チャールスタウン。ここで生まれ育った
ダグもまた、仲間と共に強盗を生業と
していた。ダグは地元で暮らすクレアと
恋に落ちる。しかしクレアはダグが
襲った銀行の支店長で、人質として連れ
去られたことで心に傷を負っていた。
ダグは、自分が事件を起こした事を
打ち明けられず苦悩する。



ベン・アフレックの監督作第二段。試写会で観てきました。
前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』はミステリー色の強い作品
でしたが、今回は上質かつ骨太のクライムサスペンスに
仕上がっています。

ダグは強盗リーダーとして天賦の才能を発揮し、仲間達からも
元締めからも信頼されていますが、ダグ自身は危険な仕事から
足を洗いたいと願っています。そんな時出会った運命の女性クレア。
しかし、彼女の心の傷はダグ自身が負わせたもの。しかも
クレアは自分たち強盗団を破滅させかねない情報を握っており、
それを恐れるダグの相棒や、FBIの存在がダグを悩ませます。
恋愛劇を中心に様々に交差するドラマは非常に見応えがあります。

ドラマ部分の完成度の高さも勿論ですが、個人的にツボだったのは
犯行シーンやアクションシーンの描写の緻密さ。
最初の銀行強盗の
シーンでは、銀行のロックが解除される時間にピンポイントで狙いを
定めて銀行を襲撃し、息つく間もなく銀行を占拠。監視カメラの
HDDをレンジでチンし、去り際には漂白剤をばら撒いて現場に
残されたわずかなDNAまでも破壊して証拠隠滅。「実際に強盗
する時の手本になるんじゃないか」
思うくらいリアルな強盗
シーンになっています。

アクションシーンも想像以上に面白い。中盤のカーチェイスは、
俯瞰を駆使して、街中の混乱を見事に見せてくれます。さらに
クライマックスの銃撃戦の格好良さは半端じゃありません。
決してアクション映画ではないのに、超一級の銃撃戦を見せて
くれます。ここで大活躍するのが、本作の演技でアカデミー賞に
ノミネートされたジェレミー・レナー。狂気をはらみながらも
男気バッチリで、惚れてしまいそうになるくらい格好良いです。

今回もその才能を見せ付けてくれたベン・アフレック。今後は
もっといろんなジャンルに挑戦して欲しいですね。

e5125aspaceodyssey at 18:39│Comments(7)TrackBack(28) 映画のレビュー・さ行 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ザ タウン」逃れられない宿命  [ ノルウェー暮らし・イン・London ]   2011年02月02日 01:13
秋にロンドンで公開されていた映画。 途中まで見ていたので、続きを見たかった??と思っていたら、運よく機内映画で見ることが出来た。 冒頭から見せる迫力の銀行強盗シーン。 ジョン・デリンジャーの強盗と違って、それは確かにトラウマとして残る恐怖体験なのだけど・・...
2. ザ・タウン  [ うろうろ日記 ]   2011年02月04日 00:05
試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張
3. 映画「ザ・タウン」@ヤクルトホール  [ masalaの辛口映画館 ]   2011年02月05日 11:03
 客入りは7割ほど、試写会の主権はAXNさんだ。   ★ベン・アフレック監督、最新作★[初版・映画ポスター]ザ・タウン(THETOWN)[DS] 映画の話 綿密な計画を立て、ある銀行...
4. ザ・タウン  [ Memoirs_of_dai ]   2011年02月05日 12:51
監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。そ...
5. 『ザ・タウン』  [ こねたみっくす ]   2011年02月05日 15:09
荒削りだけど、面白い。 かつて離婚したら自身の財産の半分を渡すという婚前契約をジェニファー・ロペスと交わした男と同一人物とは思えないほど、ベン・アフレックが渋く格好い ...
6. ザ・タウン  [ 悠雅的生活 ]   2011年02月05日 19:20
人質。ダイヤのネックレス。お天気のいい日。
7. 映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2011年02月05日 20:35
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...
8. ザ・タウン/ THE TOWN  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2011年02月06日 00:06
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「
9. 劇場鑑賞「ザ・タウン」  [ 日々“是”精進! ]   2011年02月06日 15:19
「ザ・タウン」を鑑賞してきましたチャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベ...
10. ザ・タウン  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2011年02月06日 21:54
【監督】ベン・アフレック 【出演】ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイク・ライブリー/ジェレミー・レナー/ピート・ポスルスウェイト/クリス・クーパー/タイタス・ウェリバー/ 【公...
11. ザ・タウン  [ Akira's VOICE ]   2011年02月07日 16:27
犯罪を甘く描いたらダメだ!   
12. 映画 「ザ・タウン」の感想です。  [ MOVIE レビュー ]   2011年02月08日 15:47
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
13. 『ザ・タウン』 | 大傑作です。  [ 23:30の雑記帳 ]   2011年02月08日 21:42
アメリカでは 「数十年に一本のクライム・ドラマの傑作」 とまで評価する向きもあるようですね。 全面的に同意します。 クライム・ドラマって、見終わった後は どんなに面白 ...
14. 映画「ザ・タウン」感想  [ タナウツネット雑記ブログ ]   2011年02月08日 23:43
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写や...
15. 厄介な絆の形。『ザ・タウン』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2011年02月09日 12:55
強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。
16. その街の男〜『ザ・タウン』  [ 真紅のthinkingdays ]   2011年02月11日 10:14
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
17. この 町 だから  [ 笑う学生の生活 ]   2011年02月13日 11:47
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...
18. ザ・タウン  [ 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing ]   2011年02月13日 14:47
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ...
19. ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい  [ 労組書記長社労士のブログ ]   2011年02月14日 16:19
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...
20. 映画レビュー 「ザ・タウン」  [ No Movie, No Life (映画・DVDレビュー) ]   2011年02月15日 01:21
ザ・タウン  原題:The Town 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ベン・アフレットが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き、監督、主演を務めるクライム・ドラマ。舞台はボストンのチャ...
21. 『ザ・タウン』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2011年02月18日 12:30
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナ
22. ザ・タウン / The Town  [ うだるありぞな ]   2011年02月23日 11:10
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグは、かつては輝かしい将来を夢見ていたものの、今では父親と同じ道を進み、気心の知れた幼なじみたちを率いて銀行強盗を...
23. [遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2011年03月04日 07:06
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を観..
24. ザ・タウン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2011年03月09日 19:46
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
25. 映画:ザ・タウン  [ よしなしごと ]   2011年03月18日 05:04
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。
26. 映画『ザ・タウン』を観て  [ kintyre's Diary 新館 ]   2011年05月05日 23:10
11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:ベン・アフレック□脚本:ピーター・クレイグ□撮影
27. ザ・タウン  [ 銀幕大帝α ]   2011年07月31日 21:50
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...
28. ザ・タウン  [ RISING STEEL ]   2012年02月08日 22:30
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2011年02月02日 01:17
えめきんさん、こちらにも☆
やはり男の人にはかなりツボだった映画みたいですね。
私としては、女性目線になるので、心に傷を負った女性が出会ったばかりの男と夜飲みに行くとか無いし!って、ちょっと無理な脚本のように感じてしまいました。
2. Posted by えめきん   2011年02月03日 07:28
ノルウェーまだ〜むさん、コメントどうもです。

確かに、誘拐されたばかりの女性が見ず知らずの男にひょいひょい付いて行くというのは都合が良過ぎますね。
僕の場合は、「信じていたのに裏切られた女性の悲しみと愛する人を傷つけた男の苦悩」的な展開が何気に好きなので、クライマックスに近づくにつれて出会いでの違和感が吹っ飛んでしまいました(観ている最中は確かに唐突な出会いだと感じましたね)。
3. Posted by にゃむばなな   2011年02月05日 14:53
あの銀行強盗のシーンは勉強になりますね。
なるほど、漂白剤はそう使うのか!って。

それにしてもベン・アフレックはやっぱり男として格好いいですね。
それを改めて感じましたよ。
4. Posted by mig   2011年02月06日 00:08
こんばんは☆

犯罪アクションとして面白かったです、
恋の方はぜんぜん感情移入できなかったものの
楽しめちゃいました★
ベンは1作目も良かったし、今後も楽しみですよね♪

ジェレミーレナーの悪役、最高でした、オスカーいくかな??
5. Posted by メビウス   2011年02月06日 21:55
えめきんさんこんばんわ♪こちらにもお邪魔します。

謎をはらむ要素の多かった『ゴーン〜』に対し、本作はクライムモノらしくアクション性に富んでおり、ストーリーと相まってかなり面白かったですねぇ。自分も冒頭の銀行襲撃シーンからかなりのめりこんでしまいましたし、漂白剤がDNAを壊すなんてトリビアも知る事が出来てへぇ〜♪と頷いてしまったほどw
と言うかベンもなんでそんな事知ってたんでしょうね〜?(汗

腑に落ちない部分が無かったわけではありませんが、総合的に観れば完成度の高い作品で、ベンは今回もまた素晴らしい手腕だったと思います。
6. Posted by えめきん   2011年02月06日 22:12
にゃむばななさん、コメントどうもです。

ベン・アフレックはだんだん風格が出てきましたね。今ならもう一度デアデビルに変身してもOKな気がします(笑)。
監督業だけでなく、俳優業での一層活躍して欲しいですね。



migさん、コメントどうもです。

ジェレミー・レナーは2年連続のノミネートですが、今年の助演男優賞はクリスチャン・ベールにほぼ確定らしいので、受賞は難しいかもしれませんね。ただ本作と『ハートロッカー』でアクション俳優の地位を各個たるものにしたと思うので、『ミッション:インポッシブル』の新作での活躍には大いに期待してます。
7. Posted by えめきん   2011年02月06日 22:14
メビウスさん、コメントどうもです。

本作といい『ゴーン・ベイビー・ゴーン』といい、ベン・アフレックにこれほど演出の才能があるとは一昔前は想像も出来ませんでしたよね。今後もますます活躍して欲しいです。
漂白剤の使い方は大いにツボでしたね。ああいう細かい部分がしっかりしていたおかげで、物語に没頭できました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔