【ホノルル時事】岡田克也外相は12日午前(日本時間13日未明)、ハワイでクリントン米国務長官と会談し、幅広い分野での日米の協力強化に向け、同盟深化のための政府間協議を開始させることで一致した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、同長官は会談後の共同記者会見で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする現行計画が「最善の道」だと強調し、「進展を遂げることが重要だ」と早期履行を求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

都心で初雪 昨年より3日遅れ(産経新聞)
<保育新制度>待機児童解消へ 都がパートタイムの親対象に(毎日新聞)
「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換-愛知県春日井市(時事通信)
英語リスニング198人再テスト…センター試験(読売新聞)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)