「都知事は横審の委員だった。わたしも言われたが2度断った」。東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、過去に大相撲の横綱審議委員への就任を打診されたことを明らかにした。
 そして、日本相撲協会の理事選に立候補した貴乃花親方(元横綱)には「共感するところは多い」とエールを送ったが、同協会に対しては「営利主義に走りたがが緩んできた」と苦言を呈した。
 さらに知事は「伝統文化を守るため今からでもなろうかな、横審の委員に」とぽつり。「いや、ノーサンキューだけど」と即座に否定したものの、近年は不祥事が相次いでいる角界の現状には我慢がならない様子だった。 

<埼玉連続不審死>殺人容疑で女再逮捕へ 県警2月初めにも(毎日新聞)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
<鳩山首相>「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く(毎日新聞)
死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
捜査員を香港へ派遣 銀座の時計窃盗で警視庁(産経新聞)