経済産業省は4日、約20年前に製造された三菱電機製のブラウン管テレビが発火する事故が3件あったと発表した。経年劣化が原因とみられ、対象機種約26万台の使用中止を呼びかけている。

 対象製品は88年5月~91年1月に製造された29C-AT1▽29C-AT81▽29C-AT91▽29C-AT1BS▽29C-BA1▽27C-AT1▽29C-AT2▽29C-AT92▽29C-DA2▽27C-AT2▽29C-AT3▽29C-AT93▽29C-A3Z▽27C-AT3--の14機種と、ブラザー工業ブランドのCT29-844▽CT29-845▽CT29-846▽CT29-847▽CT27-742--の5機種。現在も使用されているのは約400台とみられるという。問い合わせは三菱電機(0120・250・395)まで。

【関連ニュース】
ブラザー工業(6448)は東証1部上昇率8位で前場を終了 複合機販売回復で通期利益予想を再増額
本日の予定

<大阪・橋下知事>府立高、撤退ルール検討 「私立と競争、選別強化」(毎日新聞)
裁判員判決は懲役17年=「犯罪抑止、重い刑を」-70歳男、猫餌やり口論殺人(時事通信)
<「1Q84」>「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
<龍谷大>日本史で入試ミス 受験者全員を正答扱い(毎日新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)