米軍普天間飛行場の移設受け入れの是非を最大の争点とする沖縄県名護市長選は24日午前7時から投票が始まった。

 投票は午後8時までに締め切られ、即日開票される。同日深夜には大勢が判明する見通し。選挙戦では、移設受け入れに反対する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が激しい戦いを繰り広げた。

 稲嶺氏は「新たな基地は造らせない」と明言。地域政党を含めた6党の推薦を受けた。

 島袋氏は街頭演説などで移設問題にはあまり触れず、企業誘致など1期目の実績を強調した。

自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
スギ・ヒノキ花粉の飛散量 昨春の3割(産経新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)