木嶋佳苗容疑者は3日午前、勾留(こうりゅう)尋問を受けるために埼玉県警川越署からさいたま地裁に護送された。

 午前9時20分ごろ、木嶋容疑者は警察官に連れられて川越署奥の駐車場に現れると、すぐさま護送車に乗り込んでいった。白とピンクのカーディガンをかぶり、表情をうかがうことはできなかった。

【関連:結婚詐欺・連続不審死】
結婚を“エサ”に男性籠絡
パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か
埼玉の連続不審死 状況証拠積み重ねて立件
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント
結婚詐欺の木嶋容疑者を殺人容疑で再逮捕 
木嶋被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円

「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)
<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍(毎日新聞)
パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
日本語研修の実態調査へ=インドネシア介護士受け入れで-厚労省(時事通信)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」-奈良地裁(時事通信)