JR東海の19~36歳の男性社員7人が、今年2月までの1年半、近鉄で不正乗車を繰り返していたことが17日、わかった。

 JR東海によると、7人は近鉄線を利用した後、近鉄とJRが同じ駅舎を使っている桑名駅(三重県桑名市)で、JR事務室の窓口処理機を不正使用し、IC(集積回路)カード乗車券の記録を消去していたという。

 確認できた不正乗車は、計258回、計10万3300円分に上った。7人は桑名駅や松阪駅(三重県松阪市)で駅員や車掌として勤務しているという。JR東海は7人を処分したうえ、近鉄に賠償し、謝罪した。不正乗車は今年2月、JR東海の内部調査で発覚したが、同社は公表していなかった。

外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理-男女参画会議(時事通信)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)