千葉県内の障害者支援施設で、重度の知的障害がある20代の女性入所者に乱暴したとして、準強姦罪に問われた施設の元生活支援員、榊田悠人被告(23)の判決公判が21日、千葉地裁であった。

 安東章裁判長は「立場を悪用し、被害者が抵抗できず被害を誰にも伝えられないことに乗じた、非常に悪質で卑劣極まりない犯行」として、懲役4年6月(求刑懲役7年)を言い渡した。

 安東裁判長は判決理由で、「社会に与えた衝撃や不安感も軽くみることができない」とする一方、「計画性や常習性はない」とした。

 この日、弁論が再開され、弁護側は被害者側との示談成立を報告。検察側は懲役8年とした求刑を1年下げた。

【関連記事】
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…
障害者女性に乱暴容疑で生活支援員の男を逮捕 千葉県警
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討
更生保護施設の現状 再犯防止に欠かせぬ経済的安定
中国が優等生路線に?

神戸市職員のPC転売詐欺、損害は7千万円以上(産経新聞)
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁(産経新聞)
石綿肺など救済決定=政府(時事通信)
子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
全国初、女性の県議会議長が福岡で誕生(読売新聞)