内閣府は5日、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)に関する意識調査の結果を発表した。1年前と比べた生活全般の満足度を尋ねたところ、「低下した」は36.4%と、「向上した」の15.5%の2倍以上に達した。
 調査は、内閣府から委託を受けたインターネット調査会社が登録している成人のモニターを対象に昨年12月18日から22日にかけ実施。2500人から回答を集めた。 

【関連ニュース】
耐震補強予定ない、65.5%=理由「お金かかる」が半数
9%が「芸術に寄付」=誇れる文化は伝統芸能が最多
「肉食系」女子、高い禁煙志向=草食系は健康心配・ネット調査
高齢者の4人に1人「生活苦しい」=内閣府調査
韓国に親しみ63.1%=米国とともに過去最高

<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
<首都圏連続不審死>「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
神奈川県警の不正経理、国費含めて14億円(読売新聞)
国内最高齢のゾウ「はな子」が63歳 井の頭自然文化園でお祝い会(産経新聞)
<お灯まつり>山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で(毎日新聞)