元マラソンランナーで、タレントの松野明美さん(41)(熊本市植木町)が24日、4月25日投開票の熊本市議増員選挙(定数2)に立候補する意向を表明した。

 松野さんは植木町出身。1988年のソウル五輪1万メートルに出場した。引退後にタレントに転身、次男健太郎君(6)がダウン症の障害を持って生まれ、講演会などで障害者福祉向上を訴えてきた。読売新聞の取材に対し、「次男との暮らしや、家族に同じ障害を持つ人たちの話を聞くなかで、議員として活動した方が、障害者が暮らしやすい社会をつくることができると考えた」と話した。

 増員選挙は23日に植木町と熊本市が合併したことに伴い、旧町域を選挙区にして行われる。

民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査-経産省
<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
梅雨時の気温低い地域も…3か月予報(読売新聞)
兵庫・三田の女児虐待 継母を傷害致死罪で起訴(産経新聞)