兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者が肋骨(ろっこつ)を折られたとされる事件で、佐用署などは4日、女性患者(当時85歳)を骨折させたとして傷害罪で起訴された元看護師羽室(はむろ)沙百理(さおり)被告(26)(懲戒解雇)を、別の女性入院患者(当時88歳)の肋骨を折ったとする傷害容疑で再逮捕したと発表した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、羽室容疑者は、2009年1月17日から同月19日までの間、肺炎などで入院中の女性患者(当時88歳)の胸を手で押しつけ、肋骨11本を折り、6週間のけがを負わせた疑い。

 羽室被告は患者6人への暴行を認めており、同署は残る4人についても捜査する。

職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)
舞鶴発電所死傷事故で2人起訴=1人は不起訴-京都地検(時事通信)
地元の了解「政府に任せて」=岡田外相、米国防長官に約束(時事通信)
力士暴行死 時津風前親方に懲役5年 名古屋高裁は減刑(毎日新聞)
宅八郎氏を起訴猶予=男性への脅迫事件-神戸区検(時事通信)