川崎署は19日、偽ブランド品を販売したなどして商標法違反の疑いで、横浜市青葉区しらとり台の無職、小笠原有子容疑者(46)を逮捕した。

 同署の調べによると、小笠原容疑者はグッチのネックレスの偽造品1本をインターネットオークションで1万9000円で販売したほか、偽ブランド品93点を販売目的で所持した疑いが持たれている。

 同署によると、容疑を認めており、「偽ブランド品を売って、裕福な生活をしたかった」と話しているという。

【関連記事】
偽ブランドなど2万点を処分 東京税関、輸入差し止め品
ネット競売で偽ブランド販売、容疑の中国人を逮捕
大阪鶴橋に偽ブランド店街、「ツルメス」販売容疑で逮捕
「なんちゃってコーナー」と称し偽ルイ・ヴィトン
ヴィトンなど偽ブランド、販売目的3万点所持に実刑判決

アライグマ爪跡、二条城・平等院…世界遺産台無し(読売新聞)
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
官房長官、なお徳之島3町長との会談模索 会談要請は「独断で」(産経新聞)
<科学ジャーナリスト賞>青野由利・毎日新聞論説委員が受賞(毎日新聞)
医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)