新党大地の鈴木宗男代表は15日夜、民主党衆院議員の石川知裕容疑者の逮捕について、「これは(検察による)鳩山政権つぶしだ」と批判した。産経新聞の取材に答えた。

 鈴木氏は「政治資金規正法(の違反)は形式犯だ。石川氏は逃亡の恐れもなく、家宅捜索を受けて証拠隠滅の恐れもない。なぜ身柄をとるのか」と指摘。「検察の焦りを感じる。鳩山内閣が官僚組織に切り込み、官僚組織たる検察が自らの組織が危ういと感じ逮捕を行った。権力の横暴と言わざるをえない。2・26事件の青年将校たちの横暴のようなものを感じる」と、検察当局の姿勢を厳しく批判した。

【関連記事】
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
鳩山政権、発足以来の危機 小沢氏の進退、首相の責任も
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者
石川議員逮捕、なぜこのタイミング? 最大の証拠隠滅「自殺」の恐れ…
特捜部執念の捜査 「国民を欺いている点で悪質」 

都議補選、自民死守・保守の島に民主応援続々(読売新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速-日航再生計画(時事通信)
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針(医療介護CBニュース)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)