18日に投開票の広島県東広島市議補選(欠員1)で、投票率は8・82%と極めて低かったことがわかった。

 総務省は、統一地方選以外の市町村議選の記録は残していないものの、1けた台の投票率について「聞いたことがない」としている。

 市議補選は現職の死去に伴い、市長選と同時に11日に告示され、無所属新人の2人が争った。当日有権者13万8341人のうち、投票したのは1万2204人だった。市長選が11日に現職の無投票当選で終わり、市選管は、補選に有権者の関心が集まらなかったことが要因とみている。

 これまでの同市での選挙では、過去最低の投票率は1993年の参院広島選挙区補選の23・5%だった。

増税路線へ転換模索=削減限界、与野党協議に活路-鳩山政権(時事通信)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」-名古屋高裁(時事通信)