「ごめんね、少なくて」

 鳩山由紀夫首相は19日、バンクーバー・パラリンピックで日本勢初の金メダルを獲得した新田佳浩選手(日立システム)に電話した際、国の支援態勢の不備を率直にわびた。首相は「オリンピック、パラリンピックを通じ、首相としてもっとできることがあると感じた」と語り、出場選手から要望を聴く意向も示した。

 新田選手は日本時間の同日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で優勝。首相から祝福の電話を受け「海外選手は高い報酬をもらい、ワールドカップやパラリンピックに懸けている。目の色が違う」と国の支援拡充を訴えた。【山田夢留】

【関連ニュース】
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相
高校無償化:朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請
普天間移設:鳩山首相「県内」強く示唆

ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】
共産の新ポスター「政治を前へ」(時事通信)
<火災>2棟焼き独居の86歳死亡 大阪(毎日新聞)