内閣府が11日発表した2009年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比0.9%増、年率換算では3.8%増となった。速報値(前期比1.1%増、年率4.6%増)から下方修正された。
 物価の影響を反映した名目は前期比0.1%増(速報値0.2%増)、年率換算0.5%増(0.9%増)だった。
 実質GDPを需要項目別に見ると、個人消費は前期比0.7%増(0.7%増)、住宅投資は3.3%減(3.4%減)、設備投資は0.9%増(1.0%増)、輸出は5.0%増(5.0%増)、輸入は1.3%増(1.3%増)だった。 

【関連ニュース】
GDP、実質年1.17%増=1~3月期
実質年4.0%増に下方修正=10~12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10~12月期
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に

アクセサリーか雑貨・小物 ホワイトデー「お菓子欲しくない」(産経新聞)
伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足(医療介護CBニュース)