民主党は6日、国の特別会計に関する「検証チーム」の初会合を開いた。衆参両院の財務、決算関係の委員会に所属する約100人が17の特別会計ごとにグループを結成。5月初旬をめどに必要性の薄い特別会計の統廃合などを政府に提言する。11年度予算編成の財源確保につなげるとともに、参院選に向けたマニフェスト(政権公約)の見直し作業に反映させたい考え。政府の行政刷新会議が事業仕分け第2弾で独立行政法人と公益法人の改革を優先させることから、特別会計の改革論議は党側が進める形で役割分担を図る。

【関連ニュース】
鳩山首相:マニフェスト修正に前向き
与謝野・平沼新党:民主、「第三極」を警戒
連合:参院選に向け「小沢批判」地方で拡大 火消し急ぐ
後半国会:参院選にらみ攻防 公約実現VS政治とカネ
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」

<宇土市長選>元市職員の元松氏、現職ら破り初当選 熊本(毎日新聞)
NOVA元社長を不起訴処分(産経新聞)
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否(産経新聞)
直接支払制度の抜本的改革求める-日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強-厚労省調査(時事通信)