バースデイ

エロゲの感想などを綴っています。18歳未満閲覧禁止。得点は「好きの度合い」で付けています。

000
得  点:72
シナリオ:☆☆
キャラ性:☆☆
テキスト:☆☆☆
グラフィック :☆☆☆☆
システム:☆☆☆☆
音  楽:☆☆☆☆
プレイ時間:15h未満程

ピュア(変態)。可憐な見た目からは想像も出来ない程にド変態なヒロインとえっちなドタバタコメディを繰り広げるコンセプトは非常に良かった。しかしヒロインの貞操観念と同じく話に締まりがなく、恋愛関係も発展しないままダラダラとエッチを繰り返すルートが複数確認できたのはちょっと残念。テキストもバカになりきれておらず面白さも中途半端だったが、エロに笑いを持ち込まなかっただけよかったか。あと、妹はあまりにもウザ過ぎて自分の中で存在を消した。あのウザさはある意味実妹としてリアルっちゃリアルかもしれない。
続きを読む

000
得  点:82
シナリオ:☆☆☆
キャラ性:☆☆☆☆
テキスト:☆☆☆☆
グラフィック :☆☆☆☆☆
システム:☆☆☆
音  楽:☆☆☆
プレイ時間:15h程

幽霊と幽霊が見える一部の人間が通う、特殊な学園を舞台とする。幽霊の女の子達や、人間のクラスメイト達と構築される関係および会話は見ているだけでも新鮮で非常に面白い題材だった。どのルートも早い期間で物語が終わってしまうため、もう少し長いスパンで関係が続いていくシナリオも見たかったが、選択肢次第で簡単に分岐するバッドエンド等によって、幽霊(人外)と人間の恋愛は非常に難しいということが強調されていたことで、題材を殺したふわふわと上辺だけの恋をする作品にならなかったのは大きな評価点。その難しさを省くと結局、プレイヤーという第三者視点から見る時に人間と人間の恋愛と然程変わらないように見えてしまうので、こういった題材の場合はこの”難しさ”を強調することが他作品と比較して重要になる。その点でバッドエンドの存在は大きな意味を持っていた。

【プレイ後の方へ】
まだもし見ていなければ、公式サイトに雪花ちゃんのショートストーリーがあるので是非読んでみてください。

053
得  点:68
シナリオ:☆
キャラ性:☆
テキスト:☆☆☆
グラフィック :☆☆☆☆
システム:☆☆☆
音  楽:☆☆☆
プレイ時間:3h

終始Hシーンが展開されている印象が強く、抜きゲーとして考えないと「最初からお兄ちゃんが大好きな2人の義妹からアタックを受け続けるだけ」の起承転結がほぼないシナリオにどうしても目が向いてしまう。
続きを読む

このページのトップヘ