エターナルバースデイ

エロゲ、ギャルゲを含むノベルゲームやRPG等の感想ブログです。

2022-05-18-1544-12

作品概要

ヴァンパイアの女の子・イルと普通の人間の男性・レイが織り成すボーイミーツガール。



感想概要

貫かれた純然の愛が輝きを放っていた。

気高さと無垢さが同居しているイルちゃんがとっても可愛い。プレイヤーとしても自然とその存在を失いたくないと思わせてくれる。
人間をヴァンパイア側に取り込むのではなく、ヴァンパイアが人間に取り込まれる。
その道程は派手な筋書きではないが、その特別な存在を守りたい庇護欲が身体を支配し、心が熱くなった。







2022-05-14-0006-16

作品概要

かつての想いを解き放とうと、死者が吼える。星集め第三弾。



感想概要

話の主軸が”彼”に強く関連することもあって、非常に楽しめた。
第伍話がベースとなっているから面白いのは勿論、そこで生じたキャラクター達の思いを大切に表現してくれるからこそ熱くなれる。

亡くなった星を降臨させて奮う行為は、自己陶酔ではないか。慰霊碑で黙祷するシーンで得られた疑念が一瞬過った。
人々は葛藤を続けながら、死者を偲ぶ伝統を連綿と繋いできた。墓前での心境は人それぞれだが、心の中に死者の像を結ぶことで道を見出だせる者も中には居るだろう。
大切だった死者の魂が力に変換される。秘めた、眠った想いが蘇る。改めて、その奇蹟に震える思いがする。
綯い交ぜとなったあらゆる感情が激しくぶつかり合って散らした火花の輝きは、何よりも美しかった。







続きを読む

2022-05-13-1346-23

作品概要

星集め第二弾。主役は、作中で長らく存在感を放ってきた「カンちゃん」。



感想

焦点がカンちゃんに絞られている。彼に肩入れすれば胸のすく思いがするのだろうが、節子の物語として考えると微妙な印象を受けた。
これまでの真っ直ぐな軌跡を考えるとブレてしまったように感じる。
結末も星霊がどうなったのか不明で煮え切らない。この点は拾弐話でハッキリするのだろうけれど、それだけに拾壱話単体で評価するのは難しい。

この戦いで節子は何を思ったのか。次回の話ではそこに注目して物語を追っていきたい。




2022-05-12-2127-51

作品概要

星集め第一弾。新キャラクター・鮫島マリアを中心とする物語。



感想

来るべき戦いへの準備段階に在るシナリオということもあってか、8,9話程のインパクトは無かった。
肝心なところをギャグ調にしてしまったことでポイントを落としたが、大筋は家族の話を基調としており素晴らしいものがある。

無闇に抗う戦闘スタイルから、指定された条件に沿って綺麗に勝つことが求められるようになってきた。
ゲーム的には前者の方が面白いが、後者はシナリオがきっちりと反映されているので気に入っている。
ラスボス戦では今までに登場した様々な細かい戦略を総動員することになるだろう。そんな面も含めて準備期間なのかなと思う。




2022-05-11-0217-26

作品概要

目指すべき道を定める物語。



感想概要

多大な衝撃をくれた第捌話が物語の山場とすると、この話は休憩にあたるのかなと思っていたが、全くそんなことは無かった

特に成長した節子のハートの強さには圧倒される。元来より芯の強さを伺わせてはいたが、難局を切り拓ける真の強さを手に入れた。
ひとえに深い絶望を、大きな逆境を何度も乗り越えてきた経験を確かな糧としてくれたから、今の節子が在る。疑いなく、主人公として相応しい人物である。

新たな問題が次々と噴出しているが、彼奴を討ち滅ぼす目標は絶対性を増し悲願となっている。
さらなる高みを目指し、突き進む。その軌跡が描かれ始めたのを感じた。







続きを読む

このページのトップヘ