078
得  点:78
シナリオ:☆☆☆☆
キャラ性:☆☆
テキスト:☆☆☆☆
グラフィック :☆☆☆☆
システム:☆☆☆
音  楽:☆☆☆☆
プレイ時間:6~8h程度

バタフライシーカーのファンディスク。
発表から発売まで一瞬だったので正直かなり不安だったが、ライターの力はいかんなく発揮されていてストーリーの読後感は前作を上回るものだった。反面、演出面ではわずかに不満が残る。CGの出来は前作と比べ不安定さが目立っていたし、序盤のわずかなテキストを読むとタイトル画面の一枚絵が表示されて曲が突然流れ出しそのまま最後まで演奏されるというオープニングは不自然過ぎて面白かった。タイトル画面からそのまま曲を流すだけで良かったのではないでしょうか……。

040
新キャラの凛子ちゃんがとても可愛かった。ファンディスクで新登場するキャラクターはなかなか本編のキャラと混ざれないイメージであるが、舞台設定として本編から1年進んでいるため、新入生として受け容れやすかった所が大きい。

事件パートは本編のどれよりも面白かった。具体的に言うとこの作品の少ないボリュームで面白い部分が損なわれてしまうので端的に表現すると「プレイヤーを疑心暗鬼にさせる」工夫はそこそこ凝っていて楽しめた。

ファンディスクと聞いて最初は「優衣ちゃんとのイチャイチャ成分を補給できる!」と飛び跳ねて喜んだものですが、(一枚絵をバックに)カッコいいメロディが奏でられた瞬間、ああそれはないなと察してしまいました。ただ、本編の雰囲気を全く壊すこと無くファンディスク、というか続編を制作してくれたことは素直に嬉しかったです。ゲームに関してはこのブランドはもっと追っていこうと思わせる出来でした。少なくともシナリオの品質に関しては安心出来ます。