086

重すぎず&軽すぎずな恋愛模様が特徴的な作品。学生とは思えない程様々な場面で活躍する主人公の特殊な境遇がスパイスとなっており、それは恋愛的な意味だけでなく、様々な場所で複数人と行われる掛け合いの楽しさにも活かされていた。

以下ヒロイン毎の感想

▼共通
髪型を変えるだけで変装が成り立つという設定に若干の強引さを感じつつも、主人公・幸の周りに女の子が集まり、くっつき、離れず特大ハーレムが徐々に形成されていく段階は見てて面白かった。守銭奴な性格が災いして幾重にも交わされた約束が守りきれず綻びが生まれていく瞬間が多く、ドキドキした。

▼咲希
ビッチ風処女。
315
ルートが非常に短く彼女の魅力を探すのは余程見た目か言動の印象に良い感触を持った人間でないと難しい。「見栄っ張り」という絵未との共通項と「ビッチに見える」という属性の噛み合わせが良く、テーマとも一致していたので掘り下げれば化けたかもしれないヒロインだと思った。

▼桃子
304
絵未・八純・咲希との仲良し4人組の中で最も大人びている印象を受けるヒロイン。リアリストであるようで実はしっかり女の子らしさを感じる理想を持っていたりと意外なところでギャップを感じることが出来て可愛い。数少ない照れ顔は貴重な瞬間である。ゲームをプレイするなら、是非見逃さずにいたいところ。

▼月
091
攻略対象ではない実妹。

肉体関係を結ぶことがないため、男女の愛という観点を度外視した「兄妹愛」を感じるヒロインである。それだけではなく、兄・幸が学生の身でありながらあちこちで働くための原動力になっていたり、八純が幸のことを好きになった理由に大きく絡んでいたりする物語的なファクターとしても重要なキャラクターの一人である。

幸の目線に立つ(溺愛する)ことをしなくても、彼女の冷静さや年相応な態度、兄には心配させまいと背伸びする姿がちらほらと見られる非常に愛くるしい存在であった。ルートがなくても彼女なくして物語は成り立たないだろうと思わせる程大切な存在だと思う。

▽ちなつ
142
双子の妹・こなつと一緒の「ちなこなルート」で彼女との恋愛を楽しむことができる。

いい意味でも悪い意味でも感情的になりやすい彼女だが、それを必死に隠そうとして(隠しているつもりになって)いるところが本当に可愛い。卑語と変顔を連発する妹にインパクトは負けているが、「頭が性感帯」という意味不明なあだ名が付くぐらい撫でられることが大好きな所はキャラクターの濃さに直結している。

テンポのいいテキストと相まって、ツンツンしていたと思ったら一瞬でデレている等の光景は日常茶飯事。不安定な空模様を想起させる女の子が垣間見やる晴れ間の内に映し出される笑顔は何よりも眩しいことを再確認させられた。付き合ってからのデレッデレに蕩けたあの顔も必見である。

▽こなつ
129
初対面に近い関係のときから積極的に主人公へパンツを見せるのは朝飯前で、彼女が発した中で最も印象に残る言葉が「おち●ちん」と胸を張って言えるように、台詞の7割は卑語なのではないかと思うぐらいぶっ飛んだヒロイン。

常にボケているようでありながら姉よりも頭が良く主導権を握っているところが面白い。同月に発売されたアレのせいでやや霞んだのは勿体無いが、個別ルートに入っても延々と続く卑語漫才には笑わせてもらった。

こうした双子のコンビネーションをずっと見たいと思わせるからか、双子キャラを一緒に攻略するという不快になりがちな要素へ嫌悪感を抱くことは一片も無かった。こんな晴れやかな気持ちで双子エッチの3Pを見ることが出来たのは生まれて初めての経験だった。

▽椿
188
プライベートは自堕落なタイプの女教師ヒロイン。

まず、主人公との関係が非常に好き。サービス提供者と客、塾講師と塾通い、主人公のバイト先のマスターが椿の従姉、この3つの関係はこじらせる要素を多分に含んでいて、「学校の担任と教え子」のような単純ながら乗り越えるべき壁が多いものとはまた違った綱渡りのようなドキドキを味わえる恋愛だった。

昔はクソが付くほど真面目だったという椿のかつての姿は……死ぬほど堅い表情なのに可愛い。ギャップという概念を壊す概念はこれ程までに人をときめかせるのかと驚いた。

子供の頃に遊びを知らなかったからこそ、社会人となった今のプライベートは遊び尽くしてやろうという生活スタイルは共感を呼び込みやすく、子供の頃に我慢していた欲求を満たすために生きているような印象を受ける。それは「人のため」なんてことは考えておらず、自分のことでいっぱいいっぱいな事を伺わせる。

特にそれは共通ルートで如実にあらわれており
095
台詞は大人なのに表情が子供っぽいこのシーンは、まさに彼女の内面を一枚で表現したものといえる。そんな彼女が、主人公との恋愛を通して「大人の自覚」を芽生えさせ、両親と離別した幸・月兄妹を支えていくことを宣言するようになる個別ルートは彼女の成長を感じさせた。

成長は学生だけの特権ではなく、成長しようという意志を持って行動を続けていれば大人でも叶えることが出来る。そう信じさせてくれるシナリオだった。
219
220
最早、大人を通り越して聖母である。神々しい……。

▽絵未
166
本編開始の時点から関係がスタートしたヒロイン。八純と並んで中心的位置に立つ。

彼女との関係を追っていくと、「見栄を張り続けるためにお金を払って彼氏のフリをしてもらう」といった打算的な関係からスタートし、やがて恋慕の情が強まっていく王道展開を辿ることになる。

虚像が段々実在性を帯びていくような、恋愛が持つ側面の一つである熱が内側が徐々に身体の中から広がっていくような気持ちを味わえる体験を味わうのは何度経験してもいいものであるし、体感すればする程新たな魅力に気づくものである。

見栄っ張りな彼女だからこそ、嘘を本当にするというプロセスが並大抵に叶うものではなくなっているような感覚に陥ってもどかしい。彼女が起こしたその行動は「身から出た錆」となるのか、「嘘から出た実」となるのか。相手の選択一つで行き先が天国か地獄か定まってしまうその緊張はこちらにも伝わってきた。

八純に競り勝って幸を手に入れた彼女の表情はまさに幸せそのものだが、それよりも印象に残ってしまうのは八純に競り負けた時の行動である。

見栄っ張りなのに、いや、だからこそなのか、砕け散った後にも幸へアプローチを掛け続け、決して負けを認めようとせず諦めない姿勢には強さを感じた。そしてそれは幼馴染でありライバルである八純にも全く同じ事が言えるし、性格が全く違うように見えても根源的な部分が似通っているというところに強い因果を感じる。

あの関係が行き着く先として、場合によっては絶縁になってもおかしくない中で関係を維持出来るというのは、作中にも登場するが「付き合う=ゴールではない」ことを意味しているのだろうなと思う。先に手を取られたのは八純でも絵未でも、3人の関係という観点で見るならばプロローグを終えたような段階なのかもしれない。

▽八純
309
物語的観点を殴り捨てていいのなら私はこの女しか推したくない。見た目のみならず、性格も言動も声もエピソードも、全てが愛おしいヒロインだった。

アクティブで八方美人のお嬢様という印象が強く、どこにでも首を突っ込めるような人当たりの良さを持ちながら一途な想いを抱え思い出を大切にする慎重な側面を持つ。

はい素晴らしい。

誰にでも笑顔を振り撒くような印象があるのに恋愛に関しては奥手で、その向かう先は自分だったならどれだけ幸せだろう。もしそうだったなら、どれだけ世界が素晴らしいものに変化するのだろう。

その幸福を確かな形で届けてくれるのが八純なのだ。

先程「エピソード」と短く表現したが、その内容は「過去に妹を守る主人公の姿を目撃してからその姿に一目惚れし、人知れずその背中をずっと追いかけてきた」というものであり、応援できない理由がない(二重否定)。

159
そしてその時の一枚絵が死ぬほど可愛い。

もちろん、先述のエピソードだけで有利な立場にいるわけではない。誰よりも早く、そして長い間唯一その正体を見破ってきたことからもその恋は一過性ではなく不器用に本気で燃やしているのだということが誰よりも明け透け無く伝わってくる。過去だけじゃない。今一番主人公を愛している女だとはっきりわかる。

しかもそれが彼女の、のらりくらりと躱すような性格が上手いことカモフラージュされているので、誰も主人公の事をここまで愛しているということに気づけない。これはこと恋愛面においては悪い方向に作用されてしまっているが、「明るい性格なのにどこか奥ゆかしい」という破滅的に身悶えするような彼女の個性、可愛さに繋がっていた。

泳げそうなのに泳げない、少しむちむちしていながら均衡の取れた美しいプロポーション等魅力溢れる彼女の中でも特に強く推したいポイントは(好きな食べ物がチーズに偏っているが)「いっぱい食べる」というエネルギッシュなところである。

将来的にデブ化しそうなリスクを孕んではいるが、やはりいっぱい食べることが出来るというのは活力を感じさせて、眺めているだけでも元気がもらえるし、見た目だけではない内面での若さを感じるポイントでもある。

そして
330
ここに、新たな最強理論が誕生したのだった――。