バースデイ

プレイしたノベルゲーム・美少女ゲームの感想を綴っています。ネタバレはなるべく「続きを読む」以降に記載するようにしています。何かあればコメント又はTwitterまでお願いします。

カテゴリ: ランクB

2021-02-14-1935-27
主人公の雪光君含め男女問わず性転換するラブコメディ。

騒がしく、あらゆる言動・行動が非常識な本作。
他人に対する慮りが足りないところもあり、おや、と思う部分もあるが、非常識だからこそ通常の考え方では思いつかないような鋭い観点なんかも存在して楽しめる作品だった。

メインキャラクターの大半は奇矯な振る舞いを見せるが、一方で自分のことを冷静に見つめている。また、本当に最低限だが相手への敬意は欠かさない。
その事実に気づいてからは全体的にキャラクターを好きになれた。

(元から同性愛者だった場合を除いて)異性の状態でいると、自然と異性を好きになっていく、という設定のおかげで難しいことを考えずに済む。
性別を自由に選択できる世の中……。色々な問題は当然出てくるだろうが、個人的には悪くないなと思う。

ノリの良さが武器な一方で、笑える場面は少ない。微笑ましく登場人物たちを見守るのがベターな楽しみ方なのかなと思う。

雪光は男状態でも女状態でも可愛くて癒やされるが、かなり優柔不断なので作品全体にテンポの悪さを招いていた。個別ルート間で展開が重複するのもマイナス。



全体的にグダついているが、だからこそスパッと言い切れる雪光の親友・銀聖の良さが光る。「男でも女でも、俺は俺だ」と言い切れるところが格好いい。
ついつい男だから~、女だから~と主語がデカくなってしまいがちな人間の性を冷静に捉えていたところが好きだった。



2020-10-23-0406-23
獣姦×ロリという挑戦的な作品。
ヒロインは人間で相手は犬(神)とされているが、その佇まいは狼に見える。



生贄に捧げられたというプロローグから始まる通り、決して愉快な話ではない。

暗い部屋の蝋燭に火を灯すと暖色が浮かび上がるように、厳しい背景にちょっとした温かさが浮かび上がる。
行為に及んでいる際の光景は凄いが、優しさを基調としているおかげですんなりと受け入れられることが出来た。

犬神には台詞が存在しない。
餌を与え分けたり、強引だがあくまで気持ち良くさせたりする行為には獰猛さと介意が両立しており、犬神の性質を語らせずに捉えさせる試みは斬新で面白かった。


ラストシーンを筆頭に疑問点や懸念は残るが、30分程で読み終わる僅かな時間で心に爪痕を遺してくれたことには違いない。




2020-10-10-1515-55
アママネの続編。

お話としては平凡の域を出ないが、とにかく後輩幼馴染のユイちゃんが可愛すぎた。素直で感情豊かに応援してくれるのが嬉しいし励みになる。

甘いながらもキャラクター性は失われておらず、活発で照れながらも主人公を導いてくれる。距離の近さを感じる台詞回しに彩音まこ氏の配役がバッチリ決まっていた。








続きを読む

2020-10-10-1150-51
純情なヒロイン・彩花が自身の夢を叶えるためにパパ活へ手を染める、というお話。

あどけなさの残る容姿と妖艶な肉体が淫欲を呼び起こす。グラフィックやエロシーンの構図、シチュエーションには趣向が凝らされていて、殆どがエロシーンを占める中でも気分よく鑑賞することが出来た。







続きを読む

2020-10-10-0201-02
新たなエネルギー源を独占する企業の暗部に迫る近未来SFアドベンチャー。

「理想郷を謳う海中都市」。その舞台設定に目を引くものがあるが、作中で見える景色が単なる都会にしか見えないのは勿体なかった。現実の景色は理想郷じゃない……!!

近未来でユートピアというならもっともっと前衛的で居てほしい。少なくとも、タワーは私達の感覚に根付いた既知の概念であり時代の先駆けとは呼べない。



エピソードも不足している感は否めない。低価格帯ということを考慮しても、もう1クッション置くだけで印象はだいぶ変わったのではないだろうか。

メインヒロイン・真空との物語としては悪くはなく、サブキャラクターの毬、航太朗には味を感じさせる。主人公の緑道君にも声が付いており、キャラクターが立っていた。また、カタシロの設定には思わず唸った。

単独のお話として物足りなさは残るが、まだまだ新たなエピソードを紡ぐ余地は残されている。依然、真相を隠している部分も多いはず。続編を待ちたい。



このページのトップヘ