長崎県・五島列島で今月から、レンタカーなどとして電気自動車(EV)約100台を走らせる取り組みが始まった。

 地元に残るキリスト教会群の世界遺産登録を目指すなか、環境に配慮した観光業をアピールするため。これほど多くのEVを特定の地域に導入する試みは全国的にも珍しい。観光情報などを受信できる「高度交通システム」(ITS)も備え、関係者らは「環境保全の島をPRしつつ、観光の活性化にもつながれば」と効果に期待している。

 実施主体は五島市と新上五島町、地元の観光業者らで作る協議会。74台のEVをレンタカーに導入したほか、公用車や介護タクシーとしても利用している。1回の充電で最長約140キロ走行でき、専用の急速充電施設では、バッテリーの80%が約30分で充電できるという。

 ITSは県や自動車メーカーなど産官学のチームが開発し、周辺の飲食店や観光地の情報を端末画面で提供している。今年度中には更に幅広い情報を集積した情報センターを設置し、ITSを通じて24時間態勢で最新の情報を取り寄せられるようになる。

 県によると、レンタカーは11日までに五島市で24回、新上五島町で59回利用された。営業の仕事で使ったという五島市の会社員吉田龍之助さん(54)は「エンジン音が静かで、乗り心地もよかった」と満足そう。7台を導入した同市のレンタカー業江浜丈徳さん(55)も「運転しやすく加速もよいなど利用者の反応は上々」と話す。

 ただ、EVは上り坂が多かったり、エアコンを作動させたりすると走行距離が短くなる。協議会によると、急速充電施設は両市町に1か所ずつだけで、バッテリーが切れて走れなくなるケースも。家庭用電源だと充電に14時間かかる。6月末までに同施設を6か所増やす予定だが、「1回の充電でもっと長く走れるようにして」との声も上がっている。

 旧五輪教会(五島市)や青砂ヶ浦天主堂(新上五島町)を含む「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、世界遺産の国内候補として暫定リスト入りしている。同協議会は「二酸化炭素を排出しないEVの力でエコと教会の島をPRしていきたい」としている。(池田亮)

首相動静(4月20日)(時事通信)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
防衛相「県外移設へ努力」=反対集会代表ら要請-普天間(時事通信)
沖縄通過の中国艦艇 沖ノ鳥島を1周 日本へ示威 反応探る(産経新聞)
主任介護支援専門員のフォローアップ研修会、6月に第1回開催(医療介護CBニュース)