裁判員制度のスタートから1年を迎えた21日、千葉景子法相は閣議後の記者会見で、「制度は順調に実施されており、理念が定着しつつある。裁判員を務めた多くの国民が積極的、真摯(しんし)に取り組んだ」などと評価した。

 その上で、これからの見通しを「複雑、困難な事件の審理が始まる」と指摘。「実際に裁判員を務められた方の経験を共有していくことが大事。参加しやすい環境整備についても対応したい」と述べた。

 今後の課題については、「女性が被害者となった性犯罪を裁判員裁判の対象から除外するべきだという意見や、裁判員の生活面での負担が解消されていないという指摘がある」などとし、「検証して、対処していく」と語った。

【関連記事】
裁判員制度施行1年 「職務意識の高さに感動」 大阪で裁判官が意見交換
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中
娘の点滴に水道水混入 母親に懲役10年判決
裁判員最終評議~判決 重い経験、共有が大切
西淀川虐待死 母親の裁判員初公判、7月12日
中国が優等生路線に?

「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団(医療介護CBニュース)
国民投票法が施行(産経新聞)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
<国際現代音楽協会>作曲家・湯浅譲二さんが名誉会員に(毎日新聞)