東京消防庁が昨年12月下旬、東京都目黒区の男性(73)を救急搬送した際、救急隊員が搬送先の医療機関と連絡を取らずに搬送し、受け入れを断れていたことが28日、都などへの取材で分かった。男性は同病院を含む計5病院で受け入れを断られ、死亡した。第3者の医師らで作る「都メディカルコントロール協議会」がミスと死亡との因果関係を調べている。

 都救急災害医療課によると、昨年12月24日午後3時25分ごろ、男性の搬送を求める119番通報があり、救急隊が出動。救急隊員は搬送先に決めた東邦大大橋病院(目黒区)の連絡先を間違え、目黒病院(同)に受け入れを要請した。

 救急隊員はミスに気付かないまま大橋病院に搬送したが、大橋病院は他の救急患者の治療があったため、受け入れを断ったという。

 その後、目黒病院に向かったが、病状から医師の判断で転院を勧められるなど、計5病院で搬送を断られた。男性は119番通報してから約1時間45分後に6か所目の病院(同)に搬送されたが、大動脈解離で死亡した。

 東京消防庁は「救急搬送時に救急隊員がPHSの操作を誤り、病院連絡にミスがあったことは事実。遺族に説明し、謝罪した」としている。

【関連記事】
患者搬送後、気が緩み…救急隊員を置き去り 島根の消防署
救急車が衝突、4人重軽傷 心肺停止状態の患者死亡
また奈良・生駒…救急搬送9病院が断る 1時間20分後に大阪へ
救急車エンスト、新型インフル患者搬送20分遅れる 兵庫
救急車から煙、12分遅れの代替車で搬送

信頼度高いのはNHKと新聞=メディアに関する世論調査(時事通信)
踏切で1人倒れ、助けようと…高齢夫婦死亡(読売新聞)
<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
【新・関西笑談】火を噴くアーティスト(1)現代美術作家・ヤノベケンジさん(産経新聞)
1日平均患者数「入院」は減、「外来」は増-病院報告・09年9月概数 (医療介護CBニュース)