兵庫県淡路市の建設会社が、解体工事のがれきなどを大量に不法投棄したとされる事件で、県警生活環境課などは8日、廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで同市高山甲の「池上建設」社長、池上明憲(61)や同社員、谷口善朗(41)ら3容疑者を逮捕した。谷口容疑者らは「社長の指示でやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年4月29日~5月2日、同社近くの土地に、民家解体工事で出た木くずやがれきなど約57トンを不法に投棄したとしている。県警は昨年11月に同社を捜索。当初、不法投棄された廃棄物は約28トンとみられたが、押収した関係書類の解析や現場検証の結果、総量は約57トンに上ることが判明した。

【関連記事】
路上に大量アスベスト 千葉で不法投棄か
産廃不法投棄28トン 淡路島の建設会社を捜索
中環審が報告書案 人工衛星で産廃不法投棄監視
古民家の“リサイクル名人” 廃資材不法投棄で逮捕
徳島県警高速隊員、ゴミ50キロ不法投棄

女性配達員殺される=首に絞められた跡-山梨(時事通信)
同乗者を任意聴取=名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
埼玉県警巡査長を逮捕=女子中生にわいせつ行為-神奈川県警(時事通信)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
<天気>関東甲信に大雪注意報 都心でも降り始める(毎日新聞)