国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は16日の民主党大会であいさつし、「国民新党、ちっちゃな政党だが、全力をあげて努力することを誓う」と述べた。あいさつの詳細は以下の通り。

【祝辞】

 「ご紹介を賜りました国民新党代表の亀井静香でございます。きょうは民主党の定期大会、こうして盛大に催されましたことを、まずもって、心からお祝い申し上げたいと思います。民主党が日本の新しい時代を切り開くために、先頭に立って頑張っておられることに対し心から敬意を表したいと思います」

 「現在の鳩山政権は、今までの弱肉強食、市場原理、市場主義、きっぱりと決別をして、国家民族の文化、伝統を大事にしながら、みんなで力を合わせて、みんなで幸せになって、そうした政治を目指し、鳩山(由紀夫)総理のもとで、一生懸命に頑張っておるわけでございます」

 「民主党におかれましても、困難を乗り越え、そして、鳩山政権を力強く、今後ともお支えをいただけますこと、心からお祈り申し上げ、国民新党、ちっちゃな政党ではございますが、全力をあげて努力をいたしますことをお誓いを申し上げまして、きょうのお祝いの言葉に代えさせていただきます。おめでとうございました」

【関連記事】
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」

<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
自公、参政権では別対応(産経新聞)
鳩山首相「推移見守りたい」(産経新聞)
実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)
内閣法制局長官、通常国会に出席させず…政府(読売新聞)