鳩山由紀夫首相は15日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関し、「私自身の(偽装献金)問題もあったが、既に衆院選の前から出ていた話で、こういう問題があるにもかかわらず民主党を国民の皆さんの多くが選んでいただいた。その責任も果たさねばならない」と述べた。公邸前で記者団に語った。

 民主党政権でも「政治とカネ」の問題が続くことについて、首相は「やはり国民も『またか』と感じていると思う」とした上で、「古い政治を破って新しい政治をつくれ、景気を良くしてくれ、という声にも応えねばならない。あわせて政治とカネの問題でクリーンな体質を作る努力も当然必要だ」と語った。【鈴木一也】

【関連ニュース】
鳩山首相:アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談
鳩山首相:台湾総統から親書 経済交流拡大を
阪神大震災:犠牲者追悼式に鳩山首相が出席へ
陸山会土地購入:鳩山首相、小沢幹事長の続投認める
鳩山首相:日米同盟さらに深化が肝要 自衛隊幹部に訓示

風力発電に“逆風” 買い取り価格減少、周辺の健康被害も(産経新聞)
新規インフルエンザ治療薬が世界初の承認を取得―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<雑記帳>「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
障害者 政府「推進会議」初会合(毎日新聞)
「つくる会」藤岡会長の上告棄却(産経新聞)