静岡県沼津市で2004年に女性にわいせつ行為をした上、殺害したとして、殺人罪などに問われた建設作業員松井健一被告(43)の裁判員裁判が1日、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)で始まり、松井被告は起訴内容を認めた。
 冒頭陳述で、検察側は「動機は自己中心的。自己の性欲を満たすために強制わいせつをし、犯行を隠し、罪を免れるために殺害した」と指摘。弁護側は「無計画、突発的な犯行で、被告の生い立ちが影響している」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
妻殺害の男に懲役11年=裁判員「若い人も積極参加を」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判

双方の見張り不十分が原因=境港沖の衝突沈没事故-運輸安全委(時事通信)
大阪でもホッピー人気に(産経新聞)
武山百合子元衆院議員、公選法違反で有罪判決(読売新聞)
伊丹空港廃止、国交省が検討…橋下知事明かす(読売新聞)
普天間移設先に徳之島浮上、首相「白紙」強調(読売新聞)