神奈川歯科大(神奈川県横須賀市)のアメリカンフットボール部が15日に開いた新入生歓迎コンパで、多量の酒を飲んだ1年生の男子部員(25)が翌日に死亡していたことが分かった。男子部員は糖尿病だったといい、県警横須賀署は遺体を司法解剖して、飲酒と死亡の因果関係を調べている。

 同大などによると、コンパは15日夜に同市内の居酒屋で開かれ、部員や新入生らが参加した。男子部員は友人に付き添われて帰宅し、翌16日朝、病院に運ばれたが死亡したという。【吉住遊】

【関連ニュース】
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:早期の血糖管理、死亡率低下に効果
<関連記事>なくそう・減らそう糖尿病:J-DOIT3、合併症予防の研究 患者主体で治療強化
<関連記事>■意外と知らない「糖尿病」の知識
<関連写真>世界糖尿デー 彦根城などがブルーにライトアップ

<着服>元公認会計士が30億円 容疑の35歳聴取 警視庁(毎日新聞)
H2A 打ち上げ準備の最終段階 21日早朝打ち上げへ(毎日新聞)
大雨 交通乱れる 神戸で土砂崩れ(産経新聞)
世代交代と脱派閥掲げ「新世紀」発足 自民若手(産経新聞)
原田大二郎「吉田松陰の教え説く」…参院選出馬会見(スポーツ報知)