千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部が荻野さんのキャッシュカードでATM(現金自動受払機)から金を引き出したことを認めた男(48)=強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴=の供述に基づき現場近くを捜索したところ、血のついた包丁を発見していたことが捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は荻野さんの殺害に使われた凶器の可能性があるとみて包丁の鑑定を急ぐ。【神足俊輔、中川聡子、斎藤有香】

 捜査関係者によると、血の付いた包丁は現場マンション近くの丘の斜面から発見されたという。事件発生直後、県警は胸を刺されていた荻野さんの遺体を司法解剖し、凶器は幅約4センチの片刃の包丁とみていた。

 事件は昨年10月22日午後8時20分ごろ、荻野さんの知人男性がマンションを訪れ、部屋の火災に気づいて110番。焼け跡から荻野さんの遺体が見つかり、県警は殺人・放火事件として捜査を始めた。

 その後、火災前日の21日午後に不審な男がJR松戸駅周辺のATMを訪れ、荻野さんのカードで現金2万円を引き出す姿が防犯カメラに写っていることが判明。捜査本部は男の映像を公開して情報提供を呼びかけていたところ、昨年11月17日によく似た男が別の強盗事件などで県警に逮捕された。捜査関係者によると、男は調べに「荻野さんのキャッシュカードを使って現金を引き出した」などと供述したという。

 男は荻野さんの現場に近い松戸市内の民家に昨年10月3日に侵入、女性を殴り現金などを奪ったとして強盗傷害容疑で再逮捕されるなど、荻野さんの事件後に計3回逮捕されている。

【関連ニュース】
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕
千葉大生殺害:別の強盗傷害罪などで無職の男を追起訴
千葉大生殺害:「荻野さんの部屋に侵入した」ATM男供述
千葉大生殺害:「ATM」男、現金払いで2カ月サウナ連泊
千葉・松戸の殺人放火:ATMの男を再逮捕 「空き巣、金にならぬ」別の強盗傷害容疑

人間ドック、60歳過ぎたら年1回受診を 健保組合の補助ある場合も(産経新聞)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
都議補選 自・民の一騎打ち(産経新聞)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)