平野博文官房長官は24日夜、沖縄県名護市長選の結果に関し「政府としての判断は判断として考えていかざるを得ない」と述べ、米軍普天間飛行場の移設先はあくまで政府の判断で決める考えを強調した。ただ、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移すとした現行計画の履行が難しくなったとの見方については「市民の声を受けての市長が誕生したことは結果として受け止める」と、市長選で示された民意を尊重した対応を示唆した。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首
普天間移設行き詰まりに危機感=代替措置模索の動きも
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢

映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
歯科改定率、「合格点じゃない」―東京歯科保険医協会(医療介護CBニュース)
<陸山会土地購入>石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁(毎日新聞)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)