大阪府大東市で生後6カ月の男児が虐待され、重傷を負った事件で、傷害容疑で逮捕された父親の木邨諒(きむら・りょう)容疑者(21)が、虐待を疑った妻(21)や府中央子ども家庭センターに対し、「(長男が)ベッドから落ちた」などと言い訳を繰り返し、虐待を隠蔽(いんぺい)していたことが13日、分かった。

 四條畷署やセンターによると、妻は昨年11月ごろから長男の体のあざに気づき、何度も木邨容疑者を問いつめたが、木邨容疑者は「ベッドから落ちた」などと説明した。

 センターも今年1月に長男を保護した際、ほおやあごなどにあざや傷があるのを発見。4回にわたって木邨容疑者から聞き取り調査したが、木邨容疑者は「愛情表現でキスしたときにできた」「食べこぼしでかぶれたのではないか」などと虐待を否定したという。

【関連記事】
6カ月長男虐待 祖母のフォローで事件発覚
0歳長男の頭を蛇口にぶつける 虐待容疑で父親逮捕 
「子供を愛せない」日本の病
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
真冬に姉妹全員オムツ姿 寝屋川女児虐待死で逮捕の両親、育児放棄か
外国人地方参政権問題に一石

<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)
ライター事故 1人死亡…04~08年度、独法に通知(毎日新聞)
民主の渡部氏が「政局を迎えた」 と、鳩山政権の先行きに強い危惧(産経新聞)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)