小泉内閣で首相秘書官を務めた飯島勲氏が、発言していない内容が記事に掲載され名誉を傷付けられたとして、毎日新聞社に1000万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(松並重雄裁判長)は27日、100万円の支払いを命じた。

 問題となったのは08年9月26日付朝刊の記事。小泉純一郎元首相の引退表明を巡り、飯島氏の発言として「次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」などと掲載した。

 判決は飯島氏に電話取材した記者は、おおむね正確なメモを作成したと認めたうえで、記事をまとめた別の記者が「発言内容を不正確に引用した」などと指摘した。【伊藤一郎】

 ▽毎日新聞社社長室広報担当の話 取材が適切だったことは認定されていますが、承服できない点がいくつかあるので、控訴を検討します。

焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)
<替え玉殺人>弁護側改めて無罪主張 大阪地裁で最終弁論(毎日新聞)
検察批判会合への政務官出席 官房長官「政府と一体なら不適当」 (産経新聞)
国産「バイオ後続品」を初めて承認(医療介護CBニュース)
「否認しても有罪」きっぱり言い切る元検事 足利再審(産経新聞)